トーラムオンライン攻略記事

命中率、Graze判定について



前書き


トーラムオンラインでは、ミス判定とヒット判定、それにGraze判定(かすり判定)の3種類が存在します。

クリティカル時は、必ずミスにはなりません。

Graze判定時は、敵に攻撃が当たったと判定されますが、安定率が半減した状態となり、ダメージが大きくブレる状態となります。

また、『必中判定』のあるスキルを使用した場合には、ミス/Graze判定は存在せず、ヒット判定のみとなります。

このページでは、命中率とGraze判定の部分が、どのように判定されているのかを説明するページとなっています。

命中率


基本的には、プレイヤーのHIT値(以下、自HITと記載)と敵モンスターのFLEE値(以下、敵FLEEと記載)で決まります。

自HIT≧敵FLEEの時には、命中率は100%となります。

それ以下の場合は、下記のようにおよそ3差が着くごとに命中率が1%ずつ低下していきます。

自HIT-敵FLEE命中率
0以上100%
-1~-399%
-4~-698%
-7~-997%




-295~-2971%
-298~-3000%
-301~-303-1%




スキル使用時の命中率補正


スキル使用時にMPを消費した場合、上記の命中率から、実際に消費したMP量÷10だけ、命中率が加算されます。

つまり、連撃や充填等によってMPを消費しない状態を作った場合には命中率補正が加わりませんので注意して下さい。

大抵の場合は、「起点のスキル」や、「充填を利用しない強打」の場合にしかこの仕様は関係ありません。

命中、Graze判定について


命中、Graze判定について、おおまかに図示すると下の画像のようなイメージとなります。



クリティカルヒット時


命中率に依存して、『クリティカルヒット』と『クリティカルのGraze判定』の2種類の判定があります。

命中のクリティカルがクリティカルヒット、ミス判定を打ち消すクリティカル判定がGrazeとなっています。

具体的には、1~100の数値がランダムに取り出され、それが命中率の数値以下であればクリティカルと判定され、それより大きければGraze判定となります。

白ダメージ時


各武器種ごとに『保障ヒット率』という数値が決められており、命中率がそれを上回っているかどうかでふるまいが変わります。

【命中率≧保障ヒット率のとき】

命中率通りに命中します。

具体的には、1~100の数値がランダムに取り出され、それが命中率の数値以下ならば命中と判定され、それより大きければミスと判定されます。

【命中率<保障ヒット率のとき】

命中率以内ならヒットですが、それ以上なら全てミスとはならず、ミスを打ち消してGraze判定に変えてくれる部分が生じます。

具体的には、1~100の数値がランダムに取り出され、
・命中率の数値以下ならヒット
・それより大きいが、保障ヒット率の数値以下となっていればGraze
・保障ヒット率の数値よりも大きければミス

です。

保障ヒット率


※この数値は『白ダメージ』の場合にしか関係のない数値です。
なので、この数値はクリティカル判定時には関係が無いため、クリティカル判定が全く無い攻撃(傭兵など)の場合に主に意味を持つ数値です。

武器種保障ヒット率
片手剣約25%
両手剣約15%
約10%
自動弓約5%
約30%
魔導具約10%
手甲約10%
旋風槍約20%
抜刀剣約30%
素手約50%


このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン