攻略記事

トレードチケットの使い方、仕様

2018年12月5日のアップデートで、トークンの所持数がそれぞれ10毎になり、トレードの際にはお互いにトークンを消費する仕様になりました。

トレードチケットを使用することで、同じレアリティのカードを、同じクランのメンバーの方と交換することが可能になりました。

当記事では、トレードチケットに関する細かい仕様をまとめています。

トレードチケットとは?

トレードトークンとも呼ばれ、クランメンバーとカードを交換するために必要なアイテムです。

レアリティ毎に10枚までストック可能で、トレードの申請を出す際に必要となります。交換申請を受ける側もトレードチケットを消費します。

イベント、ショップ、グローバル大会、クラン対戦報酬などで入手できます。

トレードチケット1枚で交換できるカード枚数

  • ウルトラレア:1枚
  • スーパーレア:10枚
  • レア:50枚
  • ノーマル:250枚

クラン移動直後に2時間30分の待機時間あり

トレードチケットは同一クラン内のメンバーとしか使えないため、トレードのためにクランを一時的に移動することも考えられます。

クラン移動直後には2時間30分の寄付もトレードも不可能な待機時間が設定されており、その間はトレード申請を出すことも受けることもできません。

実際のトレードの操作や仕様について

トレード機能は、タワーレベル8からアンロックされます。

クランのチャットを開き、カードをリクエストをタップすると、リクエストかトレードかを選択するタブが上部に表示されます。

リクエストが従来の寄付で、トレードがチケットを消費する交換のメニューとなります。

トレードタブを選択すると、欲しいカードを選択するウィンドウになります。この時、アリーナが十分高ければ、未入手のカードを選択することも可能です。

欲しいカードを選択した後は、相手にあげるカードを選択するウィンドウが出てきます。

このとき、枚数が足りていないカードや、渡すことで手持ちが無くなってしまうカードを渡すことはできません。

例えば、1度もレベルを上げたことがなく、1枚も余分なストックを持っていないURカードなどは、相手に渡すことはできません。

交換するカードを選択すると、クランチャットに表示するメッセージを編集するウィンドウが表示されます。

確定を押した後は、条件に同意する方がいれば自動的に取引が成立してしまうため、相互や指名など交換条件の細かい指定がある場合は、こちらでメッセージを編集すると良いでしょう。

ここで確定を押すと、相手にあげる予定のカードとトレードチケットが減りますが、キャンセルの操作をすると手持ちに返ってきます。

クランチャットでのトレード画面

先ほどの操作でトレードの申請を出すと、クランチャットにトレードウィンドウが表示されます。

ここでキャンセルをタップすると、交換申請をキャンセルできます。ただし、その前に誰かがトレードに同意してしまうと、自動的に取引が成立してしまいます。

トレードを受ける側には確認画面のワンクッションがありますが、トレード申請者の最終確認などはありません。

他のクランメンバーからはこのように見えており、手持ちのカードが交換条件を満たしていれば、トレードをタップすることが可能になります。

また、譲るカードや受け取るカードといった表記は、自分にとってプラスかマイナスかという表記になっています。

画像では、トレードの申請者はスケルトンを譲るカードに指定しているため、スケルトンは-250という表記になっています。

それに対し、他のクランメンバーは、スケルトンがもらえるため、スケルトンは+250という表記になっています。

また、従来の寄付リクエストとは異なり、完了したトレードはクランチャットのログに残ります。

このページのコメント