FF14攻略記事
広告

パッチ5.0「漆黒のヴィランズ」情報

(Final Fantasy XIV Patch5.0)(SHADOWBRINGERS)
パッチ5.0「漆黒のヴィランズ」
最新情報販売情報
バトルシステム情報スタートダッシュ準備
<< パッチ4.5の情報はこちら
5.0予約開始:2019/2/6(水)
5.0アーリーアクセス:2019/6/28(金)18時~
5.0実装時期:2019/7/2(火)
(パッチ導入時期一覧)

【NEW】=最新情報

漆黒の反逆者(ヴィランズ)

最新トレーラー

ストーリー

アラミゴとドマをガレマール帝国の支配から解放し、ハイデリン全土に名を轟かせる英雄となった光の戦士。
しかし、その一方で英雄を支える“暁”の賢人たちは、謎の呼び声によって次々と倒れゆく。
ついに激突する帝国軍と反帝国連合軍。その戦いの最中、光の戦士は呼び声によって、新たな世界へと旅立つのであった……。
そこに待つのは、破滅の運命か、それとも漆黒の希望か。

モンスター

罪喰い

光の反乱により生じた人々の脅威「罪喰い」

新種族

・両種族共、頭装備が表示されない。(一部「かぶりもの」や「めがね」などは表示可能)

ヴィエラ族

・女性専用種族

・ヴィエラ族になるにはパッチ5.0「漆黒のヴィランズ」の権利が必須

ロスガル族

・男性専用種族

・ロスガル族になるにはパッチ5.0「漆黒のヴィランズ」の権利が必須

・ルガディンより背が高いが猫背の為同じくらいに見える?

新ジョブ

ガンブレイカー(タンク)

・ロール:タンク(TANK)
・武器:ガンブレード
・対応クラス:なし
・受注条件1:「漆黒のヴィランズ」の権利
・受注条件2:いずれかのジョブがLv60になっている事
・グリダニアからジョブクエスト開始予定

【FF14の設定】
・帝国のガンブレードとは根本が違う。
・FF8のガンブレードの設定がメインなので銃撃アビリティ(遠距離攻撃)等はほぼ無いと思われる。
・斬撃中に銃のトリガーを引くことで剣を振動させ、攻撃力を高めるが常にヒット判定に合わせてボタンを押すというわけではない模様。
・FF8では火薬入りの薬莢を炸裂させて振動させるが、FF14では魔力を込めた薬莢を使い様々なアビリティを発動させる。

踊り子(DPS)

・遠隔物理DPS
・武器:投擲武器
・対応クラス:なし
・受注条件1:「漆黒のヴィランズ」の権利
・受注条件2:いずれかのジョブがLv60になっている事
・踊りによるアビリティの発動
・踊りによる自身やPTメンバーへの支援を付与
・リムサ・ロミンサからジョブクエスト受注予定
・スキル回しにより踊り方が変わる

全ジョブ・クラス レベル80に

・バトルシステムの調整も行われる。

新フィールド

妖精郷 イル・メグ

山岳部に広がる高原地帯であり、以前はフッブートと呼ばれる王国が栄えていた。しかし、「光の氾濫」を境に、人々が他地域へと去ったことで、今ではピクシー族に代表される妖精たちの郷となっている。

ラケティカ大森林

大いなる「始まりの湖」の周囲に広がる雄大な湖水地方。古の時代より、エーテルの濃い土地とされ、先住民エルフ族の聖地とされてきた。今では反抗都市「クリスタリウム」の統治地域として、罪喰いとの闘いにおける最重要地域となる。

アム・アレーン

ノルヴラント南部に広がる荒涼とした砂漠地帯。ただでさえ人が暮らすには過酷な環境であることに加え、その南端において「光の氾濫」が食い止められたことで、生命が存在し得る限界点となってしまった。

クリスタリウム

ノルヴラントの中央部「レイクランド」に築かれた、反抗都市。「クリスタルタワー」と呼ばれる不可思議な水晶の塔の下に、多種多様な種族の人々が身を寄せ合って暮らしている。この街こそ、人類の脅威「罪喰い」との戦いを続ける、最後の砦なのだ。

レイクランド

大いなる「始まりの湖」の周囲に広がる雄大な湖水地方。古の時代より、エーテルの濃い土地とされ、先住民エルフ族の聖地とされてきた。今では反抗都市「クリスタリウム」の統治地域として、罪喰いとの闘いにおける最重要地域となる。

ユールモア

コルシア島の大半を領有する、悦楽都市。強力な軍隊を保有し、かつては罪喰いとの戦いの先頭に立っていたが、近年、代替わりした元首が方針を大胆に転換。その上層では、滅びゆく世界から目を背けた富豪たちが、享楽に溺れながら過ごしている。

シナリオ進行による天候変化

第一世界の天候は「光の氾濫」という常に明るい状態になっている。プレイヤーがメインストーリーを進める事により、様々な属性を取り戻し夜や雨などの天候を取り戻すことになる。

新蛮族

ピクシー族

妖精郷「イル・メグ」に棲まう妖精種族。非常に小柄で、蝶を思わせる羽によって、空を舞う。優れた魔法の使い手であり、無邪気さと残酷さを併せ持つ。

ン・モウ族

どこか犬のようにも見える妖精種族。人と交わることを好み、かつてはフッブート王国と関係が深かった。現在も、他の妖精と共存しつつイル・メグで暮らしている。

ドワーフ族

コルシア島のグルグ火山を根拠地とする小柄な種族。採掘と冶金の技に優れ、精巧なカラクリを製造する。保守的で掟にうるさく、めったに領地から離れることはない。
ちなみにララフェルと同サイズで、彼らの住む家にはララフェルしか入ることができない。(窓から中を見ることは出来るとのこと。)

新蛮神

妖精王:ティターニア

ピクシー族達の王。
蛮神ではないが何らかの理由で冒険者は彼女と戦うことに。

全能者:イノセンス

光の氾濫により生じた人類の脅威「罪喰い」の上位個体。目的を含め、その多くが謎に包まれている。

新ダンジョン

全9種のダンジョンが実装

新レイドダンジョン

希望の園:エデン

無の大地――それは、「光の氾濫」によって浄化された領域。莫大な光の力によって生命の源たるエーテルが変異した結果、すべての属性の力が失われ、ただただ白化した荒野が続く。そんな死の世界に、属性の力と希望を取り戻すため、今、エデンが覚醒する。

・ボス/キャラ デザイン:野村哲也(FF/キングダムハーツ)

新アライアンスレイドダンジョン

ヨルハ:ダーク アポカリプス(5.1)

・スクエニから発売され全世界で400万本以上を売り上げたアクション系RPG「ニーアオートマタ」のコラボ

・ゲストクリエイター「ヨコオタロウ(ニーアオートマタ等)」「斉藤洋介(ドラクエ等)」

・ララフェルがドワーフな理由が関係あり。

ギャザクラにエンドコンテンツ

イシュガルド復興

千年にわたって続いた竜詩戦争は、宗教都市「イシュガルド」に、あまりに深い傷痕を遺した。しかし、それでもなお、人々は竜との融和という変革を戸惑いながらも受け入れ、明日に向かって動き出す。復興の象徴として、新区画「蒼天街」の開発が発表されたのは、そんな時だった――。

・専用ストーリーあり

・5.Xシリーズ中、連続してコンテンツを実装

漁師に専用コンテンツ

詳細情報はなし

農場のようなコンテンツを追加予定

計画中で実装確実かは不明

多数の素材/レシピ追加

新システム「フェイス」

5.0のダンジョンでは、メインシナリオに登場するNPCを引き連れてソロで攻略することが出来ます。
追加されるNPCは今後発表。

新システム「強くてニューゲーム」

現在、プレイヤーが進めているキャラクターを使って、「ジョブクエストのみもう一度遊ぶ」「3.0メインクエストのみもう一度遊ぶ」が可能に。
なお、昔のストーリーを遊んでいてもすぐに最新パッチのストーリーに戻ることも可能。

新システム「ワールド間テレポ」

パッチ5.0より少し前に実装予定。
同じデータセンター内の別のワールドに遊びにいけるようになる。

その他

第一世界では種族名が変わる

原初世界とは違う歴史を歩んできた第一世界。種族名が原初世界のものとは違っている。

原初世界
(1.X~4.Xフィールド)
第1世界
(5.Xフィールド)
ヒューランヒュム
ミコッテミステル
エレゼンエルフ
アウラドラン
ララフェルドワーフ
ヴィエラヴィース
ロスガルロンゾ

新トークン

プレイヤーは主に第一世界にて活躍することになるが、第一世界には歴史上「アラグ帝国」が存在しない。その為、5.0からは「アラガントームストーン」ではなく新たなトークンが使われることになる。

「クリスタルタワー」のクリアを推奨

ストーリー上クリスタルタワーのクエストをクリアしておくのが良いようです。公式も推奨しています。

ジョブ装備

詩人AF?

赤魔道士AF

黒魔道士AF

占星術師AF

今後の予定

蒼天/紅蓮のタイミングを元に予測している為、時期が大きくズレる場合があります。

2019年
5/29(水)
22時頃
・メディアツアーレポート
(各メディアから5.0プレイ記事公開)
5/30(木)
17:00~
モグモグコレクション
6月初旬GSフェスティバル(2019)
6/18(土)
朝7時頃
・第52回PLL(5.0コンテンツ特集)
・5.0ロンチトレーラー公開
6/19(日)
24時
・Amazon「漆黒のヴィランズ」予約特典付き受付終了
6/26(水)
予想
・5.0先行パッチノート公開
6/27(木)
18:00~
・5.0メンテナンス開始
・5.0完全版パッチノート公開
6/28(金)
18:00~
・予約者特典「アーリーアクセス開始」
(18時前にサーバーオープンの可能性あり)
7/1(月)
24時
・e-Store「漆黒のヴィランズ」予約特典付き受付終了
7/2(火)・パッチ5.0正式サービス開始
7/5(金)
予想
・アーリーアクセス有効期限終了
7/16(火)
予想
・ノーマルレイド実装
7/30(火)
予想
・零式実装
・新トークン排出開始

システム系

・Windows/Mac 32bitOSのサポート終了

・DirectX9のサポート終了

・DirectX12や13への対応は今回は無し。6.0以降などでの対応は検討中。

Windows7のサポートが終了

Windows7は、2020年1月をもってマイクロソフト社のサポートが完全終了します。
その為、FF14パッチ5.0(2019年6月頃)の発売と同時、もしくは、マイクロソフト社のサポート終了と同時に推奨外となる可能性があります。

【Windows10Home】
個人向けOS
遠隔操作やLAN内ファイル共有など不要な方はこちらでOK
【Amazonで購入】
【Windows10Pro】
個人~オフィス向けOS
遠隔操作やファイル共有、パソコンを業務用途としても使用する方はこちら。
【Amazonで購入】

トップページへ戻る

このページのコメント
    メーカー公式Twitter