FF14攻略記事
広告

初心者向け 最初のクラス・ジョブ選び

初心者向け、最初のクラス・ジョブ選びです。

間違ってる選ぶ基準

説明
・クラス:Lv1~Lv30の基本職
・ジョブ:Lv30以上の上位職

どれが簡単?

よく「どのジョブ(クラス)が簡単か」など議論されていますが、簡単なジョブはありません。どのジョブも、突き詰めれば難しかったり、忙しかったりします。いい加減な操作・他人に迷惑をかける程度でもいいならどのジョブも簡単です。
「このジョブが簡単」と自信満々に言ってる方はそのジョブの事をよく知らない三流プレイヤーだと思って間違いないです。

強いジョブから選ぶ

これも一長一短です。
火力(攻撃力)が強いと言われている、ジョブやクラスがあります。しかし、高難易度のコンテンツではこれらのジョブは敬遠されがちです。何故かと言うと、味方の攻撃力を上げるなどのサポート能力に欠け、8人PTなどで見た場合は貢献度が低いからです。
また、いくら強いと行っても下手なプレイヤーが高火力ジョブを操作しても、うまいプレイヤが操作した低火力ジョブには負けます。強い弱いで選ばずに色々触ってしっくりきたクラスとジョブを選んでください。
強いジョブを選んでも運営はプレイヤー分布のバランスを見て強すぎるジョブ・人が多すぎるジョブは弱体化をしたり、他のライバルジョブを強化したりするのでいつまでも同じポジションに居れるとは限りません。

最も弱いのは周りの意見に流されてころころジョブやクラスを変更して、1つの職すら極めないプレイヤーです。

正しい選ぶ基準

このジョブかっこいい!かわいい!

「好きこそものの上手なれ」というように、かっこいい!かわいい!は選ぶ基準として正しいと思います。
攻撃力が低いと言われている機工士・詩人でも上手いプレイヤーが操作すれば、メインのジョブではないプレイヤーが操作する攻撃力が高いと言われているモンク・竜騎士を超えることは可能です。

下記解説にジョブアクション動画を貼り付けていますので確認して見てください。

始めは好きなジョブを選びましょう。

各クラスとジョブを簡単に説明していきます。

タンク

 タンクとはPTの先頭に立ち、敵の攻撃を自身へ向け味方の攻撃を当てやすくするように動く役割です。他のDPSやヒーラーより防御力に優れる反面、攻撃力がやや低いロールになります。
 タンクの上手い下手は、知識によって差が付きます。各ダンジョン、各ロール、各敵、各ギミック、自身や味方のクラス(ジョブ)の特徴を知っているか否かで、味方が動きやすくなりクリア率やクリアまでの時間が大きく変わってくるジョブです。
 最初にこのクラスを選ぶと挫折するプレイヤーも多く、「タンクを極めるなら全てのジョブを触れ」という名言もあるほど、タンクをやるならFF14を理解する覚悟が必要です。

剣術士(ナイト)
 他のタンク職より防御力に優れ、回復魔法や味方の防御力を上げるバリアなども使えるサポート能力に長けたクラス。
 タンク3職の中では最も人気でプレイヤー数が多い反面、使いこなせていないプレイヤーが目立つのも多いクラス。
斧術士(戦士)
 他のタンク職より攻撃力に優れ、一時的にナイトに迫る防御力も発揮できる。
 一方で防御・攻撃と忙しく、うまく操作できないプレイヤーや防御を放棄して、攻撃力のみ追い求めるプレイヤーが多く「戦士(斧術士)は柔らかい」などの風評被害が多いクラス。

ヒーラー

 ヒーラーとは、PTメンバーの回復を主としたロール。しかし、高難易度コンテンツになると回復だけではなく攻撃にも参加せねばならず。PTメンバーのHP管理に自身のMP管理そして攻撃と目が回るほど忙しいクラス。
 また、タンクの装備が整っていない、防御バフを適切に使わない、DPSが余計な被弾ばかりする。など、他プレイヤーのしわ寄せが来やすいロール。
 回復のために他者を選択する必要があるため、ゲームパッド(コントローラー)より、マウス&キーボードの方が操作がやりやすいというデバイス面の課題もある。

幻術士(白魔道士)
 ピュワヒーラーと呼ばれるほど最も回復能力に長けたロール。一方で、MPが枯渇しやすく自身のMP管理も他のヒーラーと比べると重要なクラス。
巴術士(学者)
 Lv30まではDPS(巴術士)だが、学者ジョブクエストを受けることでヒーラーになる変わり種のクラス。
バリアヒーラーと呼ばれるほど、敵の攻撃の一部を無効化するバリアを事前に展開して味方に付与する。ただし、回復力は幻術士(白魔道士)より低く高難易度コンテンツなどでは学者2名の8人PTになるときつくなり、回復が間に合わなくなることも。
回復防御型のペットとPT支援型のペットの2種類を使役出来る為、回復力の高い白魔道士(幻術士)2人のPTよりは、白魔道士と学者と別れたPT編成が好まれる。

接近物理DPS(メレー)

 接近物理DPS(メレー)とは、DPS3ロールの中では最も高い単体攻撃力を出せるロール。一方で最大火力を出すには側面・背面攻撃、バフ・デバフの維持などを完璧に理解し実行できているかで、上手い者と下手な者の差がひらきやすいロール。

格闘士(モンク)
 AA(オートアタック)にコンボ・方向指定とバフ・デバフを維持する事で徐々に攻撃力と攻撃スピードが上がっていき、DPS内ではトップクラスの単体攻撃力を有する。一方で、コンボ・方向指定・バフ・デバフを適切に回せないと同じ腕なら槍術士(竜騎士)よりも火力が出せなくなってしまう。アクション数も多くとにかく忙しいクラス。
槍術士(竜騎士)
 コンボ・方向指定は格闘士(モンク)より優しく、初心者でも触りやすいロール。ただし、突き詰めればモンクに負けず劣らずの火力を出せ、その分同じくらい忙しいロール。

遠距離物理DPS(レンジ)

 初期で選択できるのは弓術士(詩人)のみ。メレーやキャスターほどの火力は出せないが、彼らの攻撃力を上げるバフや、ヒーラーやキャスターのMP、タンク・メレー・レンジのTPを回復するなど多彩なバフを展開し、味方のサポートと攻撃を行う。高難易度コンテンツでは必ず、機工士(Lv50から選択可能)と詩人のどちらか一方はPTに入るほど重要で引く手数多なロール。

弓術士(詩人)
 攻撃力が低いからと言って手を抜けるジョブではない。上手いレンジは味方の状態を常に把握し適切にバフを使い、自身の攻撃力も出せる。バフは他のDPSをとタイミングを合わせる事で、火力貢献度は格闘士(モンク)に続き、槍術士(竜騎士)と同程度と言われている。

魔法DPS(キャスター)

 魔法DPS(キャスター)とは、メレーほどの単体火力は無いが範囲火力にかけてはメレーを凌駕する。

呪術士(黒魔道士)
 詠唱型DPS。詠唱が完了さえすれば高い攻撃を放つ事が出来るが、完成しなければ攻撃は不発に終わるというシビアなクラス。故に、移動が少ない場面では高い攻撃力を誇れるが、移動の多い場面では上手いプレイヤーでも火力が極端に落ちてしまう。また、他プレイヤーからの妨害(範囲攻撃を近くに置いてしまうなど)などの影響も受けやすく、避けそこなった攻撃で死にやすいクラス。ただし、範囲攻撃に関しては右に出るものはおらず、複数体敵をまとめた場合は一瞬にしてモンクの2~3倍以上のダメージを出す事も可能。
巴術士(召喚士)
 ドットと呼ばれる継続ダメージの維持を主体に闘うクラス。使役できるペットは防御(タンク)タイプ・接近物理(メレー)タイプ・遠距離魔法(キャスター)タイプの3種類を状況により使い分けて戦う。呪術士(黒魔道士)よりも移動が多い場面でも火力は出しやすいが、アクション数はFF14内で最多で最大火力を出すには多数のアクションを使いこなしつつ、ペットに指示も出さなければならない。

決められない人向けのおすすめは?

おすすめは幻術士(白魔道士)です。
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter