最終更新日:16/02/05 18:44

一斉攻撃、全体合わせについて

上位の軍団では必ずと言っていいほどやっている
合戦中の攻撃で
一斉攻撃、または、全体合わせというものがあります。
これらは呼び名が違うだけで同じものです。

要は前衛さんが強力な全体攻撃スキルを
同じ時間に打って相手を全員同時に気絶させ
攻城モードにもっていくための作戦です。



一斉攻撃のやり方


前衛は全体攻撃、もしくは複数攻撃で実行です。
基本的には奥義で効果が上がる全体攻撃スキルがいいですが、
持っていない場合や、一斉の時間に該当のスキルがこなかった場合
はやむなく複数攻撃で実行です。


前衛だけでなく、後衛のメンバーも
一斉に参加した方が精度が上がります。

後衛のメンバーは、

バフであれば攻撃力が上がる強力なスキルを
一斉前10秒前くらいから3,4回打つ
逆境、雄叫び、先導、結晶、初芽、覚醒系の武将など

デバフであれば攻撃力と防御力が下がる強力なスキルを
一斉前10秒前くらいから3,4回打つ
決壊、初芽、覚醒系の武将など

回復であれば結晶を
一斉前10秒前くらいから3,4回打つ

といった感じです。


一斉の直前から後衛のメンバーも含めて
自軍の攻撃力をあげ、相手の防御力を下げることで
最大限ダメージを与えられるように集中します。


一斉攻撃のタイミング


一斉攻撃のタイミングはいつやるのがいいかは
軍団によって異なりますが
1奥義中に2回〜3回程度からまずはやってみるといいです。

それ以上は前衛さんのデッキや
後衛の支援が可能な範囲で増やしてみてもいいと思います。

1奥義3回の場合は例えば
奥義発動中3分奥義の場合
残2:40,1:30,0:20
とかです。

前衛さんの意見を聞きつつ調整していくとよいでしょう。

結局のところ、攻城しなければほぼ勝つことはできないため
どれだけ攻城にいけるかの勝負となります。

一斉の精度が高ければ高いほど強い軍団です。

このページのコメント