テニラビ攻略記事

樺地崇弘の評価とステータス

テニラビ(新テニスの王子様ライジングビート)における「樺地崇弘」の評価とステータスです。樺地崇弘というキャラの詳細や必殺技、入手方法なども紹介しているので、テニラビの樺地崇弘についてはこちらを参考にしてください。

樺地崇弘とは?

テニプリ(原作)での樺地崇弘

跡部の側近のような存在

跡部の英国時代からの幼馴染。跡部に深い敬意を抱き、常に彼の後ろにつき従っている。普段は非常に無口で「ウス」以外の台詞はほとんど喋らない。ラリーの際には球種に適したかけ声を発する。

見ただけで相手の技をコピーできる

純粋な心を以って、対戦相手の技を見ただけでコピーするという才能を持つ(ただし、天性の能力や自分の能力以上の力をコピーすることは不可能)。の評によると、パワー、スピード、テクニックの全てを備えた理想的な選手であり、その高い基本性能を備えた樺地に自分の得意技をコピーされた場合、「自分より数段上の実力を持つ自分自身」との戦いを強いられることとなる。ただし、見境なしにコピーしてしまうため、後述の波動球のように自滅を招く場合もある。また、テニス以外にもコピー能力を発揮することがあり、全国大会準々決勝後に跡部と同じく坊主頭になっていたり、「焼肉の王子様」で田仁志の「トング喰い」をコピーしたりしている。

波動球や手塚ゾーンならぬ樺地ゾーンもコピー

関東大会ではS3で河村と戦い、河村が必死の努力により会得した波動球をあっさりとコピーするが、その特性を逆手に取られ、波動球の打ち合いにより両者共に手首を負傷しノーゲームとなった。全国大会ではS2で手塚と戦い、かなりの経験がなければ出来ないはずの「手塚ゾーン」をコピーし、「樺地ゾーン」を披露。さらに時間はかかったものの「百錬自得の極み」までコピーし手塚を圧倒したが、突然の降雨によるコンディションの変化に対応できずキャリアの差で敗戦した。

跡部を庇って日本代表合宿から退去

『新テニスの王子様』では脱落タイブレークマッチで芥川の天性の手首の柔らかさまではコピーできず惜敗。合宿復帰後は河村と組み、伊達・伴ペアと対峙。伊達の「男児の春」をコピーし「樺地の春」を放ったが威力まではコピーできなかった。しかし、最終的にパワーの強さを認められ、No.13のバッジを託された。一軍入れ替え戦では窮地に陥った跡部に加勢するため試合に乱入し、合宿所からの退去を命じられる。

樺地崇弘の必殺技

コピー

子供のような純粋さを以て相手のあらゆる技をコピーする。ただし天性の身体的特徴や筋力まではコピーできない。

樺地崇弘のステータス

情報判明次第追記します。

樺地崇弘の評価

情報判明次第追記します。

樺地崇弘が登場する曲

樺地崇弘の曲一覧

この記事を読んだ人におすすめ!

キャラ評価一覧

キャラ評価一覧はこちら
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter