FF14攻略記事

エーテルラム


属性:技術

↑エーテルラムの研究論文

詳細

50年ほど前、北州イルサバード大陸に帝国が興って、間もないころ。
シャーレアンたちは急速に領土拡大を始めたガレマール帝国に対して、幾つかの抵抗手段が練ることになった。
その一つがこのエーテル収束機「エーテルラム」
大気に満ちたエーテルを一点に集めて圧縮し、強大な力を得る秘術。
ところが、研究も大詰めのところでシャーレアン哲学者議会が研究内容を大量破壊兵器の開発ではないかと声を上げる。
頭にきたマトーヤは研究内容を禁書封印し誰にも読めないようにしてしまい、「グブラ幻想図書館」の最深部「禁書庫」に隠してしまった。

エーテール収束機と言っても空気中に漂うエーテルだけでは本来の力を発揮できず莫大なエーテルを必要とする。
大量のクリスタル。もしくは、白聖石やエーテル・エクストラクターなどが必要。
どれも持ち合わせていなかったアルフィノたちは、解決策として青の竜騎士が所有する「龍の目」を使用する。

経歴

マトーヤが研究開発
マトーヤが暗号化し「グブラ幻想図書館」の最深部「禁書庫」に隠す。
・冒険者により回収
マトーヤが暗号化を解く
・シド・ガーロンドが「エーテルラム」制作
・アジス・ラーの魔法障壁に使用 見事突破


その他


名称図鑑へ戻る
トップページへ戻る
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter