トーラムオンライン攻略記事

パートナー・傭兵システムについて




前書き


パーティー枠が4人ともプレイヤーで埋まっている状態でない場合、4枠のうち空いた枠に

・自分の現在使用していないパラメータを1人分(パートナー)
・フレンド/ギルドメンバーなどから、1人分(傭兵)

を、連続で通常攻撃をしてもらう人として雇うことが出来ます。

ただし、ギルド迷宮・チャレンジダンジョンなど、一部傭兵を連れていくことの出来ない場所も存在します。

傭兵の登録の仕方


まず傭兵登録をしたいパラメータにし、傭兵用の装備を装備した状態で、

メニュー→コミュニティ→パーティ→傭兵を登録する

を選択すると、傭兵登録ができ、フレンドが自分のパラメータを雇うことが出来るようになります。

傭兵登録については、登録後に装備を変更しても問題ありません。

パートナー


メニュー→キャラクター→パラメータ切り替え

から、サブパラメータをパートナーとして雇うことが出来ます。

パートナーの装備は、そのパラメータで最後にパラメータチェンジを行った際の装備が反映された状態となります。

ただし、カバンにその装備を持っていないと見た目が反映されず、能力も反映されない場合があるので注意が必要です。

一度傭兵として連れていきたいパラメータに切り替え、装備を傭兵仕様に変えておいてから雇うようにしましょう。

傭兵の雇い方


傭兵は、野良、フレンド、ギルドメンバーの中から雇うことが出来ます。
ただし、酒場やマイルームなど、雇うことの出来ないマップもあります。

【野良傭兵】

自分がパーティーリーダーか、あるいはパーティーを組んでいない時に、

メニュー→コミュニティ→パーティー→傭兵をスピナで雇う
を選択すると一覧が表示され、雇うことが出来ます。

自分と同じ、あるいは近いLvの人が何人か表示されます。
雇う際に、その傭兵のLvと同じ額だけスピナを払う必要があります。
(※払っても、雇った本人にスピナが支払われる訳ではありません。)

【フレンド傭兵】

自分がパーティーリーダーか、あるいはパーティーを組んでいない時に、

メニュー→コミュニティ→フレンド→フレンドの傭兵を借りる
を選択すると一覧が表示され、フレンドを傭兵として連れていくことが出来ます。

フレンドの傭兵を借りるで出てくる一覧はプレイヤーID順(つまり、トーラムオンラインに登録した順)です。

フレンドが沢山いる場合、レベルが離れていると一覧表示にレベルの近い人が優先されてしまい、IDが早くても表示されない場合もあるようです。

【ギルド傭兵】

自分がパーティーリーダーか、あるいはパーティーを組んでいない時に、

メニュー→コミュニティ→ギルド→ギルドの傭兵を借りる
を選択すると一覧が表示され、ギルドメンバーを傭兵として連れていくことが出来ます。

ギルドの傭兵を借りるで出てくる一覧もプレイヤーID順(つまり、トーラムオンラインに登録した順)です。

傭兵とパートナーの違い

傭兵とパートナーの違いは、傭兵の方は合計1時間以上雇うと疲れてステータスが低下していくという仕様が加わるだけで、基本的な部分に違いはありません。

そのため、このページでは、傭兵・パートナーを区別せずに全て「傭兵」と表記して説明します。

傭兵の疲労が回復する条件


野良傭兵は、雇う度に疲労が全快に回復した状態となります。


フレンド・ギルドメンバーの傭兵は、回復条件を満たすまで、自分目線で雇った通算時間に応じて疲労状態が蓄積されていきます。

フレンド・ギルドメンバーの傭兵の疲労が回復する条件は、

雇っているその人本人
(つまり、AさんがBさんを傭兵に雇っているとした場合にはBさん側)
が、次のいずれかのアクションを起こした場合です。

・ログインする
・ワールドを変更する

つまり、本人が既にログイン中であった場合でも、その人がリログを行うか、ワールド変更を行うまでは回復しないということになるので注意が必要です。
なので、自分(管理人)の場合は、ログイン中にも定期的にワールド変更をして戻すという作業を行っています。

アタッカー/ディフェンダー傭兵


傭兵はアタッカー傭兵とディフェンダー傭兵の2種類があります。

傭兵は基本的には通常攻撃の射程で攻撃しますが、
杖装備時のみ波動を飛ばして遠距離攻撃する通常攻撃に変わります。
(※見た目はスキル「パワーウェーブ」と同じ挙動ですが、パワーウェーブの取得状態は関係ありません。)

アタッカー傭兵


素のパラメータと比較して、ATK/MATK値が2倍になった状態で登録され(※戦闘力という数値です、下記参照)、更に攻撃時のダメージ倍率が増加します。

ダメージ倍率については、

・両手剣→4倍
・双剣→4倍(※ただし、メインATKのみに依存)
・その他→2倍

となっており、両手剣が特にアタッカー傭兵として最も攻撃力の高い武器種となります。
また、杖もMATKをかなり高い数値に出来る上に遠距離攻撃が出来るため、アタッカー傭兵に向いた武器種となります。


また、戦闘力は、次のようなルールになっています。

杖・魔導具→MATKに依存(×2)
その他→ATKに依存(×2)

また、装備のプロパティ「ATKアップ(DEX)」などのステータスは、プレイヤーの場合は素のステータスに依存した増加量となりますが、傭兵の場合はDEX+%などの補正をした後で計算されます。

ディフェンダー傭兵


素のパラメータと比較して、HPの値が2倍になった状態で登録されます。
(※防御力も増加するようですが、こちらに関しては検証中です。)

また、通常攻撃時にヘイトが大きく増加するようになり、通常攻撃1回あたり、スキルの消費MP150相当分のヘイトを稼いでくれるようになります。

装備、ステフリなど


傭兵は、基本的には「ステータス画面」で見える情報と、スキル「死んだふり、応急手当」のスキルレベル、それにメインの武器種と装備の見た目のみが登録され、傭兵を呼び出した際にはその情報から能力が決められています。

つまり、ATKなど、ステータス画面で見える物に直接影響を及ぼす装備を着けなければ、その装備のプロパティは傭兵には反映されません。
(ヘイト+%やクリティカル率、耐性などは反映されません。)

つまり、プレイヤーと違い、装備でクリティカル率を上げていき、確定クリティカル状態を作って必中にするという手法が使えません。
(※CRTのステータスも反映されませんでした。恐らく、傭兵はそもそもクリティカル判定自体が存在しません。)

そのため、基本的には次のステータスを重点的に伸ばしていくことが大事になります。

優先ステータス


・ASPD(攻撃速度)
・HIT(命中)
・HP
・ATK(攻撃力※杖・魔導具はMATK)

基本的にASPD1100は欲しいです。
(下回ると、傭兵は攻撃する度に移動行動を行うようになり、数値以上に攻撃頻度が遅くなります。)
(上回った分も行動速度に加算されるため、もっと上げても良いです。)
HIT値は、ボスによって状況が変わってきますが、最近のフィールドボスまで攻撃を当てたいのであればHIT値は500台欲しいです。

上記を満たしつつ、ATK値やHPを出来るだけ上げていくと良いです。

※傭兵はバフは反映されないため、ASPDが大きく上がる装備を用意する必要があります。

序盤のおすすめ傭兵


ステータスポイントが少ないうちは、そこまで有効な傭兵を使うことは出来ませんが、トーラムには防御慣れというシステムがあるため、通常攻撃を沢山当ててもらうだけの傭兵を作るだけでも十分価値があると言えます。
そこで、保障ヒット率によるGraze判定を利用することにより、HIT値が少なくても攻撃を当てることが出来る傭兵を作成することができます。
保障ヒット率が最も高い武器種は『素手』で、更に素手にすると初期の時点でASPDがとても高いため、ステータスポイントが低いうちは素手のパラメータを作ると有用と言えます。

小ネタ


傭兵のHPを瞬時に回復させる


傭兵を一度パーティーから外して再び傭兵を雇うと、傭兵のHPを全回復させることが出来ます。

※ボス戦中は出来ませんが、フィールドボス戦中は戦闘中でも可能です。
特に、自分のパートナーは雇うボタンを2度押しすることで追放/召喚を一気に行うことが出来るため、傭兵パラメータを上の方に並び替えておき、パラメータ選択画面をショートカットに入れておくとフィールドボス戦中は何度も何度もパートナーを復活させながら戦闘させることも可能になります。

傭兵が攻撃をする基準


リーダーがモンスターに攻撃を仕掛け、ターゲットが確定している状態になると傭兵はそのモンスターを攻撃し始めます。
そのモンスターを倒すか、リーダーがターゲットを変えるまで、そのモンスターにとことん攻撃し続けます。
ただし、ボスマップなどで傭兵がボスからかなり(20m以上?)離れて逃げるように移動しようとすると、傭兵が一旦ボスから離れて主人公を追いかける場合があります。
(※ボス戦によっては、この方法を使って傭兵をボスから守ると良い場合もあります。)

傭兵の応急手当


リーダーが戦闘不能になると、傭兵及びパートナーが戦闘不能になった直後に一度応急手当をしてくれ、その後も10秒おきに応急手当をしてくれます。
リーダー以外が戦闘不能になっても傭兵は応急手当をしに行ってくれませんので注意が必要です。

傭兵に雑魚狩りをさせる場合


範囲スキルを用いず、モブのターゲットを取って傭兵に狩りをさせる狩り方があります。

この方法で雑魚狩りを行う場合、出来るだけ射程の長い杖や弓系統の職がおすすめです。

理由は、傭兵は対象のモンスターを倒していなくなった場合や途中に障害物がある場合でも、一度目標地点を決めるとそこに到達するまで走り続ける仕様があるためです。
(※ただし、対象がいなくなった場合は5秒ほどでリセットされます。)

傭兵のワープ


傭兵が障害物などに引っかかった場合、25m以上?離れていると、5秒ほど経つとリーダーがいる位置まで瞬時にワープします。
ですので、傭兵が障害物に引っかかったときに、場合によっては傭兵を迎えに行くよりも傭兵から離れた方が早く合流出来る場合があります。

管理人の傭兵






管理人はDEX極で命中を高めた両手剣傭兵で登録しています。
回避の高いボスにもそこそこ高いダメージを与えることが出来る傭兵です。

装備の優先順位は、

ASPD1100以上>HIT高め>ATK>HPは装備で出来るだけ確保

の順です。

装備


現在はエンチャントシステムは未使用、スロット2装備は特殊装備のみです。

【武器】
レージヴィエ(ドロップ)ATK303+B◇テュランマキナ

※現状では武器ATKがダントツで高いレージヴィエを使用しています。
ただし今は厳選段階で、基礎値に近い物をとりあえず使用している状態です。
レージヴィエは攻撃速度-1000が入っており、その他の装備部分の制限が強くなってしまうため、スミス武器にDEX+7%、DEX+14、ATK+7%などを付与した物を使用するのも良いです。


【鎧】
スノーマンの服(鍛冶屋/※クリスマスイベント限定)◇イコノス

HPが7000上がるスノーマンの服に、HPが2000上がる◇イコノスを装着しています。
※期間限定装備が混じっています。


【追加装備】
片翼のカチューシャ(鍛冶屋)◇カラメロ(※ホワイトデーイベント限定)

攻撃速度、命中が上がる片翼のカチューシャに、攻撃速度の上がるカラメロを装備しています。
この部分は、他の装備次第ではフェートルハット(鍛冶屋)の方が良いです。
※期間限定のクリスタが混じっています。

【特殊装備】
時駆けの懐中時計◇ベクシズ◇ヨーク

ASPD+1000の効果により、レージヴィエのマイナス効果を完全に消すことの出来る特殊装備ですが、時駆けの懐中時計自体がかなりレアな装備であるため、高価な装備です。
スロット1装備の場合、命中が15%上がるベクシズが優先になります。

その他の候補例


武器→最新スミス武器(ATK+7%、DEX+7%、DEX+14)
(※ATK+7%、DEX+7%、STR+14という構成も有りだと思います)
命中とATKが同時に確保出来る文句の無い装備になります。
命中が現状では物足りなくなった場合や、基礎ATKが現在よりも更に高いスミス武器が実装された場合はこちらに変えると思います。

体装備→ソリトスアビート(HP+3000、命中+50)
この体装備は、ステフリによらずどの傭兵パラメータでも使いやすいかなり優れた装備です。

追加装備→フェートルハット(鍛冶屋)
DEXの40%もATKが上昇し、命中が30上昇するかなり優れた追加装備です。
ドロップ品と鍛冶屋品でATKアップ(DEX)の中身が違うのに、両者ともプロパティの見た目が全く同じで区別がつかないため、マーケットでの購入はおすすめ出来ません。

追加装備のクリスタ→◇黄金骨
実は、スキル「素早い斬撃」がLv10の場合、上記の構成は◇カラメロを使用しなくてもASPD1100に届いています。

特殊装備→ポトゥムの雪人形熟練戦士の腕輪
命中が12%上昇するポトゥムの雪人形か、あるいはASPD1100にギリギリ届いていない場合にASPDを100確保しながらATKの底上げが出来る熟練戦士の腕輪が候補です。

このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン