最終更新日:16/03/08 14:45

範囲攻撃部隊

範囲攻撃部隊は歩兵と攻城タイプに強く、騎兵と防御タイプに弱い部隊です。各ランクの範囲攻撃部隊の強さや使い道などを解説していきます。

投石兵

部隊名ランク維持費パワー運搬
投石兵T1126
タイプ攻撃防御ライフ速度
範囲攻撃★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★★★★
歩兵範囲騎兵攻城防御
-××
石材木材鉱石食料シルバー
50500500

作成時間は15秒×訓練数、ランクT1の範囲攻撃部隊です。歩兵、騎兵より若干コストが高いという特徴がありますが、資源採集を優先させて歩兵を多く用いている王国に対し、効果を存分に発揮できるのが投石兵です。ただし、序盤はそこまで部隊を訓練できるわけでもないので、投石兵が多ければ当然採集関連は少し不利になります。

また、敵軍と戦った場合、ランクの低い部隊から狙われます。序盤以降も投石兵などのT1の部隊が多く混ざった部隊が編成されていると、ランクの高い部隊の生存率が高まります。よって、序盤以降でも壁としての活用ができます。

局地弓兵

部隊名ランク維持費パワー運搬
局地弓兵T2288
タイプ攻撃防御ライフ速度
範囲攻撃★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★★☆
歩兵範囲騎兵攻城防御
-××
石材木材鉱石食料シルバー
10010001005

作成時間は30秒×訓練数、ランクT2の範囲攻撃部隊です。拠点のレベルが8になることで研究できるようになり、学士院で研究が完了すれば使えるようになります。T1の部隊と比較するとT2の部隊は総合的に2.3倍程度の強さを誇ります。コストはそれぞれの資源が倍になり、プラスしてシルバーを5だけ消費するようになります。作成時間も短めで、T2の各部隊は非常に扱いやすくなっています。

資源の運搬用として量産されている刀剣歩兵を投石兵以上に狩る事が可能です。また、T3の範囲攻撃部隊が作れるようになっても主力としてやっていけます。戦争の状況に応じて戦力を増強していきましょう。

護衛部隊

部隊名ランク維持費パワー運搬
護衛部隊T332410
タイプ攻撃防御ライフ速度
範囲攻撃★★★☆★★★☆★★★☆★★☆☆
歩兵範囲騎兵攻城防御
-××
石材木材鉱石食料シルバー
150150015010

作成時間は60秒×訓練数、ランクT3の範囲攻撃部隊です。拠点のレベルが15になることで研究できるようになり、学士院で研究が完了すれば使えるようになります。T1の部隊と比較するとT3の部隊は総合的に3.8倍程度の強さを誇ります。コストはそれぞれの資源が3倍になり、プラスしてシルバーを10だけ消費するようになります。

T3までくるとどの部隊もある程度訓練しておきたいところです。王国をしっかりと守るならやはりバランスの取れた編成が一番無難にやり過ごせます。

歩兵が多めの王国と戦争になる事が多い場合はこちらを多めに揃えておきたいところです。パワーもT1、T2と比べるととても高いので、部隊の量産は国力の増強にも貢献します。

射撃兵

部隊名ランク維持費パワー運搬
射撃兵T443615
タイプ攻撃防御ライフ速度
範囲攻撃★★★★★★★★★★★★★☆☆☆
歩兵範囲騎兵攻城防御
-××
石材木材鉱石食料シルバー
1000100001000500

作成時間は120秒×訓練数、ランクT4の範囲攻撃部隊です。拠点のレベルが21になることで研究できるようになり、学士院で研究が完了すれば使えるようになります。しかし、学士院で研究するには各施設がレベル21になっている必要があり、それを達成させるには大量の資源と時間が必要になります。

T1の部隊と比較するとT4の部隊は総合的に5.4倍程度の強さを誇ります。コストはそれぞれの資源が20倍になり、プラスしてシルバーを500も消費するようになります。

作成時間がT1と比べると8倍になっているため、訓練にもかなりの時間がかかるようになります。T4の部隊はコストが大量に増えるためできるだけ減らしたいものですが、範囲攻撃部隊は研究に行き着くまでの道のりが歩兵、騎兵部隊よりも非常に長いのがネックです。

パワーに関しては他のT4の部隊と同じく36も増強されます。大量の部隊を訓練する事で国力も大幅に上がります。しかし、もし全滅した場合などはその逆になってしまうので、戦争をするときはより慎重になりましょう。

関連リンク

ダウンロード

このページのコメント