攻略記事

【Jスタ】うちはサスケ(プレイアブルキャラ)の解説と性能評価

うちはサスケについて解説していきます。

うちはサスケの基本データ

基本性能

ジャストガード通常防御力低い
スタミナゲージ本数2本スタミナ
自然回復
普通
スタミナ溜め種類:スタミナ倍加(中断可能)
溜まる速度:-

コマンド入力すると専用のモーションに
入り、しばらく長押しするとスタミナの
現在値が2倍になる。
スタミナが最大値を越えることはない。

ジャンプ性能2段
ジャンプ
空中ダッシュ-
ステップ速度速い空中ステップ-
□初段の性能仰け反り:弱
<出の速さ>
追尾ステップなし:速い
追尾ステップあり:普通

<追尾性能>
追尾距離:長い
空中追尾あり

範囲攻撃スタン ※ダウン値高め
<出の速さ>
速い
<技の当たり判定>
範囲:自身の周囲
リーチ:普通
持続:やや長い
無敵時間:やや優秀
ガードブレイク膝崩れ(弱)
<出の速さ>
至近距離:速い
少し離れた状態:速い
<追尾性能>
追尾距離:長い
空中追尾:あり
<技の当たり判定>
範囲:前方
リーチ:やや長い
持続:やや長い
ダッシュ□膝崩れ:(強) ※ダウン値高め
<出の速さ>
普通
<追尾性能>
やや優秀
<技の当たり判定>
範囲:やや広い
リーチ:やや長い
持続:長い
※ガード削りが強い
※めくり判定あり

キャラ特性

スタミナ倍加中断スタミナ溜めのタイプが『倍加』
のキャラはナルト・サスケ・マダラの3体いるが、スタミナ倍加を
任意で中断できるのはサスケだけである。
超必バグサスケのみ、なぜか超必ゲージが
残りわずかになっても超必を使用できてしまう。しかも味方が超必を発動している間にも使える。
これらを利用して、味方と合わせて超必を最大3回も使用できる。

固有技/テクニック

クナイ投げ
(空中△)
空中で△を押すとクナイを投げて攻撃する。スタミナ消費無し。

発生・誘導性能が優秀でカットや
コンボ始動などで使える。
角度によってはガードをめくったり、通常ジャスガで避けきれない
場合もある。

空中にいる敵にヒットさせた場合でも△や千鳥が繋がることも。

ステップ△ステップ後に△を押すと、△攻撃
を予備動作無しで素早く出すことができる。
その際、追尾ステップは発生しない。前ステップで距離を詰めてから△で攻撃しよう。
ガーブレ2体当てガーブレを1体目に当てた瞬間にロックを切り替えると、もう一方
の敵にも当てることができる。
ダッシュ□先端当てダッシュ□を当てる時、刀身の先端
のみを相手にヒットさせる様にすると、そこから範囲攻撃や△攻撃
が繋がる。
要するに、ダッシュ□を出してから
相手に当たるまでのタイミングを
遅らせるということである。
特殊避けガーブレ相手の特殊ジャスガの判定が届かないくらいの微妙に離れた距離でガーブレを出す。
ガーブレのリーチの長さを活かした小技。
あまり距離が離れすぎていると
ガーブレ時に追尾ステップが発生
してしまうので注意。
千鳥ループ相手を浮かした状態で千鳥を当てると、もう一度コンボに繋がる。
上手くいけば10割コンボも可能。
カグツチトラップ超必のカグツチを建物に当てると
判定が残る。それに敵が触れると
爆発して大ダメージ。

必殺技

・火遁・豪火球(かとん・ごうかきゅう)の術

コマンド空中発動可能
スタミナ消費3目盛りダッシュ中発動-

簡易解説キャラ1体分ほどの大きさの火球を前方に
発射する。地上でのみ↓○で斜め上に発射。
火球に当たった敵は吹っ飛ぶ。

弾速は非常に遅いが相手を追尾してくれる。
主に広範囲技や特殊ジャスガの影響を受けずに中距離からカットしたい時に使用する。
が、基本的にはクナイ投げ(空中△)で十分である。

一応、時間差攻撃やフリーザの低空3連対策
などにも使える。


・千鳥(ちどり)

コマンド↑○空中発動-
スタミナ消費4目盛りダッシュ中発動-
簡易解説相手を追尾して千鳥をお見舞いする。
当たった敵はスタン状態になる。
吹っ飛び落下した敵を叩き起こすことが
できる。また、相手が浮いた状態で当てると
コンボに繋がる。

・万華鏡写輪眼・天照
 (まんげきょうしゃりんがん・あまてらす)

コマンドR○空中発動-
スタミナ消費2~目盛りダッシュ中発動-

簡易解説ロックしている相手を遠隔攻撃して、
当たった相手の体力とスタミナを徐々に
削る。長押しでスタミナが続く限り継続可。

相手との位置関係・障害物に影響されず、
どこにいても当てることができる。
ガード不能なうえに、ジャスガか何かしらの
手段によって高速で移動しないと避けることができない。

超必殺技

・須佐能乎(スサノオ)

簡易解説『須佐能乎』状態になる。基本的には無敵。

この状態になると、ダッシュなどの基本行動
ができなくなる代わりに次の様な操作が可能
になる。

<『須佐能乎』状態で可能な操作>
薙ぎ払い
(近接攻撃)
□□□/□△または□□△で弓矢に繋がる
弓矢
(飛び道具)
△、または○かR□
空中攻撃空中で□(△)
移動左スティック
2段ジャンプ通常時と同じ
CA,CC,CB通常時と同じ
超必殺技超必コマンドを入力

・須佐能乎・炎遁・加具土命
 (すさのお・えんとん・かぐつち)

簡易解説『須佐能乎』状態の時に発動できる。
水平方向に飛ぶ巨大な矢を放ち、
着弾すると爆発。ガード削りが強い。

建物に当たると判定が残り、それに敵が
触れると爆発して大ダメージ。

うちはサスケの評価

操作性/潜在性能

扱いやすさ★★★★★★★ Great!
ポテンシャル★★★★★★★ Great!

火力

瞬間火力★★☆☆☆☆☆
コンボ火力★★★★★★

シチュエーション別評価

タイマン★★★★★☆☆
乱戦★★★★★☆☆
援護性能★★★★★★★ Great!
ガード崩し性能★★★★★★★ Great!
コンボカット耐性★★★★☆☆☆
ジャストガード耐性★★★★★☆☆
タイムアドバンテージ
の取りやすさ
★★★☆☆☆☆

各距離ごとの優位性

近距離★★★★★☆☆
中距離★★★★★★★
遠距離★★★★★★

うちはサスケの強いところ

  • スタミナを消費せずに優秀な飛び道具を使える
  • 防御力の低さを除けば、全ての性能が高水準
  • 技の対ガード性能・対ジャスガ性能が高い
  • 超必がバグっている

うちはサスケの弱いところ

  • 防御力が低い

総合評価

総合評価
Sランク(厨キャラ)
全距離万能型/援護&コンボ重視キャラ/タイマン向き
おすすめのバーストタイプ
勝利(攻撃力アップ)
キャラ解説
防御が低いこと以外は、これといった欠点が無い。
全ての技が高性能で、特にクナイ投げと超必が強力。

全体的に技のガード削りが強く、△コンボとダッシュ□は
相手のスタミナを一瞬で奪うことができる。
また、位置関係によってはジャスガでも避けきれなかったり
めくったりする技もある。

コンボ火力が高く、段差などで相手が浮いた状態で千鳥を
当てると再びコンボが繋がり、10割コンボも可能である。

うちはサスケの火力

瞬間火力の高い技

・ダッシュ□

最大2ヒットで大ダメージ。
距離が近すぎたり遠すぎたりすると1ヒットに。
技単体での火力は千鳥が高い。


コンボ/連携

コンボ例


・コンボA(クナイ投げ始動)☜おすすめ!

クナイ投げ>□□△△>千鳥

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★

・コンボB(クナイ投げ始動)☜おすすめ!

クナイ投げ>△△□>△△△>少し歩いて近づく>ガーブレ

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★

・コンボC(R□始動)☜おすすめ!

R□>ガーブレ>△△□>△△△>歩いて近づく>ガーブレ

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★

・コンボD(ダッシュ□始動:その1)☜おすすめ!

ダッシュ□千鳥

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★★★

・コンボE(ダッシュ□始動:その2)

ダッシュ□(先端当て)>R□>ガーブレ>△△□>△△△>
歩いて近づく>ガーブレ

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★


・コンボF(□始動)

□△△△>万華鏡写輪眼・天照(相手次第で効果を延長)

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★

・コンボG(サポケン千鳥ループ)

サポケン>吹っ飛ぶ方向へ先回り>□□千鳥>□□千鳥>
△△□千鳥

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★★

・コンボH(バーキャン千鳥ループ:その1)

□□△>(△が当たった瞬間に)バースト発動>□□千鳥>
□□千鳥

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★

・コンボI(バーキャン千鳥ループ:その2)

△△>(最終弾が当たった瞬間に)バースト発動>□□千鳥>
□□千鳥

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★★★

・コンボJ(超必確定コンボ)

相手を浮かせた状態で千鳥>最終段がヒットした瞬間に
バースト発動>超必>超必

火力安定性カット耐性拘束時間
★★★★★★★★★★★★★

ダウン値に注意!
範囲攻撃・ダッシュ□はダウン値が高め。
この2つを使用した場合は千鳥ループが
成功しても単独で10割コンボは成立しない。
コンボを千鳥で締めるよりは、打ち上げた方が
最終的な火力は見込める場面が多く、一定のスタミナを確保できるのも乱戦状況なら有利に働く。
段差と周囲の状況を確認して使い分けよう。

  • 優秀なコンボ始動技
クナイ投げ低リスクで最も安定した始動技。
相手にとっては対処が難しい技。
範囲攻撃無敵時間と判定が優秀。
一部のキャラはガードから
反撃確定なので注意。
ガードブレイク発生と追尾性能が優秀。
2体当てが可能。
ただし、ステップかジャスガで
回避されると反撃確定。
相手の無敵技にも注意。
□△隙が小さくて反撃を受けにくい。
特殊ジャスガ持ちには使わない。

連携の例


・連携パターンA(豪火球キャンセルCA)

味方が打ち上げた敵に豪火球>キャンセルCA


・連携パターンB(固め天照)

味方の攻撃をガードしている敵に天照(ガーブレでも可能)

うちはサスケの立ち回り

基本的には中・遠距離で立ち回る

基本的な立ち回りとしては、中距離からクナイ投げで
味方の援護とコンボ始動を狙っていくのが無難だろう。
中距離戦で勝てない相手には、遠距離から天照で攻撃を
して安全にダメージを稼ごう。その際、建物の陰に隠れて
発動すれば、より安心である。

サスケは近距離戦も十分いけるが油断してはいけない。
相手に接近した場合は相応のリスクを伴うのだ。
例えば、特殊ジャスガやサポートによる反撃など、
サスケの性能だけでは対応しきれないモノもある。
それらを事前に回避しつつ立ち回れる手段があるのに
利用しないのは損である。

クナイ投げが通用する相手か見極める

大抵のキャラにとってクナイ投げは対処が困難な技だ。
しかし、マダラ・飛影・殺せんせー・フリーザ・アラレ
などは比較的容易に対処できるので、そういう相手に安易にクナイ投げを連発するのはやめた方がいい。
安定行動と思っていても、実はこちらが一方的にリスクを負っているだけかもしれないからだ。
そういった時は、乱戦時の不意打ちや固め状態などで
使用しよう。

遠距離型には斜め移動と豪火球&天照

フリーザ・幽助などの強力な遠距離型キャラには斜め歩き
と斜めダッシュで接近しよう。
また、フリーザの低空3連は豪火球で壁を作って防ぐこと
ができる。あるいは壊れない建物の後ろから天照で攻撃
するのも有効。

近距離戦が強いキャラには『逃げクナイ』

一護・斉木・ボーボボなど、サスケが絶対に近距離戦を
挑んではいけないキャラがいる。
そういう相手にはバックダッシュで逃げながらクナイ投げ
で対応しよう。決して、相手の有利な間合いで戦わない様にしよう。

VSうちはサスケの対策

クナイは確実にガードする

サスケがジャンプしたら、まずはガードすることを意識
しよう。
遠距離からのクナイ投げは、めくれないのでガードで
確実に防ごう。
サスケが中距離でジャンプした時は、クナイ投げに合わせ
てガードを押し直すとジャスガしやすい。可能なキャラで
あれば、サスケがジャンプしたタイミングで前ステップ>ダッシュで一気に間合いを詰めることもできる。

接近戦でもガードを固めて受け気味に戦う

サスケとの接近戦で脅威なのがガーブレと範囲攻撃だ。
特に範囲攻撃は、ジャスガしても避けきれないことも。
□攻撃も発生が速いので、見てからジャスガは難しい。

サスケと接近戦になったら、まずはガードで守って
ガーブレを振ってきたらジャスガか無敵技で返り討ちに
しよう。範囲攻撃はガードで防げば反撃できる。

次に警戒すべきは、ステップしてからの△または
ダッシュ□だろう。どちらもガード削りが強力なので
ガードで受けるわけにはいかない。
サスケがステップするのを見たら、それらを出す前に
□攻撃で潰そう。その際、仕込みジャスガも忘れずに。

遠距離からの天照に注意

サスケを放置してしまうと、まず確実に遠距離からの
天照が飛んでくる。なので、原則としてサスケは放置せず
天照は発動させない様にしよう。

天照を使われたら、ほとんどのキャラはジャスガでしか
回避できない。(一部例外あり)
ジャスガのタイミングは、サスケのセリフの「まんげきょうしゃ…」の部分。

超必への対処の仕方

一番最悪な状況といえばサスケに目の前でバーストモード
に入られることだろう。そうなると逃げることができず、
サポートで強引に超必確定を作られてしまう。

それを回避する為には、まずはバーストゲージの状態を
把握してサスケと一定の距離を取るのが基本と言える。

サスケが『須佐能乎』状態になったら、可能なキャラで
あれば空中ダッシュで逃げよう。『カグツチ』は水平に
しか飛ばないので空中なら当たらない。(弓矢は当たるが)
それが無理なキャラであれば、やはり十分な距離を取って
建物の陰に隠れたり高台に上ったりしよう。
弓矢はガードで確実に防ぎ、『カグツチ』を発動したら
ジャンプで回避しよう。

『カグツチ』は、『んちゃ砲』『豪火球』『デスビーム』
『火銃』などの飛び道具や『断空』『音壁』で打ち消す
こともできる。

キャラ性能を活用する

プレイヤーの技術だけでは困難な状況も、キャラの性能を
フルに活かすことで対処しやすくなる。

例えば、クナイ投げに対してはマダラの『鶏歩き』や殺せんせーの『ミサイルカウンター』、フリーザの『低空3連』などで対処できるし、瞬間火力が高いキャラであれば
接近してきたところをサポートで捕まえて強引に倒すこと
もできる。

これは何も強キャラに限った話ではない。
ナルトやアラレなら『影分身』『ガッちゃん』といった
設置系の技をサスケのジャンプに合わせるだけで接近戦
では負けない。ジョナサンであれば、ダッシュ□の突進力
を活かしてクナイ投げをかいくぐれるし、接近戦では
ガーブレとステップにR○を合わせていれば不利にはなら
ない。

このゲームは、どのキャラも大なり小なり個性と強みを
何かしら持っており、それを最大限に活かすことで上位
キャラが相手でも勝てるチャンスがあるのだ。




トップページに戻る


このページのコメント