最終更新日:15/12/27 02:28

FF14 世界設定 †サブクエスト 「希望の橋」

†サブクエスト 「希望の橋」


ヒヒネ
「その橋の金具が、あっという間に傷んじゃって~。
海風のせいとはいっても、
なんか~納得いかないくらい早いんだけど~。」

 リムサ・ロミンサで、甲冑師ヒヒネから依頼を受ける。リムサ・ロミンサの南東に甲冑師が面倒を見ている橋があるそうだが、その橋の金具があっという間に傷んでしまったそうだ。海風のせいとはいえ、納得いかないぐらい傷むのが早いそうだが・・・。とにかく、その橋が落ちてしまうと大変だ。そこで修理が必要なのだが、周辺に魔物がいると修理も出来ないらしい。そこで現場の安全を確保するために、魔物「トールプーク」の討伐を頼まれた。現地へと向かう。




 橋の周囲にいるトールプークの討伐を行った。これで安心して修理を行えるであろう。



ヒヒネ
「え~、もう~わたしの頼みを終えてくれたの~?
ありがとうね~。さっそく修理の号令を出すわ~。」

 ヒヒネに現場の魔物を討伐できたことを報告した。さっそく修理の号令を出すそうだ。もしあの橋が落ちてしまい、新たに橋を掛け直すとなると大変な作業になるらしい。身体が軽いからという理由で、ララフェル族がいっぱい集められ、橋の向こう側で作業しろって、ルガディン族たちにぽんぽん放り投げられるそうだ。そんな地獄絵図を見たくないからヒヒネは修理を頑張ると話す。無事に仕事を終え報酬を受け取ることが出来た。


このページのコメント