最終更新日:14/10/13 17:27

斧術士(戦士)の戦い方

斧術士の使い方

斧術士の特徴

剣術士と同じく盾役を担当します。(Tankとも呼ばれます)
剣術士に比べ、盾が無い分HPが高く
HPを回復するスキルや攻撃重視のスキルも習得する
やや攻撃寄りのクラスです
上位ジョブ:戦士(斧術士LV30の他、剣術士LV15が必要です)

ソロでの戦い方

LV1~


この段階ではTPが有り余っているので
ヘヴィスウィングをリキャストごとに連打できます。

LV4~


スカルサンダーを習得します。
対象に物理ダメージを与え、敵視にボーナスの付くスキルです。
コンボシステムが利用可能になり、ヘヴィスウィングのあとに
スカルサンダーを撃つことで威力が200に上がります。
交互に撃つことでヘヴィスウィングを連打するよりも高いダメージを与えることができます。

LV10~


ブルータルスウィングを習得します。
対象に物理ダメージを与え、数秒間スタンを付加するスキルです。
斧術士(戦士)唯一のスタン技です。
敵が赤いフィールドを出して技を構えた時に使うと
その技を止めることができます。
ただし、スタンの発動が確実でないのと、スタンを使い過ぎると
レジストされる確立が上がっていくので注意が必要です。


パーティでの戦い方

盾役なので味方を範囲に巻き込まないように位置取りしつつ戦います。
アディショナルスキルのフラッシュやオーバーパワーを使い
複数の敵のターゲットを集めることを得意とします。

LV6~


フラクチャーを習得します。
対象に物理ダメージを与え、継続ダメージを付加するスキルです。
ボスなどの長期化しやすくなる戦闘で継続ダメージを
与えるスキルを使うとよりダメージを稼ぎやすくなり
継続ダメージによるヘイトでターゲットを維持しやすくなります。

LV12~


オーバーパワーを習得します。
前方扇範囲の対象に物理ダメージを与えるスキルです。
ヘイトが高いので複数の敵との戦闘時にまとめてターゲットを取るのに役立ちます。
ただし、後衛がスリプルやバインドで足止めをした際に巻き込んでしまうと
それらの効果を解いてしまうので注意が必要です。
また、消費TPが130と多めな所にも注意しましょう。
ブラッドバスとの相性がよく、同時使用がオススメ

おすすめのアディショナルスキル

戦士の場合、斧・剣・格が利用可能。
剣:フラッシュ(LV8)・コンバレセンス(LV10)・挑発(22)
格:内丹(LV8)・発勁(LV12)・マントラ(LV42)

LV50からの戦い方

基本的なコンボ

ヘヴィスイング⇒スカルサンダー⇒ボーラアクス
⇒ヘヴィスイング⇒メイム⇒シュトルムヴィント
⇒フラクチャー

サブタンクの時の基本的なコンボ

⇒ヘヴィスイング⇒メイム⇒シュトルムヴィント
⇒フラクチャー
⇒ヘヴィスイング⇒メイム⇒シュトルムブレハ

戦士でラースを5貯めたらどうしたらいいの?

ラースの使い道は現状では3種類
  • スチールサイクロン(範囲攻撃+高ヘイト)
敵がPOPするタイミングなどで使用。IDや討伐戦の雑魚対策に!
  • 原初の魂(攻撃してHPを回復しつつ20%のダメージカット)
討伐戦等では大ダメージWSの前で使用
  • アンチェインド(攻撃力アップ)
開幕やラースを余らせている時はアンチェインドとバーサクと合わせて高ダメージ+高ヘイトで効果抜群

戦い方のコツ・ポイント

このページのコメント