FF14攻略記事

名称図鑑 ラタトスク

階級:七大天竜の一翼
性別:女性
種族:ドラゴン族

詳細

七大天竜の一翼で、フレースヴェルグとニーズヘッグの妹に当たる。
フレースヴェルグと共に人に好意的。豪胆将「トールダン」率いるイシュガルドの謀略により目を奪われ殺された。
それを知ったニーズヘッグが怒り狂いイシュガルドへの復讐を始めた「竜詩戦争」の発端となったドラゴン。

ドラヴァニア雲海北部にある遺構「サルウーム・カシュ」を居城とし、殺害も同所にて行われた事が同地のサブクエスト他、探検手帳のコメントにてほのめかされている。

・探検手帳「サルウーム・カシュ」より
ドラゴン語で「悔恨よりいずるクリスタル」を意味する名の遺跡。破壊された建造物が、半ばクリスタルに埋もれている。その結晶量から推測するに、かつて七大天竜級の魔力を持つ存在が、この地で果てた可能性があるが……。

現実の神話でのラタトスク

・名は古代ノルド語で「走り回る出っ歯」を意味する。
・北欧神話においては世界樹ユグドラシルに住んでいるといわれるリスとして登場する。
・ラタトスクは、ユグドラシルの梢に住んでいる鷲(フレースヴェルグ)と、根元に住んでいるニーズヘッグの間で交わされる会話を中継しており、この2匹の喧嘩を煽り立てている。

名称図鑑へ戻る
トップページへ戻る
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter