攻略記事

オンライン対戦ルール&マナーについて

オンライン対戦をするうえで注意すべきこととして、
対戦のルール(非公式)とマナー、合図があります。
お互いが気持ちよくゲームを遊ぶために最低限必要な
ことですので、ここで紹介しておきます。

対戦ルールが必要な理由

まず大前提としてある問題ですが、本作における
キャラ性能差のバランスは決して良いものとは言えず、
ブラストや戦法などに関してもプレイヤーの技術だけ
では対処困難な要素が多いです。
これらは上級者でも防げないため、一定の制限を
設けないと技術介入度の低い大味なゲームになって
しまいます。
そのような前提のもと、最低限は技術と読み合いで
勝負できるようにプレイヤー間で一定のルールが
取り決められた経緯があります(過去のメテオスレ、
現在のメテオコミュニティにて)。

対戦マナー

人同士で遊ぶわけですから、当然マナーはあります。
以下にマナー違反と見なされる例を載せておきます。


  • プレイ中に電源を切る、または回線切断をする
  • 対戦中、過度に相手を挑発する
  • キャラ選択中、弱キャラにカーソルを合わせておいて
    相手がキャラを選択したあと強キャラに選択しなおす
  • ラグの原因を相手に押し付ける(光回線の有線接続
    同士であってもラグくなることはある)
  • 対戦中、相手が急に動かなくなった時にかまわず
    攻撃を続ける(相手が急に動かなくなる原因は、
    リモコンの電池切れや配達などが考えられる。
    この場合、相手が動きだすまで待つのがベター)

対戦ルール

元々は過去のWi-Fi大会用に作られたルールですが、
現在の対戦にも暗黙の了解として引き継がれています。
最低限、これだけは覚えておけば問題ないという範囲で
紹介します。

ブラストについて

原則としてブラストは縛り対象ですが、お互いの合意が
あれば使っても問題ありません。
ただし、ブラスト使用OKのルールであっても
「多重残像拳」だけは使用が禁止されています。
対戦中、ブラスト1の効果が発動する前に攻撃を食らって
阻止された場合、それも1回の使用にカウントされます。

補正切りコンボについて

コンボ中にコンボカウンターが途切れると、それまで
に使った派生技をもう一度使っても強制ダウンしなく
なりますが、こういう場合に同じ派生技をもう一度使う
のはNGです。2回目のラッシュインアタックを使うのも
同様です。もし使ってしまった場合は、攻撃をやめて
すみやかに離れてください。

気弾固めについて

気弾で相手を足止めしつつ接近し、背後を取るといった
行動は、立派な戦法として認められています。
一部例外として、ラッシュ格闘A→ラッシュ派生技→
ラッシュ格闘Bの5段まで出しきった直後に気弾で固めて
もう一度格闘に持ち込むといった行為はNGです。

コンボ中の気弾について

コンボ中、気弾を格闘に混ぜるのはNGです。
例としては、舞空脚→気弾、ヘビーフィニッシュ→
裏にまわって気弾など。
ただし、投げやスマッシュなどで吹っ飛ばしたあとに
気弾で追撃するのはOKです。

吹っ飛ばし後の裏取りと追撃について

スマッシュで吹っ飛ばしたあと、ホーミングダッシュを
DDやZバーストダッシュにキャンセルして裏を取るのは
禁止行為とされています。DDの微スマから格闘に繋げる
のも同じくNGです。投げからの裏取りやDD微スマも
同様です。
例外として、ヴォルテックスを使って裏を取った時は、
投げかフルスマで追撃することが可能です(難易度が
高いため)。また、スマッシュで吹っ飛ばしたあとに
HCJ(ホーミングキャンセルジャスマ)を決めにいくのも
ありで、成功した場合はすでに使ったスマッシュ
(バニシングアタック)をもう一度使ってもOKです。

壁について

吹っ飛ばした相手が壁にぶつかった時は、追撃をせずに
壁から離れてください(壁にぶつかると一定時間、
行動不能になるため)。双方とも壁から離れて、
戦闘再開できることを確認できたら攻撃してOKです。
また、ドゴンかピシュン合戦中に壁まで到達すると
攻撃がスカってしまいますが、この場合も同様です。

ドゴンとピシュン合戦について

ルール上、ドゴンに対してはドゴンで返します。
バニシングアタックに対してピシュンで返すのは
OKです。ピシュン合戦中、どちらか一方の気力が
足りなくなると反撃が出ずに背後にまわるだけで
終わりますが、この場合は攻撃せずに離れてください。

変身と巨大キャラについて

変身に関しては完全禁止というわけではないですが、
ある程度は空気を読んで使う必要があります。
例えば、相手が変身できないキャラであるのに対して
こちらはフリーザ第一形態で変身するたびに体力が回復
できるといった状況だと、一方的なアドバンテージを
取れてしまいます。ブラストが縛り対象である以上、
体力や気力を回復できる変身についても同じ見方が
できるかもしれません。

巨大キャラは使用禁止ではありませんが、読み合いの
幅が大きく狭まるので、あまり好まれません。

ガークラ(ガードクラッシュ)について

ガークラが成功した時は、もちろん追撃OKです。
ただし、コンボ中にガークラが発生した場合は、
その直前のコンボで使っていた派生技を使うことが
ルール上できません。
あくまでコンボとして使っていなければOKなので、
例えばヘビーフィニッシュの最大溜めでガークラを
成功させ、その後のコンボで再度ヘビーフィニッシュを
を使うのはありです。

起き攻めについて

基本的には、ダウンした相手に追撃するのはありです。
唯一、ドラゴンダッシュスマッシュの微溜めで相手を
無理やり起こして格闘に持ち込むのはNGです。
また、吹っ飛ばした相手の体力がほぼゼロに近い場合は
復帰するのに相当な時間が掛かります。そのような状況
で気弾、またはダッシュ格闘で追撃するのはNGです。
相手が起き上がるのを待ってから攻撃しましょう。


◆人によっては嫌われるかもしれない行動

  • ラッシュイン気合砲(気爆波)の多用
  • 背後からのラッシュイン舞空脚の多用
  • 微溜めドラゴンダッシュスマッシュの多用
  • ほとんどのラッシュインアタックをガードで防ぐ

合図

キャラ選択中に合図を使うことで、相手に意図を伝える
ことができます(もちろん相手も合図を知っている
ことが前提ですが…)。
相手から合図が来た時に、自分も同じ合図を真似すれば
それが合図が通じたことのサインになります。
使用する頻度の高い合図を下でいくつか紹介します。


次の1戦でラストにしたい時

通称「サタン合図」。急な用事ができた時や、
ラグが酷くて仕切り直したい時などに使えます。
サタンにカーソルを合わせて3秒ほど止めます。


あと3戦で終わりにしたい時

ラスト3戦で終了したい時に使う合図です。
ブロリーにカーソルを合わせて決定を1回押したあと、
横入力を数秒間ほど長押しします。


ブラスト1を1回だけ使用OKで戦いたい時

ブラスト1を1回だけ使用できるルールで対戦したい時に
使う合図です。
ザーボンにカーソルを合わせて決定を1回押したあと、
横入力を数秒間ほど長押しします。




トップページ



このページのコメント