大攻城サンセン攻略記事
更新日:09/06 15:44

序盤の効率の良い進め方【初心者講座】

このゲームは、時間と資源が非常に重要なゲームです。問題にもなるべく直面せずに効率よくゲームを進めるために、初心者がまずやるべきことを紹介します。

リセマラで最強武将を手に入れよう。

まだリリース前で、リセマラができるかどうかは判明していない。リセマラが可能な場合、必ずリセマラで最強武将を手に入れておこう。

ミッションを進めよう

メイン画面左にある「!」マークのボタンをタップすると、ゲーム内のミッション内容が確認できる。

ミッションを達成すると、銀や資材、経験値やレアなアイテムなど、さまざまな報酬が手に入る。また、ミッションを達成することで新しい施設が解放されるため、ひとつひとつミッションを達成するように進めていけば間違いない。

  • ミッション内容と報酬一覧はこちら※準備中

部隊レベルを上げよう

ミッションを進めていくと、城主レベル5になったあたりで練兵場が解放される。

序盤、部隊レベルを上げるためには、試練の森やこの練兵場をこなさなければいけない。練兵場では多くの経験値が得られるが、経験値を得るためには時間が必要となる。練兵場が解放されたらすぐにでも部隊を特訓に出しておきたい。

というのも、部隊レベルは総戦力を上げるために非常に重要な要素で、これを上げなければ部隊規模も上がらない上に、装備の進化や部隊昇格、部隊編成で副将が編成できない

まずは、英雄の館の部隊昇格で兵種のランクアップができるように、部隊レベル25を目指そう

混沌の大地(クエスト)を進めよう

混沌の大地のステージをクリアすると、クリアしたステージによって徴収で毎日銀、建材、鉄、軍資、兵士が手に入る。もちろん、クリアしたステージが多ければ多いほど、徴収で得られる資源も多くなるため常に限界までクリアしておきたい。

ただし、序盤は城主レベルが上がらなければ解放されないステージもあるため、城主のレベル上げも並行で行っておこう。

  • 混沌の大地の攻略一覧はこちら※準備中
  • 城主レベルの効率の良い上げ方はこちら※準備中

施設のレベルを上げよう

ミッションを進めていくと、すべての施設が解放される。城主レベルや施設の性能アップ、さまざまな上限を解放するためには、それぞれの施設のレベルを上げる必要が有る。

施設のレベル上げには、建材が必要となるのでミッション報酬や混沌の大地などで集めておこう。また、レベル上げには時間もかかる。建設班を待機中にしていると、時間が勿体無いので常に建設班が動いているように心がけよう。

  • 建材の効率の良い増やし方はこちら※準備中

動きのある同盟に入ろう

ミッションにもあるが、同盟に加入しておこう。

同盟に加入することで、銀や熟練度などのさまざまな恩恵が得られるからだ(恩恵を得るためには、建材を寄付して、同盟に貢献する必要もある)。

もちろん、強い人気のある同盟に加入できれば、得られる恩恵も大きいが、まずは動きがある同盟に入っておくことが大事。

メニューの順位から「同盟」をタップすると同盟のランキングが表示されるので詳細や知名度などを確認して、自分に合った同盟を選ぼう。

※同盟から脱退してしまうと、再度同盟に加入するのに24時間かかってしまうので脱退と加入は慎重に行おう。

  • 同盟についての詳しい説明はこちら※準備中

報酬も欠かさずチェック

メイン画面右上のプレゼントアイコンをタップすると、日々のログイン報酬や実績報酬、成長報酬などの報酬が確認できる。

毎日サインして資源を受け取ることも重要だが、ここでは『実績報酬』に注目したい。

実績報酬は掲げられている条件を達成することで、毎日全8回報酬を受け取れるシステム。銀や建材、軍資、金粉や遷都令などのレアアイテムも入手できる。ミッションとは別に、こちらも毎日欠かさずチェックして、できる限り報酬を受け取れるようにしよう。

※金や金粉を消費しなければ達成できない条件もあるので、そこは無理しないでよい。

毎日イベントを達成しよう

メイン画面左にあるカレンダーアイコンをタップすると、日々こなすべきイベントが確認できる。それぞれのイベントには1日に何回までと上限があり、残りの回数もここでまとめて確認ができる。上限に達すると、達成マークが付き、その日は終了となる。

毎日、すべてのイベントが達成できるようにイベントを行っていくと、無駄なくゲームを進めることができる。

まとめ

このゲームは、時間や資源が非常に重要。効率よく進めていかなければ、資源の枯渇問題に直面してしまう。ある程度の兵力を養い、対人戦を楽しめるようになると、もっと多くの資源を調達できるようになる。それまでに序盤からコツコツと上記をこなして行くことが大切だ。

関連リンク

メーカー公式Twitter
完全図鑑公式Twitter