モンスト攻略記事
更新日:01/12 13:12

獣神化キャラ評価と素材・やり方まとめ

「獣神化」キャラの評価や素材、「獣神化」のやり方と入手方法をご紹介。また、獣神化したキャラのステータスやアビリティの変化を一覧で記載しています。

次の獣神化予想ランキングを公開

最新獣神化情報

チンギスハンの獣神化が決定!

獣神化実装日対象キャラクター
2017年01月11日水★5 チンギスハン new!!
2016年12月20日水★5 ランスロット
火★5 ランスロットX
2016年12月8日闇★5 ハーレー
闇★5 ハーレーX
2016年11月22日火★5 服部半蔵
2016年11月15日闇★5 ジークフリート
2016年11月8日木★5 リボン
2016年10月25日光★5 ウリエル
木★5 ギムレット
闇★5 サタン
2016年9月27日闇★5 エクリプス
水★5 ナナミ
2016年8月22日光★5 ゼウス
火★5 ミカエル
2016年7月27日火★5 坂本龍馬
光★5 ラー
2016年6月21日木★5 ヴァルキリー
2016年6月14日水★5 オーディン
2016年6月7日闇★5 ロキ
2016年5月24日火★5 真田幸村
光★5 アラジン
2016年4月5日水★5 ラファエル
闇★5 ハーメルン
2016年2月8日光★5 ロイゼ
火★5 リンツー
2015年12月22日水★5 スサノオ
闇★5 ワールド
2016年2月8日光★5 ストライク
木★5 ハンターキング
火★5 アグナムート
火★5 アグナムートX

獣神化のやり方

獣神化するためには、対象のキャラクターが進化or神化していることが条件となる。また、獣神化に必要な素材は降臨モンスターではなく、「獣神竜」というモンスターが必要。

条件を満たしたら、獣神玉2つと各属性の獣神竜を使うことで、獣神化することができる。

獣神竜の入手方法

各属性の「獣神竜を求めて」という曜日クエストで入手が可能。ノーマル・スピード・ラックボーナスでゲットでき、クエスト中に登場する獣神竜から直接ドロップすることもあるぞ。

数を集める必要があるので、周回の際はぜひ運枠を連れていこう。

獣神竜クエスト攻略と曜日

各曜日により、入手できる獣神竜の属性が異なる。

クエスト曜日
「闇の獣神竜を求めて」月曜日
「火の獣神竜を求めて」火曜日
「水の獣神竜を求めて」水曜日
「木の獣神竜を求めて」木曜日
「光の獣神竜を求めて」金曜日

獣神化の特徴・注意点

獣神化の注意点

一番注意してほしいことは、獣神化後は進化・神化に戻せないということ。

性能面では獣神化をおすすめするが、「イラストが好きだった!」などの場合は注意しよう。

獣神化の特徴

1.ストライクショットが2段階になる
通常通り使うこともできるが、「+分」のターン経過後に使うことで、より強力なストライクショットを使える。

2.わくわくの実を2個つけられる
例として【一撃失心】と【加速系】を食べることで、麻痺させることに特化した構成にするなど、今まで以上に戦略の幅が広がるぞ。

獣神化キャラの素材まとめ

獣神竜のほかに、「獣神玉2個」、「各属性の玉30個」、「各属性の石50個」は固定で必須となります。

キャラ必要な獣神竜キャラ必要な獣神竜
m825獣神竜・碧3体
獣神竜・水2体
獣神竜・◯体
獣神竜・◯体
m284獣神竜・水3体
獣神竜・光2体
m374獣神竜・火3体
獣神竜・光2体
m256獣神竜・闇5体m257獣神竜・闇3体
獣神竜・火2体
m660獣神竜・紅3体
獣神竜・闇2体
m836獣神竜・碧3体
獣神竜・紅2体
m984獣神竜・闇3体
獣神竜・蒼2体
m442獣神竜・碧3体
獣神竜・闇2体
m629獣神竜・闇3体
獣神竜・光2体
m929獣神竜・光5体
m929獣神竜・光3体
獣神竜・紅2体
m268獣神竜・闇3体
獣神竜・紅2体
m326獣神竜・蒼3体
獣神竜・闇2体
m389獣神竜・光3体
獣神竜・闇2体
m890獣神竜・紅5体m597獣神竜・光3体
獣神竜・木2体
m484獣神竜・紅3体
獣神竜・光2体
m386獣神竜・木3体
獣神竜・火2体
m383獣神竜・水3体
獣神竜・紅2体
m574獣神竜・闇3体
獣神竜・蒼2体
m839獣神竜・光3体
獣神竜・碧2体
m303獣神竜・紅3体
獣神竜・光2体
m893獣神竜・蒼5体m469獣神竜・闇3体
獣神竜・紅2体
roize獣神竜・光3体
獣神竜・碧2体
rintsu獣神竜・紅3体
獣神竜・闇2体
m193獣神竜・蒼5体m199獣神竜・闇5体
m195獣神竜・碧5体m191獣神竜・紅5体
m197獣神竜・光5体m280獣神竜・紅5体

獣神化キャラのステータス

獣神化 チンギスハンの評価

チンギスハンのステータスはこちら

獣神化第15弾のキャラクター。

▼アビリティの変化
アビリティは【聖騎士キラー/AGB+ADW】に変化している。ゲージで【ADW】がついたことにより、汎用性が高く連れていけるクエストもかなり増える。限定キャラなだけに、獣神化によって救済されたといっても過言ではない。

▼友情コンボの変化
獣神化は友情コンボが大きく変わり、【プラズマ】と【ロックオン反射レーザー】に。もともとが【バーティカルレーザー】などだったことから、かなりの変貌を遂げている。さらにベースの【聖騎士キラー】が友情コンボにも乗るため、友情コンボでのダメージソースにも期待できるように。

▼SSの変化
SSは自強化系のSSから変わり、「12ターン+12ターンの号令SS」となった。最短12ターンで打てる号令はステージで複数回使うことができるため、2段階をうまく利用すれば道中用とボス用の瞬間火力を出せるSSとして活用できる。

獣神化 ランスロットの評価

ランスロットのステータスはこちら

獣神化第14弾のキャラクター。

▼アビリティの変化
アビリティは神化と変わらず「ADW+AWP」。汎用性の高いWアビリティのため様々なクエストで使うことができる。

▼友情コンボの変化
獣神化は友情コンボが大きく変わり、「スパークバレット」と「超強貫通ホーミング8」。広範囲に攻撃できダメージも稼ぐことができるため、ザコ処理はもちろんボスへのダメージソースとしても期待できる。

▼SSの変化
SSは「貫通タイプになり敵をつらぬく」貫通変化SSに新要素のブロックを無効化する追加効果がつく。

ブロックを無効化でき、貫通タイプにもなるため使い道の幅はかなり広がりそうだ。

獣神化 ランスロットXの評価

ランスロットXのステータスはこちら

獣神化第14弾のキャラクター。

▼アビリティの変化
神化のAGB+回復のアビリティにゲージショットで闇属性キラーが追加される。

闇属性キラーがついたことで、有利な木属性以外のクエストにも活躍の場ができそうだ。

▼友情コンボの変化
友情コンボはロックオンワンウェイレーザーエナジーサークルM。火力の高いワンウェイレーザーと、レーザーバリアの影響を受けないエナサーの食い合わせはかなり相性がいい。

どんなクエストでも安定したダメージを稼ぐことが可能となった。

▼SSコンボの変化
貫通タイプに変化後、ギミックを無効化するオールアンチSS。

キラーの乗る攻撃を強化して弱点往復できるため、瞬間火力は高いと思われる。

獣神化 ハーレーXの評価

ハーレーXのステータスはこちら

獣神化第13弾のキャラクター。

▼アビリティの変化
AGB/SS短縮+アンチブロックのトルプルアビリティに変更。今後のブロック時代に着いていけるか期待。

▼友情コンボの変化
獣神化は友情「フレア」に加え、広範囲に攻撃できる「8方向レーザーL 」と大きく変更された。

▼SSの変化
自身のスピードがダウン&最初にふれた敵で白爆発を起こす新SSに変更。25+5ターンの2段階で、スピードダウンの効果は気になるが、その分ダメージは高いといったところだろう。

獣神化 ハーレーの評価

ハーレーのステータスはこちら

獣神化第13弾のキャラクター。

▼アビリティの変化
マインスイーパーM / 弱点キラー+アンチダメージウォールのトルプルアビリティに変更。

▼友情コンボの変化
獣神化は友情「弱点ロックオン衝撃波5」に加え、味方をサポートできる「超爆発」に変更された。

▼SSの変化
12+8ターンの2段階の弱点特効SSに変更。スピードアップの自強化がつくため、従来の弱点特効SSよりも大ダメージを出しやすくなっている。

獣神化 服部半蔵の評価

服部半蔵のステータスはこちら

獣神化第12弾のキャラクター。

スピード型にもかかわらず攻撃力がゲージ込みで30,045あり、HPも高いのでステータス面でも優秀。

▼アビリティの変化
神化のアビリティにSS短縮が追加されAGB+AWP/SS短縮となった。

▼友情コンボの変化

獣神化は新友情「超強斬撃」に加え、ヒット数も稼げる「貫通ホーミング8」に変更された。

▼SSの変化
12+16ターンの2段階無敵SSに変更。最大5ターン敵の弾を無効化できる強力な性能になっている。

獣神化 ジークフリートの評価

ジークフリートのステータスはこちら

獣神化第11弾のキャラクター。

ステータスはまだ未公開。バランス型なので、ステータス面に大きな弱点はなさそうだ。

▼アビリティの変化
進化と神化のアビリティが重なりADW+AWP/ドラゴンキラーとなった。

▼友情コンボの変化

獣神化は新友情「ツインワンウェイレーザーEL」に加え、ヒット数も稼げる「貫通ホーミング」が追加された。

▼SSの変化
8+8ターンの2段階自強化SSに変更。SS発動後に、元いた位置に戻るという新たな要素が追加されている。

獣神化 リボンの評価

リボンのステータスはこちら

獣神化第11弾のキャラクター。

ついにリボンが獣神化+CDデビュー!しかしステータス自体は進化とそこまで大差がない。

▼アビリティの変化
進化に耐性が加わり、AGB+水属性耐性となった。

▼友情コンボの変化
獣神化は「スピードアップ」に加え、敵に近いほどダメージを与えられる「短距離拡散弾9」が追加された。

▼SSの変化
16ターンと4ターンの2段階弱点特攻SSに変更。進化リボンは21ターンだったため、16ターンで弱点特攻SSを打てるのは嬉しい。

獣神化 ギムレットの評価

ギムレットのステータスはこちら

獣神化第10弾のキャラクター。

現在は、スピード520を超えていることが判明している。

▼アビリティの変化
アビリティの変化はなくADW+飛行のまま。

▼友情コンボの変化
獣神化はメイン友情に「超強貫通ホーミング8」が追加され、進化、神化の友情「貫通ホーミング8」がサブ友情となった。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階レーザー追い打ちSSに変更。精霊波がレーザーなのか不明だが、威力が増していることは間違いないだろう。

獣神化 サタンの評価

サタンのステータスはこちら

獣神化第10弾のキャラクター。

ステータスは準備中。

▼アビリティの変化
獣神化はAGBがなくなり、キラーMに強化された。神キラーM/魔王キラーMにプラスして魔族キラーM/妖精キラーMがつきフォースキラーアビリティとなっている。

▼友情コンボの変化
獣神化から超強ホーミングがなくなり、超強毒拡散16に変化した。さらにサブ友情に防御アップも追加された。

▼SSの変化
8ターンと12ターンの2段階オールアンチSSに変更。複数回仕様することができるため、ギミック対応がなくてもある程度SSでカバーすることができる。

獣神化 ウリエル(天国)の評価

ウリエルの評価・ステータスはこちら

獣神化第10弾のキャラクター。

ステータスは準備中。

▼アビリティの変化
ゲージなしのアンチダメージウォールアンチ重力バリアのダブルアビリティに変更。ゲージがないため、号令SS時に重力バリアにひっかからなくなったのも大きな影響。

▼友情コンボの変化
十字レーザーELエナジーサークルMに変更された。もともとが十字レーザーLだっただけに、かなり友情コンボにおいては火力源として大出世しただろう。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階号令SSに変更。安定の号令SSでは、味方にふれることで複数の敵を処理したり、ボス単体に対して大ダメージを狙える。

獣神化 ウリエル(地獄)の評価

ウリエルの評価・ステータスはこちら

獣神化第10弾のキャラクター。

ステータスは準備中。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアは変わらずゲージにカウンターキラーがついた。高めの攻撃力にカウンターキラーがついたことにより、弱点往復するだけでもかなりのダメージソースになるだろう。

▼友情コンボの変化
スピードアップ攻撃力UPが追加された。攻撃力UPは味方がふれると1.144倍とやや強化される内容だが、味方が攻撃ダウンを受けた時の上書き役としても活躍ができそう。

▼SSの変化
12ターンと24ターンの2段階HP割合SSに変更。2段階SSではHPの50%を消費し、HP消費分×60倍のダメージを与えることができる。

獣神化 エクリプスの評価

エクリプスの評価・ステータスはこちら

獣神化第9弾のキャラクター。

ステータスは準備中。

▼アビリティの変化
アンチダメージウォール/光属性耐性、ゲージでアンチワープのトリプルアビリティ。ギミック対応力+弱点属性への耐性がつき使いやすくなった。

▼友情コンボの変化
全敵ロックオン衝撃波スピードアップに変更された。パワー型なのでロックオンのダメージには期待できないが、スピードアップでのサポート力は大きい。

▼SSの変化
18ターンと22ターンの2段階ダメ壁ドンSSに変更。ダメージウォールがあるクエストのみでしか使えないが、威力は期待できる。

ナナミ獣神化の評価

ナナミの評価・ステータスはこちら

獣神化第9弾のキャラクター。

ステータスは準備中。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアに、ゲージで光属性キラーのダブルアビリティ。ギミック対応力は変わらないものの、光属性クエストに対しての活躍の幅が大きく向上。

▼友情コンボの変化
近くの敵に大ダメージを与えるブレス拡散弾。敵の近距離に配置できれば良いダメージソースとはなるが、使いやすいとは言い難い。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階ふっとばしSSに変更。

獣神化 ゼウスの評価

ゼウスの評価・ステータスはこちら

獣神化第8弾のキャラクター。

獣神化したゼウスはHPが非常に高い!更に全耐性もちなので被ダメージも抑えられる。

▼アビリティの変化
飛行全属性耐性に、ゲージでアンチダメージウォールのトリプルアビリティ。ギミック対応力が大幅に上がり、全属性耐性を持つため、実質どこの降臨でも連れて行けるキャラになった。

▼友情コンボの変化
前からある超爆発クロスレーザーELが追加された。爆発で味方のサポートをするだけでなく、クロスレーザーELにて広範囲に対してのいいダメージ源を期待できるようになった。

▼SSの変化
24ターンと28ターンの2段階メテオSSに変更。2段階目のメテオでは約180万ほどの威力を期待できるかもしれない。

獣神化 ミカエルの評価

ミカエルの評価・ステータスはこちら

獣神化第8弾のキャラクター。

ギミック対応力が大幅に上がり、友情コンボでのダメージソースとしても期待できるキャラに進化した。

▼アビリティの変化
アンチダメージウォールに、ゲージでアンチ重力バリア状態異常回復のトリプルアビリティ。やはりラファエルクラスへの変貌を遂げ、優秀なアビリティでギミック対応力が格段にUP。

▼友情コンボの変化
ロックオン反射レーザーL4超強メテオに変更された。HIT数がウリのショットガンから、確実にダメージを稼げる友情コンボへと変わり、一気にキャラ性能が超向上されている。

▼SSの変化
16ターンと20ターンの2段階貫通タイプ変化&アイテム1段階UPに変更。ミカエルはアイテムを成長させるSS(または湧かす)を持つため、ピンチ時に形勢逆転をはかれる貴重なキャラ。

獣神化 坂本龍馬の評価

m484

坂本龍馬の評価・ステータスはこちら

獣神化第7弾のキャラクター。

木属性キラーと号令SSは健在!さらに、新友情コンボ「スパークバレット」が使用可能。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアアンチウィンド木属性キラーのトリプルアビリティ。汎用性は神化と大きく変わらない。

▼友情コンボの変化
メインの拡散弾ELからスパークバレットに変更された。初実装の友情コンボでヒット数を稼ぎやすく、近くで当てればダメージも高い。また、反射拡散弾ELも持つため、広範囲に攻撃することができる。

▼SSの変化
龍の力で仲間たちを率いて敵に撃ちこむ号令SS。一見、大号令SSのような説明だが通常の号令だ。変化としては2段階で撃てるようになった点

獣神化 ラーの評価

m597

ラーの評価・ステータスはこちら

龍馬と同じく獣神化第7弾獣のキャラクター。

AGB初の「超強貫通ホーミング」と「爆発」友情を持つ。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリア魔王キラー水属性キラーのトリプルアビリティ。キラーが2種あるため、活躍できるクエストがかなり多くなった。

▼友情コンボの変化
メイン友情に超強貫通ホーミング超爆発の強力な組み合わせ。攻撃しながらサポートもできるため非常に優秀。

▼SSの変化
安心と信頼のオナラSS。2段階で撃てることに特に意味はない。弱点に至近距離で当てれば200万ダメージを出せるが、その状況ならカンカンでも同じくらいダメージが出せてしまう。

獣神化 ヴァルキリーの評価

m386

ヴァルキリーの評価・ステータスはこちら

獣神化第6弾のキャラクター。

木属性初実装の新友情コンボ「ダンクレーザーEL」を使用可能。

▼アビリティの変化
アンチダメージウォールアンチワープのまま変わらず。

▼友情コンボの変化
メインのクロスレーザーLからダンクレーザーELに変更された。木属性初の友情コンボ「ダンクレーザーEL」をもつ。使いづらい友情ではあるが威力には期待できる。また、さらにウェーブも持つため、レーザーとは別方向の攻撃が可能となっている。

▼SSの変化
ふれた味方が多いほど大ダメージを与えられる乱打系SSに変更。神化の時点でも高火力な乱打SS。獣神化ではさらに威力が上がり、ふれた仲間が多いほどダメージが上がるため、威力に期待ができる。

獣神化 オーディンの評価

m383

オーディンの評価・ステータスはこちら

獣神化第6弾のキャラクター。

初実装の新友情コンボ「超絶ホーミング」を使用可能。ステータス的には、HPと攻撃力の高さが光る。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアのまま変わらず。

▼友情コンボの変化
メインの超強ホーミング4から超絶ホーミング4に変更された。超強を上回る新友情コンボとなるため、その威力が気になる。ただ、パワー型なので威力は下がっている。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階爆破系SSに変更。神化の時点で150〜180万ダメージを与えられるため、獣神化の2段階目では300万ほど与えられるだろう。

獣神化 ロキの評価

m574

ロキの評価・ステータスはこちら

獣神化第6弾のキャラクター。

砲撃型なので、全体的にステータスは平均。しかし、強力な友情コンボの「ロックオンワンウェイレーザー」と「超爆発」があるため、ステータスを補う強さがある。

▼アビリティの変化
マインスイーパーに加え、ゲージに魔王キラーが追加された。ギミック対応力は低いままだが、強力な友情コンボでカバーできるだろう。

▼友情コンボの変化
メインのワンウェイレーザーELからロックオンワンウェイレーザーに変更された。さらにロックオンワンウェイ持ちでは初の砲撃型タイプとなっており、ロキに当てるだけで超ダメージを与えられることは間違いない。

▼SSの変化
14ターンと18ターンの2段階乱打系SSに変更。乱打SSでボスに張り付けば確実に強力な友情コンボも当てることが可能だ。

獣神化 真田幸村の評価

m303

真田幸村の評価・ステータスはこちら

獣神化第5弾のキャラクター。

高スピードでカウンターキラーとの相性が良くスピード型特有の攻撃力の低さをカバー。SSも高火力となっており短期決戦に向いたキャラである。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアは変わらないが、ゲージにカウンターキラーが追加された。「カウンターキラー」は、キャラが攻撃を受けるとその種族に対してキラー効果を発揮するため、実質の全モンスターキラーとなる。

▼友情コンボの変化
貫通拡散弾から超強反射拡散弾EL3短距離拡散弾に変更された。どちらもメイン友情となるため、敵の近くに配置することができれば、大ダメージを与えることができるだろう。

▼SSの変化
12ターンと20ターンの2段階重力キラーSSに変更。重力バリアを持つ敵に大ダメージを与えるSSは初登場となる。カウンターキラーとの相性も良いため、ボス1体との戦闘さえできれば、キラーが被り超ダメージを期待できる。

獣神化 アラジンの評価

m839

獣神化第5弾のキャラクター。

アラジンの評価・ステータスはこちら

全体的に高いステータスが魅力。どちらかと言えば持久力戦に向いたキャラで、ケガ減りをつければ耐性面ではかなり優れる。

▼アビリティの変化
アンチダメージウォール闇属性耐性に、ゲージでアンチワープトリプルアビリティ。神化の飛行はなくなり、通常進化に闇耐性がついた内容とはなるが、闇耐性があることにより闇属性の降臨では有利に戦えることは間違いないだろう。

▼友情コンボの変化
メインの反射レーザーL4から変わり、エナジーサークルM拡大爆破弾に変更された。どちらもメイン友情となるため、中距離〜遠距離に配置している場合は、敵に大ダメージを与えることが可能だ。

▼SSの変化
8ターンと20ターンの2段階自強化反撃SSに変更。短いターンで反撃モードを展開することもできるため、状況に応じて使い分けられるのが優秀。

獣神化 ラファエルの評価

m893

ラファエルの評価・ステータスはこちら

獣神化第4弾のキャラクター。

ステータス面でも神化を上回りバランスがよい。「超絶イザナミ零」の最適正キャラでもある。

▼アビリティの変化
マインスイーパーMアンチダメージウォールに、ゲージで回復トリプルアビリティ。神化と比較してマインスイーパーが強化されたほか、回復が追加され大幅に強化されている。

▼友情コンボの変化
バーティカルレーザーから十字レーザーELに変更され、副友情が毒衝撃波に変更されたので、サソリの対処がしやすく使い勝手が非常に良くなった。

▼SSの変化
12ターンと24ターンの2段階号令SSに変更。状況によっては最短でも号令がうてるため、配置や状況に合わせて使えるのが優秀。

獣神化 ハーメルンの評価

m469

ハーメルンの評価・ステータスはこちら

獣神化第4弾のキャラクター。

HPが26,158と高く、パーティのHPタンクとしても活躍できる。

▼アビリティの変化
アンチ重力バリアに加え、状態異常回復が追加されている。ギミック対応力は低めだが、「覇者の塔24階」などでは大活躍ができる。

▼友情コンボの変化
超爆発と8方向レーザーLに変わり、神化の友情と比較して副友情の威力が向上されている。味方友情を誘発しつつ、広範囲に攻撃できるためサポート役として優秀。

▼SSの変化
12ターンと16ターンの2段階でGBを打ち消すSS。ギミックを打ち消すSSを使えば、重力バリアに対応していないキャラでも活躍できるフィールドを作ることが可能だ。

獣神化 リンツーの評価

rintsu

リンツーの評価・ステータスはこちら

獣神化第3弾のキャラクター。

これまでの反射タイプから、貫通タイプに変更されている。「超絶クシナダ零」の最適正キャラでもある。

▼アビリティの変化
進化・神化を合わせたアンチワープ/幻獣キラーLを持つ。貫通タイプとキラーで確実に弱点を攻撃でき、ギミック対応で適正クエストが増えた。

▼友情コンボの変化
エナジーサークルM超爆発に変更。パワー型なので威力は低いが、レーザーバリアを無視して攻撃できるエナジーサークルは優秀。爆発で味方のサポート面でも活躍できる。

▼SSの変化
13ターンと21ターンの2段階ホーミングSS。威力が高く、二段階まで溜めれば合計で「約100万ダメージ」を出せる。さらに、属性相性・キラー・弱点ヒットが加わることで一気にダメージが上がる。

獣神化 ロイゼの評価

roize

ロイゼの評価・ステータスはこちら

獣神化第3弾のキャラクター。

HPは約27,000と全モンスターの中でもトップクラス。「超絶大黒天」の最適正キャラでもある。

▼アビリティの変化
飛行幻獣キラーMに、ゲージでアンチワープトリプルアビリティ。ギミック対応力が大幅に上がり、キラーが乗る攻撃をより効果的に与えられようになった。

▼友情コンボの変化
初実装のロックオン反射レーザー反射分裂弾になり、これまでとはガラリと変更。特に反射分裂弾が非常に強力で、多くの敵を攻撃できる上にヒット数でアイテム出現にも貢献。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階撒き散らしSS。友情コンボ同様に攻撃範囲が広く、ヒット数を稼げる。キラー対象以外でもダメージを稼げるので、サソリなどの敵を倒すのにも有効。

獣神化 スサノオの評価

m193

スサノオの評価・ステータスはこちら

獣神化第2弾のキャラクター。

ステータス面では反射タイプ屈指のスピードを持ち、「超絶阿修羅」の最適正キャラでもある。

▼アビリティの変化
アビリティはアンチダメージウォールのみと変更はない。

▼友情コンボの変化
ワンウェイからロックオンワンウェイレーザーELに変更。サブ友情では斬撃がつくため、サソリなどの敵にも対応ができるようになった。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階撒き散らしSS。2段階目は威力が上がっているため、高いスピードを持つスサノオとの相性は抜群。

獣神化 ワールドの評価

m199

ワールドの評価・ステータスはこちら

獣神化第2弾のキャラクター。

進化・神化よりも、全体的にステータスがアップしている。

▼アビリティの変化
アビリティは飛行アンチ重力バリアと変更なし。

▼友情コンボの変化
メインが超強ホーミング8、サブが貫通ホーミング8となっており、ホーミングの威力は「アリス」に次ぐ威力となる。わくわくの実に「熱き友撃の力」をつければ更に威力を高めることが可能だ。

▼SSの変化
26ターンと30ターンの2段階遅延SS。溜めることが難しかった遅延SSだが、獣神化により使い勝手が良い仕様になった。わくわくの実を2個付けられることを生かし、「速必殺の力」をつければ文句なし。

獣神化 ハンターキングの評価

m195

ハンターキングの評価・ステータスはこちら

獣神化第1弾のキャラクター。

ステータス面はHPが約2000上がり、低かった体力がカバーされている。

▼アビリティの変化
アビリティは変わらずアンチ重力バリアのみ。

▼友情コンボの変化
メインは変わらずワンウェイレーザーだが、サブが毒拡散16に変更され、サソリの処理などでも大活躍できるように。

▼SSの変化
20ターンと24ターンの2段階壁ドンSS。特に2段階目は威力が高いため、SSを壁際で使えればほとんどのボスをワンパンすることができるだろう。

獣神化 アグナムートの評価

m191

アグナムートの評価・ステータスはこちら

獣神化第1弾のキャラクター。

パワー型だが約300以上のスピード、攻撃力も30,000を超え直接攻撃でも大ダメージを狙えるように。

▼アビリティの変化
アビリティは変わらず、ロボットキラーM魔族キラーMのダブルキラーとゲージでアンチダメージウォールとなる。

▼友情コンボの変化
メインにホーミング18、サブが白爆発Lと入れ替わっている。白爆発Lは広範囲の爆発となるため、味方の友情を誘発するには非常に優秀。

▼SSの変化
24ターンと28ターンのメテオSS。木属性のロボット族や魔族に対しては、約200万以上のダメージを出すことができるためより強力に。

獣神化 アグナムートXの評価

m280

アグナムートXの評価・ステータスはこちら

獣神化第1弾のキャラクター。

ステータスが全体的に強化され、非常に使い勝手や良いキャラになった。

▼アビリティの変化
マインスイーパーからマインスイーパーELに変更。地雷回収}時の攻撃力が3倍にも跳ね上がるため、地雷がメインギミックとなっている降臨では無双状態に。

▼友情コンボの変化
無印と同じくメインに貫通ホーミング8、サブに白爆発Lを持つ。

▼SSの変化
20ターンと24ターンのふっとばしSS。1段階目はザコ処理用としても使え、2段階目はダメージを出すフィニッシャーとしても活躍することができる。落下後の固定ダメージが特徴的なSSなので、攻撃力ダウンの影響も受けず安定する。

獣神化 ストライクの評価

m197

ストライクの評価・ステータスはこちら

獣神化第1弾のキャラクター。

ステータス面ではHPが約27,700とトップクラスになった。

▼アビリティの変化
飛行に加えアンチダメージウォールがつき、ゲージに新アビリティのカウンターキラーがついた。ストライクが最後に攻撃を受けた敵種族に対してキラーが発動するもので強力。

▼友情コンボの変化
メインに8方向レーザー、サブにエナジーサークルMを持つ。広範囲に敵を攻撃でき、近距離で当てることで大きなダメージを与えることもできるため、非常に高性能。

▼SSの変化
16ターンと20ターンの乱打系SS。カウンターキラーを持っているため相性も抜群だ。

人気のランキング

status-rankingr3r2strongest-monster
r1r77beast-apotheosis-rankingsmonst-collaboration-list

モンストの人気記事

最新情報

新要素

ランキング

このページのコメント
テスト
    新しくコメントを書く
    ×

    名前

    コメント(必須※200文字まで

    画像

    最新記事
    メーカー公式Twitter
    完全図鑑公式Twitter