攻略記事

「市民」の役割と立ち回りのコツ


人狼ジャッジメントにおける「市民」の役割や立ち回り、ワンポイントアドバイスを紹介しています。人狼ジャッジメントをプレイする際は、ぜひ参考にしてみてください。
※ページの不備や攻略内容の改善案がある場合はコメントください。

「市民」の基本情報

概要
なんの能力も持たないただの人。
逆に、なんの能力も持っていないからこそ、人狼に噛まれることを恐れず、自分の推論を述べることができる。
ただし、自分から市民であることを明かすことは悪手である。なぜなら特別な役職の潜伏枠を狭めることになるからだ。
基本的には役職者の盾となり、市民陣営の勝利のため、処刑されることもいとわない心構えが必要となる。
陣営カウント市民
襲撃結果死亡
占い結果人狼でない
霊能結果人狼でない

「市民」の特徴・役割

特徴
・固有能力なし
・襲撃されても市民陣営のデメリットは少ない。
・回避がないため、人狼のSG位置にされやすい。

SG=スケープゴートの略。身代わりという意味。
なんの能力の持たない市民陣営。
能力がないため有用性が低い、気楽にできると思われがちだが、脅威噛み(襲撃)されても市民陣営にデメリットはあまりないため、市民の推理や発言に勝敗が大きく左右することもある。
市民陣営が勝利するためのムーブが非常に重要になる役職であるといえる。

「市民」の立ち回り解説

寡黙にならないように!


基本的に情報量の少ない初日や2日目は寡黙であると吊り位置に上がるのは、皆さんご存知の通りです。
回避もないため吊り位置として指定が入ると吊られるしかないため人狼の思うツボです。
まずは、積極的に発言をして黒位置をあげるなどドンドン考察を落としつつ殴っていきましょう。
人狼の脅威噛みによって他の役職を保護できる・猫又がいる場合はあなたが噛まれづらくなる。など有効です。

市民はウソをつかない!(騙りは出来るだけ避ける。)


上級者は他の役職を保護するためのアーマーや、意図的に自分以外(猫又やサイコなど)を噛ませるために、市民騙りをすることがあります。
あなたが村目をしっかりとれていて、意図をキチンと説明できるのであれば状況によってはとても有効的ですが、場合によっては逆に対抗に真が出ることで透けてしまう上に、市民であるあなたが人狼として疑われ、吊られてしまいます。
まずはウソをつかずにしっかりと村目を取るところからでしょう。

自ら人柱となるのはヤメよう!


自ら人柱発言をすると生存意欲が無いとして、黒目になりがちです。生存意欲はハッキリと!
あなたの思う黒位置をしっかり考察して殴っていきましょう。
ただし、女王がいる。グレーに強力な役職がいる。など、場合によっては序盤は吊られる覚悟も必要です。
このページのコメント