MLB 14 THE SHOW攻略記事

BATTING and BASERUNNING

BASIC

Hitting Difficulty

バッティングの難易度。
7種類から設定可能。
Beginner < Dynamic(可変) < Rookie < Veteran < All-Ster < Hall of Fame < Legend

Hitting Interface

バッティングの操作タイプ。
4種類から設定可能。
Timingタイミングを合わせて×(ノーマル)・○(コンタクト)・□(パワー)・△(バント)を押すだけ。
○(コンタクト)は、バットに当てることが目的。ファールで粘りたい時など。
スイングコースは自動。
Zoneスイングの仕方はTimingと同じ。
スイングコースはパワプロのようなミートカーソルを操作して行う。
Pure Analog右スティックを下に倒してバットを引き、右スティックを上に倒すとスイング。
スイングコースは右スティックを左斜め上や右斜め上に倒して内角外角を選択。
高さは自動。
Zone Plus Analogスイングの仕方はPure Analogと同じ。
スイングコースはパワプロのようなミートカーソルを操作して行う。

- Plate Coverage Indicator

ZoneかZone Plus Analogのみで設定可能な項目。
パワプロみたいなミートカーソルを表示(On)させるか非表示(Off)にさせるかの設定。

- PCI Appearance

ZoneかZone Plus Analogのみで設定可能な項目。
パワプロみたいなミートカーソルのデザインを変更する。5種類から選択可能。
Reticleシンプルな()。
Buckshot液体が飛び散ったようなデザイン。
Classicシンプルな楕円。
Outlineほぼシンプルな楕円。
Wedgeバットに近い。()だが外角が長く内角が短い。

Hitting View

バッティング時のカメラアングルを設定する項目。
27種ある。標準は「Catcher」。

In-Play View Offence

ヒッティング後のカメラモード。
4種から選択可能。
Dynamic標準。
Medium-
High-
Broadcast-

- Ball Trail

In-Play View OffenceがDynamicの時のみ設定可能な項目。
ボールの軌道を表示(on)するか非表示(off)にするか。
On軌道を表示。
Daytime Only昼間のみ軌道を表示。
Off非表示。

Guess Pitch

投球予測システムの設定。
5種から設定可能。
Default標準。
PCI-
Classic-
No Feedback-
Off投球予測システムを表示しない。

Baserunning Decisions

自動走塁の設定。
走塁操作が面倒なら全自動にしましょう。
Assist自分で操作。
Auto全自動。

ADVANCED

Baserunning Interface

走塁の操作方法。
操作方法はメニュー画面下のタブを「OPTIONS」にして「GAME CONTROLS」を選択すれば確認できます。
Default【ピッチング・バッティング後】
L1で全ランナー進塁、R1で全ランナー帰塁。R2で全ランナーストップ。
Classic【ピッチング・バッティング後】
L1で全ランナー進塁、R1で全ランナー帰塁。R2で全ランナーストップ。

Sliding Decisions

自動でスライディングするかの設定。
Assist自分で右スティックを操作。
Auto自動でスライディングする。

Runner Windows

走者ウインドウを表示(on)するか非表示(off)にするかの設定。
On走者ウインドウを表示。
Off走者ウインドウを非表示。
このページのコメント
    みんなのMLB 14 THE SHOW攻略