最終更新日:15/12/09 20:21

【戦国修羅SOUL攻略】ソウルの集め方

本ページは、『戦国修羅SOUL』内アイテム“ソウル”の効率的な集め方について紹介しています。

ソウル入手方法は“領地開拓”、“領地略奪”、“カードの売却”の三通りあります。

領地、略奪の概要はこちら
▶︎領地とは

領地の開拓

領地は大阪、京、尾張、甲斐、信濃、江戸の6都市あり、それぞれ開放費用(ソウル)が異なります。

領地を開放することで、ソウルを生産できるようになります。

開放した領地では、一時間ごとに一定のソウルを収穫できるようになります。合間をみて、領地に貯まったソウルを収穫するようにしましょう。


▲領地内のソウル生産率速度は、画面右上に表示されます。

序盤における領地開拓のコツ

大阪、京、尾張は、開拓に必要なソウルが少ないため、まずはこの3つ都市の開拓がオススメです。

またソウルに余裕があれば、それぞれレベル5程度まで上げておくと効率的にソウルを集めることが可能となります。

他プレイヤーから略奪

他プレイヤーと戦い、勝利すると対戦相手の領地に蓄積されているソウルを“略奪”することができます。


▲略奪にはコストとして、一定量のソウルが必要です。

効率的な略奪

略奪をすると相手からリベンジを受けて、逆にソウルを奪われることがあります。

そのためログイン率が低めの他プレイヤーを標的にすると、安定してソウルを奪うことができます。

また相手が強敵な場合は、ソウルを使用して、対戦相手を変えることができます。

カードの売却

不要な武将カードを売却すると、ソウルが手に入ります。

なかには売却専用の商人カードも用意されていて、売却することで大量のソウルを獲得できます。


▲売却画面でカードのチェックボックスをタップすることで、売りたいカードを選択できます。

商人カードの入手方法

商人カードの主な入手法は、“ステージ攻略後のボーナスガチャ”、“商店購入”のほか、“ゲリライベント”の報酬が挙げられます。

ゲリライベントの紹介

準備中

関連リンク

攻略のコツ

公式リンク集

このページのコメント