最終更新日:15/08/06 23:08

剣術士(ナイト)の戦い方

剣術士の使い方

剣術士の特徴

敵視を集め、パーティーでは盾役を担当します。
(tankとも呼ばれます)
防具をそろえることで防御力も高く
攻撃力高めるコンボシステムを持ち
ダンジョンでは先導なども行う事が多い
中級者向けクラスです
上位ジョブ:ナイト(戦士の場合はLV15必要です)

ソロでの戦い方

LV1~



この段階ではTPが有り余っているので
ファストブレードをリキャストごとに連打できる。

LV4~


サベッジブレードを習得する。
コンボシステムを利用可能になる。
ファストブレードからのサベッジブレードの連打で
高火力を出すことができ、追加効果で「敵視」を上げる効果もある。

LV12~



ライオットソードを習得する。
コンボ時のダメージ修正が30増えるので、
ソロの場合ファストブレードからライオットソードに変更

LV15~


シールドロブを習得。敵を釣るアビリティとして有効。
※取得方法は剣術LV15のクラスクエストです。

LV26~


レイジ・オブ・ハルオーネを習得する。
ファストブレードより「敵視」を上げる事ができるので
更にターゲットを集めやすくなる。


パーティでの戦い方

盾役なので他のアタッカーやヒーラーを
安全に保つことが最優先にします。
あると便利なマクロ
「/marking circle <t>」
自分の攻撃している対象にマークをつけます。

LV10~



フラッシュで範囲の敵の敵視を集める。ファストブレードには「敵視アップ」がついていないので開幕に有効。

コンボの追加効果「敵視アップ」を有効に使うため
開幕では特にファストブレード→サベッジブレードの
コンボを優先して使います。


LV26~



レイジ・オブ・ハルオーネを習得する。
3段階目で更に「敵視」を集める事ができるので
開幕からターゲットを集めやすくなる。

LV30~



忠義の剣を習得(オートアタック時に追加ダメージを与える)
戦闘開始前に使うのがポイント

LV40~



忠義の盾を習得(自身の被ダメージを20%減少+敵視UP・攻撃DOWN)
被ダメージが大幅に下がるので重要。
パーティの場合は開幕にほぼ毎回使います。

LV50



インビンジブルを習得(クラスクエスト)
10秒程、ほとんどのダメージを無効にします。

lv52



シェルトロンを習得(クラスクエスト)
10秒間の間受けた【物理スキル攻撃・通常攻撃】を1回だけ必ず受け流す
受け流しに成功した場合、MPが回復する
シールドスワイプを自分の意思で発動できる強みがある
【魔法攻撃】には無効な為、注意

LV54



ゴアブレードを習得(クラスクエスト)
対象に敵視ボーナスの無い攻撃+Dot効果を付与する
派生ルート:ファストブレード→ライオットソード→ゴアブレード
戦士アディショナル[フラクチャー]を使用するより優秀

LV56



ディヴァインベールを習得(クラスクエスト)
回復を受けた際に、範囲内のパーティーメンバーにバリアを張る
効果はナイト自身のMAXHPの10%
他のバリア系スキルに重ねて使用できる為、非常に便利
リキャストが長い為、敵の強力な全体攻撃に合わせると良い
使用してからの受付時間が30秒の為、早めに使用すると効果的

LV58



クレメンシーを習得(クラスクエスト)
回復系スキル
パーティーメンバーに実行した場合は自身も数値の50%回復
消費MPが高い為、連打できないので注意

LV60



ロイアルアソリティを習得(クラスクエスト)
対象に敵視ボーナスの無い攻撃
派生ルート:ファストブレード→サベッジブレード→ロイヤルアソリティ
敵視ボーナスの無い強力な攻撃の為、火力を出したい時に使用すると良い

中盤以降の戦い方


50以降の戦闘では相手のWSを止める事の出来るシールドバッシュが活躍します。

インスタンスダンジョン等

・シールドロブで釣り
・挑発で釣り(遠い時用)

開幕にフラッシュを1~2回
その後に「ハルオーネ」のコンボをすると
ターゲットが安定します。

敵が複数の乱戦の場合は
フラッシュの連打が有効です。

おすすめのアディショナルスキル

ナイトの場合、剣・幻・斧が利用可能。
幻:ケアル(LV2)・レイズ(LV12)・ストンスキン(LV34)・プロテス(LV8)
斧:フォーサイト(LV2)・ブラッドバス(LV8)・マーシーストローク(LV26)
プロテスの仕様が全ジョブ共通に修正された為、選択肢に入るようになった

LV50からの戦い方

基本的なコンボ

【敵視をまず稼ぐ場合】
ヘイトコンボ

ファストブレード→サベッジブレード→レイジ・オブ・ハルオーネ

【敵視が十分に稼げている場合】
MP吸収ルート

ファストブレード→ライオットソード

ID

  • 敵にマーカーをつけてから釣る
  • 釣った敵の数と同じ回数のフラッシュをする
  • 番号の順番にファイトオアフライトを使用しながらハルオコンボ

討滅戦

  • (ペアのタンクがいる場合はペアにフォーカスターゲット)
  • 各種ギミックを覚えてハルオコンボ
  • タゲ交代のタイミングで挑発→フラッシュをする
ファストブレードを打った後だとタゲが取りやすい
自分がSTに回る時はライオットソードコンボを混ぜると安全

LV60からの戦い方

基本的なコンボ

【敵視をまず稼ぐ場合】
ヘイトコンボ

ファストブレード→サベッジブレード→レイジ・オブ・ハルオーネ

【敵視が十分に稼げている場合】
Dot付与ルート

ファストブレード→ライオットソード→ゴアブレード

火力ルート

ファストブレード→サベッジブレード→ロイヤルアソリティ

ID

  • ハルオコンボ以外にゴアブレードコンボ・ロイヤルアソリティコンボが使用可能
  • パーティメンバー全体の火力が上がり、ヘイト管理がシビアになるので注意してゲージを見る事
戦闘中、コンボ終了時などのGCDを阻害しない時にフラッシュを追加すると効果的

討滅戦

  • MT時→ヘイトが安定したらゴアブレード・ロイヤルアソリティを使い分ける
  • ST時→ゴアブレード・ロイヤルアソリティをメインに火力を出す
  • バリアを展開する時に合わせて早めにディヴァインベールを使用すると良い
  • 待機中にペアのタンクにストンスキンやクレメンシーを使用した補助が可能
  • シェルトロンはリキャスト30秒の為、常に使いつつシールドスワイプでTPを調整

戦い方のコツ・ポイント

防御バフの整理

【リキャストを含めたお勧めの組み合わせ】

+
ランパート+アウェアネス
[強力な連続攻撃のクリティカルを封じつつ直後のAAの被ダメージを抑える]

+
フォーサイト+コンバレセンス
[物理防御と回復力を上げることで被ダメージを抑えつつ回復で補う]


センチネル
[予め指定した強力な攻撃に対しての被ダメージを抑える]


ブルワーク
[物理攻撃やAAに対して有効、シールドスワイプの発動率を上げてTPを調整する]


ブラッドバス
[リキャストごとに使用する事で安定性を高める]


鋼の意思
[Lv60以降のコンテンツでは非常に便利なので何時でも使用できる様に準備しておく]

火力の底上げ

【ランパートを防御バフとして使用する必要性が少ない状況の場合】

忠義の剣+ランパート
[忠義の剣のデメリットである被ダメージ減少無し効果をランパートで補い火力を出す]
ランパート終了時に必ず忠義の盾に戻す事
忠義の剣に変更時、被ダメージが20%上昇だがランパートの物理防御20%上昇で補い±0
【対ボス・レイドコンテンツなどでヘイトが安定する中盤以降】

ハルオコンボ+ゴアブレードルートorロイヤルアソリティルート
[レイジ・オブ・ハルオーネのSTR減少効果を切らさずにさらに火力を出す]

この2点と秘薬などの薬を併用することで火力を一時的に底上げする事ができる
【コンボ例】
 忠義の剣→ファイト・オア・フライト
→ファストブレード→ランパート→サベッジブレード→秘薬使用→レイジ・オブ・ハルオーネ
→ファストブレード→スピリッツウィズイン→ライオットソード
→サークル・オブ・ドゥーム→ゴアブレード
→ファストブレード→サベッジブレード→ロイヤルアソリティ
忠義の盾
  • ランパートの残り時間によってはシールドスワイプも視野に入れる
対象の敵が長い詠唱中などで硬直している、又はSTの時はランパート無しで全力攻撃

関連ページ

このページのコメント