攻略記事

[小技/連携編]勝つための技術/思考

Jスタのちょっとした小技や、連携の組み方などに関して
の内容をまとめました。

本ページでは内容を読み易くするために敬語を
省略しています。

連携について

・連携(コンビネーション)とは

効率良くダメージを稼ぐためには『連携』が必要である。
『連携』の意味は、「連絡を密にとって、一つの目標のために一緒に物事を行うこと」。
これをJスターズに当てはめると、広い意味では「勝利という目的のために意思疎通を図って協力しあうこと」。
狭い意味で言うなら「相手によりダメージを与えるために、息を合わせて互いの技を上手く組み合わせること
みたいな定義づけができる。
ここでは後者の意味で『連携』という言葉を使っていこうと思う。


・CA(コンビネーションアタック)の性質を知る

連携を語るうえで忘れてはいけないのがCAだ。
CAには段階があり、相手を打ち上げる所から始まって、叩き付けて(CA)、叩き起こして(CC)、最後に二人同時攻撃(CB)で吹っ飛ばしてフィニッシュ。

表にまとめるとこんな感じになる。

技名
(略称)
行動名称コマンド
(入力者)
コンビネーション始動技
(CA始動、打ち上げ始動)
打ち上げ例:
ルフィの△□等
(プレイヤーA)
コンビネーションアタック
(CA)
叩き付け打ち上げ後に△
(プレイヤーB)
クロスチェイン
(CC)
叩き起こし叩き付け後に△
(プレイヤーA)
クロスブレイク
(CB)
同時攻撃⇒
吹っ飛ばし
叩き起こした敵に△
(AとB片方または両方)

「繋がる技」と「繋がらない技」を覚える

Jスターズには『ダウン値』というシステムがある。
『ダウン値』はプレイヤーがゲーム中で見ることが
できない内部数値だが、この数値が上限まで達した
キャラは強制吹っ飛び(無敵状態つき)になる。
そしてゲーム中の大半の技には『ダウン値』が設定
されていてヒットする度に溜まっていく。

つまり連携を組むうえで『ダウン値』は避けては通れない
要素だということ。
特に気を付けるべきなのは『ダウン値が高い技』と
ダウン値が低い技であっても一発でもヒットしたら強制吹っ飛びになる状態』だ。

味方を援護しているつもりが、逆に味方の足を引っ張ってしまわない様に注意したい。

また、スタン(痺れ)状態膝崩れ状態倒れている状態
などの相手に対して、どんな攻撃ならコンボに繋げられる
かも知っておく必要がある。



  • スタン⇒膝崩れループ
千鳥やナルカミ等で痺れている状態(以下スタン状態)の敵に対して膝崩れになる技を当てると膝崩れ状態に変化させる事ができる。ここから単独コンボに持っていったり、味方と連携してスタン➡膝崩れ➡スタンでループさせたり出来る。


  • 叩き起こし(叩き起こしコンボ)

味方の攻撃によって倒れた敵を自身の攻撃で叩き起こして
コンボに繋げる連携技術。

普通、倒れている敵を攻撃すると大抵は転がして途切れて
しまうが、『叩き起こし技(通称)』を使うことで連携が
繋がる様になる。

キャラ叩き起こし技
殺せんせーR□(範囲攻撃)、△□(△は当てない)
斉木R○、D□>□>R○(すぐに左ティック上)
ツナ↑○、空中↑○、○>途中でバーストモード
(R□>)↑○
銀時密着して○、□○、空中□>○
ぬ~べ~△□
両津密着して○、R□、
(□orダッシュ□or空中>)R△
ジョセフダッシュ□(当たり判定の最後の部分のみ)
トリコ△、□or空中□or密着↑○>△□
星矢(空中□□□>)□>R△
太郎○・↓○・↓○、
(ムキーー!!状態で)□>前ステップ>R□
アラレ
孫悟空ダッシュ□(当てない)△or空中前ステ□>□
ベジータ↑○、(バウンドに合わせて)R□△、
ダッシュ□(当てない)□□>空中○
フリーザ微溜め△、ダッシュ□□(一部キャラ以外は
正面限定)
ナルト(ステップ>)△△□、▢>△□、○
サスケ(ステップ>)△△△、○
マダラ
ゴン□>△□、△△□、R□、▢(or△)○↑(前ステ)○
※叩き起こしでは無いが安定した火力
キルア□or(ダッシュ□)>△□
一護□>△□、△△□、R○、△>瞬歩>△□、
□(当てない)△△瞬歩>ダッシュ>ジャンプ
>空中□>R○
藍染△□、(バウンドに合わせて)○
男鹿空中□>□△△、(バウンドに合わせて)△
ケンシロウ
ラオウR□
めだか(□orダッシュ□>)△□、↑○
飛影△□、(△>)R○、空中□>R○、↑○
戸愚呂空中□
剣心R○、□orダッシュ□>R△>(納刀中)□
志々雄□orダッシュ□>△□、↑○(初段は当てない)
ルフィ△□、□>△□
エースR□・□、ロック外し□△(□は当てない)
赤犬↑○・○


・「繋げるべき技」を理解する

前の章では「繋がる技」を覚える様にと書いたが、今度は
その中から『繋げるべき技』を見つける必要がある。
もっと言えば、『繋がらない技』だとしても状況によっては最善手になりうる場合もある。


  • ダウン値ギリの相手に対して

CCを当てた後や他の特定の技を当てるとダウン値ギリの
状態になる。この状態でダウン値のある通常技を当てる
と連携が途切れてしまう。普通の□攻撃みたいな1ヒット
の威力が低い攻撃を当ててしまってもおしまいだ。
しかし、一部の技を続けて当てれば効率良くダメージを稼ぐことができる。

ダウン値ギリの相手に有効な技
ダウン値の無い技、1ヒットで打ち上げられる技、
1ヒットで高い威力の技、高ダメージの掴み技(一部)

例:ダッシュガトリング、ジャスタウェイ、火拳、
ジャンケン・グー、ペガサスローリングクラッシュ、



・CA関連について詳しく知る

CA関連に対しての知識をさらに深めていこう。


  • 打ち上げループ(CAループ)

打ち上げてCAを決めた相手をもう一度打ち上げる
テクニックのこと。

キャラやり方
斉木
銀時
ジョセフ
太郎
ラッキーマン
ベジータ
フリーザ
ナルト
サスケ
ボーボボ
剣心
ルフィ


  • キャンセルCA(キャンセルCC)

技の発動中にCAまたはCCで技の硬直を無くせる。

キャラ使用例
ルフィ打ち上げる>味方がCA>R×(ギア2)>
キャンセルCC>ダッシュガトリング
太郎味方が打ち上げる>ムキー!>キャンセルCA>
味方がCC>範囲攻撃で打ち上げループ


  • CB後の追撃

一部のキャラのCB(クロスブレイク)は吹っ飛ばした後の受け身が取れないので追撃が繋がる。

CBの受け身が取れないキャラ
トリコ、ゴン、一護、幽助、剣心、志々雄


小技について

  • ガーブレ2体当て

一部のキャラはガードブレイクが当たる瞬間にロック切り替えをする事で2人当てが出来る。

ガーブレ2体当て可能なキャラ
男鹿、アラレ(ダッシュからの派生のみ)、サスケ、
トリコ、マダラ、ぬ~べ~、桃 etc


  • キノコバグ(無敵バグ)

ペンギン村にあるキノコの形をした家の場所で一部の技を
使うと全ての技の当たり判定が無くなる(キノコバグ又
は無敵バグ)。その技が出ている間は全員が無敵状態に
なる。マダラの豪火滅却、戸愚呂の喝などが有名。

これを利用すれば味方が超必を受けているのを助けたり出来るが、気楽部屋で使用するのはやめましょう。(キノコバグは嫌われやすい行為の1つ)

キノコバグが発生する技(現時点で判明しているもの)
豪火滅却、喝、落雷、ジャンケン・チー、風遁・螺旋手裏剣


  • 岩バグ(サイコビット無効化)
斉木の『サイコビット』という技は、当たり判定のある
岩を自身の周りに纏う強力な技だ。
しかし、「特定の攻撃を当てると岩の判定が消える」
というバグが存在する。
岩バグが可能な技
ロケットランチャー、千鳥、地上Xバースト、うちは返し
メロメロメロウ、三十六連、百連釘パンチ、疾風迅雷、
天翔龍閃、ラッキーパンチ、ルフィのガードブレイク

ちなみに岩バグが発生した後に、斉木が岩を飛ばすと
当たり判定が戻る。




[小技/連携編]は以上となります。
[立ち回り編]
[ジャストガード編]


トップページに戻る


このページのコメント