FF14攻略記事
広告

グラフィックボード性能一覧

グラフィックボード関連ページ
グラフィックボード性能一覧ベンチマークスコア一覧

FF14は3Dゲームでありグラフィックボードの載っていないPCではまともに動作しません。
新しくPCを購入。グラフィックボードの交換時の参考とされてください。
評価は独断によるものです。あくまで参考とされてください。

購入指南

新しくPCを購入される場合は下記表より「かなり快適」あたりを選ばれると良いでしょう。
FF14をはじめ、今後どんどん新しいゲームが発売される毎にグラフィックボードの必要性能は上がっていきます。
少し未来を見据えて、高性能なグラフィックボードの購入をオススメします。

また、ノートPCに搭載されているグラフィックボードは性能がかなり落ちます。
「GTX 980M」などで"M"と付いているものは下記性能と同じと思わないでください。
現在ノートPCでまともに動作するは、1080・1070・980M・970M・880M・870Mくらいです。
それ以外は快適な動作は望めないと思われてください。

「紅蓮のリベレーター」推奨動作環境

ベンチマークソフトウエア

ベンチマークソフトウエアを動かしてあなたのPCの性能を見てみましょう。
高品質設定で7000以上なら問題なく動くと思われます。
5000以下の場合はグラボ・CPU・SSD等の交換をお勧めします。
紅蓮のリベレーター:ベンチマークソフト

CPUとグラボの組み合わせによるスコアを見たい方はベンチマークスコア一覧

グラフィックボードは高性能なはずなのにベンチマークのスコアが低い

紅蓮のリベレーターよりCPUの要求値が大幅に上がりました。fps(フレームレート)を安定させたい場合などはCPUを最新式かつ4.0Ghz近い物に交換をオススメします。
現在のおすすめは

  • 高性能:i7 8700 or i7 8700K
  • 標準:i5 8500 or i5 8400

です。
なお、CPUの交換はCPUの型番により出来ないものが存在します。よくご確認の上購入されてください。

グラフィックボードナンバリングの見方

最新・高価だからといって性能が高いわけではない

4K向け

FHD(フルHD:1920x1080)でのゲーム環境では無駄な投資です。「4Kで快適に遊ぶ」という確固たる信念を持った人向けで、その分価格も跳ね上がっています。
なお、RTX20シリーズの最大の特徴「レイトレーシング」機能はFF14ではサポートされていません(パッチ5.0でも対応の予定は無い)。その点ご注意を。

メモリー
FF14(FHD)
スコア
FF14(4K)
スコア
参考価格
RTX 2080Ti11GB240171112822万~
RTX 20808GB18950857812.5万~
GTX 1080Ti11GB1873578969万~
Q:4Kプレイヤーってどのくらい?
A:全世界で1.3%(2018年9月Steam調べ)
新しい物・高性能好きの日本はもう少し多いかも。

ややオーバースペック

FHD(フルHD:1920x1080)でゲームをする分にはややオーバースペック、4Kではちょっと足りない。

メモリー
FF14(FHD)
スコア
FF14(4K)
スコア
参考価格
RTX 20708GB18000720085,000~
GTX 10808GB17382626174,000~
GTX 1070Ti8GB15727594275,000~

かなり快適(新規購入時はおすすめ)

今からPCを新しく新調する・パーツを交換して今後5年程度は現役としたい場合などはこちらとなります。
当サイトでは、コストパフォーマンスに優れたGTX1070かGTX1060(6GB)をオススメします。
総メモリーFF14(FHD)スコア参考価格
GTX980Ti6GB1368160,000~
おすすめ1位
GTX 1070
8GB1344745,000~
GTX TITAN X12GB13336310,000~
おすすめ2位
GTX1060 6GB
6GB1119830,000~
GTX9804GB1190243,000~

快適

快適に遊べます。
画質を最高設定でプレイしても問題などは、まず発生しないでしょう。
資金に余裕があればこの上の「かなり快適」の購入も検討されてみてください。
総メモリーFF14(FHD)スコア参考価格
GTX6904GB1012382,000~
GTX780Ti3GB10947???
GTX1060 3GB3GB1084223,000~
GTX TITAN BLACK6GB10332250,000~
GTX970(紅蓮推奨環境)4GB1024228,000~

やや快適

問題なくプレイはできる
ただし、最高品質設定ではややきつい場面も
新規購入時にはお勧めはできない
総メモリーFF14(FHD)スコア
GTX TITAN6GB8444
GTX7702GB7674
GTX1050Ti4GB7373
GTX6802GB7119
GTX10502GB6981
GTX9602GB6924

性能不足

FF14をプレイするには性能不足です。
ゲーム自体は動きはしますが表示される敵や他のプレイヤーの表示数がMAXまで表示されない可能性があります。
新規購入を検討されている場合はやめておいたほうが良いでしょう。
総メモリー3D Mark 11 スコア
GTX6702GB3015
GTX760 (蒼天推奨環境)2GB2830
GTX9502GB2744
GTX660Ti2GB2725
GTX6602GB2186
GTX650Ti BOOST1GB1917
GTX750Ti2GB1831
GT10302GB1646
GTX750 (紅蓮最低必須環境)1GB1561
GTX650Ti1GB1487
GTX5601GB1337
GTX6501GB969
GT740(GDDR5)1GB944
GTX550Ti1GB852
GT740(DDR3)1GB771
GT640 (GDDR5)1GB771
GT640 (DDR3)1GB710
GT7301GB533
Intel HD Graphics 530オンボード494
GT630 (GDDR5)1GB419
GT630 (DDR3)1GB404
Intel HD Graphics 4600オンボード375
Intel HD Graphics 4400オンボード276
GT6201GB235
Intel HD Graphics 2500オンボード133

備考

推奨環境

推奨環境とは「これ以上の性能のPCであれば快適に動作出来る」とメーカーが推奨する環境のこと。

必須環境(必要動作環境)

必須環境(必要動作環境)とは「これ以下の性能のPCでは動作が困難。動かなくても保証できない」とメーカーが注意を促す環境のこと。

オーバークロック

メーカーが安全としている数値を超えて性能を出すことです。
知識がない者が行うとパソコンの破損。最悪は火災等にも繋がりますのでおすすめはしません。
メーカーの保証も期間内だとしても適用外となります。

表にATI社製のグラフィックボードが無い

FF14はNVIDIA社と連携しておりGeForce系のグラフィックボードが最も性能が発揮できます。
ATI社製のグラフィックボードは最新のドライバーを適用するとゲームに不具合が発生するなど問題も、時折でているようです。
その為ATI社製のグラフィックボードは省いております。
(ATI社製のグラフィックボードでは動かないというわけではありません。)
GeforceRedion
FF14との相性
DirectX系ゲームとの相性
OpenGL系ゲームとの相性

GeForceとは?

GeForceとは、マイクロソフト社が提供するDirectXというシステムに最適化されたNVIDIA社が販売するハードウエアの総称。
同社が同じく販売するQuadroというシリーズがあるが、こちらはOpenGLに最適化されている。
FF14はDirectXで動いておりGeForce系のグラフィックボードを購入するようにしよう。

参照元


トップページへ戻る

当サイトのAmazonへのリンクは「Amazon.co.jpアソシエイト」を利用しております。
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter