陰陽師攻略記事
更新日:12/14 14:49

【陰陽師】童女(どうじょ)の評価と御魂・パーティ編成

陰陽師のR式神である『童女(どうじょ)』の解説記事です。童女の評価やステータス、おすすめパーティなどを紹介しています。童女についてはこちらの記事を参考にしてください。

童女の基本情報

評価点7.0/10点中
レア度 R
声優・CV加隈亜衣

アイコン

覚醒前覚醒後

ステータス

覚醒後Lv40ステータス

最大攻撃力2412
最大HP12988
最大防御力423
最大素早さ109
会心率5%
会心ダメージ-

Lv1ステータス

覚醒前覚醒後
攻撃力103114
HP10991216
防御力6572
素早さ99109
会心率5%5%
会心ダメージ150%150%

ステータス解説

HPがSと非常に高く、回復スキルを使うと自身のHPが減る童女にとって高いHPというのは弱点を上手に補えています。防御力もBまで伸びるため、耐久力は高めだと言えるでしょう。

他のステータスも全体的にバランスがよくまとまっていますが、速さが109と若干物足りない数値になっています。御魂のオプション効果でフォローするといいでしょう。

覚醒の効果と必要な素材

童女の覚醒に必要な素材は、水霊の鯉と天雷の鼓です。覚醒することでスキル3使用時に効果抵抗アップのバフ効果が追加付与されるようになり、HP回復と抵抗バフを同時に行なえるようになります。スキル3の効果が非常に高まるので早めに覚醒させましょう。

素材名必要数
水霊の鯉・小16
水霊の鯉・中8
天雷の鼓・小16
天雷の鼓・中8
覚醒効果
スキル3「命のきらめき」仕様時に、HP回復と同時に味方全体の効果抵抗を20%アップさせる。

ダンジョン適正

童女は味方のHP回復をする能力に長けており、闘技では回復役およびサポート役として活躍することが可能です。ただ、回復役には桃の精恵比寿といったレアリティの高い強力な式神もいるため、最適正からは外れます。

また、攻撃力が求められる探索ダンジョンや御魂ダンジョンなどでは活躍しにくく、適正は低くなります。

探索闘技
御魂狩り戦
覚醒陰界の門
石距異聞

童女の評価

強い点:味方全体のHPを回復できる

童女はスキル3「命のきらめき」を使用することで、自分のHPと引きかけに自分以外の味方HPを回復することが可能です。さらに覚醒することで味方全体の効果抵抗を高めることができるようになります。回復+効果抵抗バフのスキルにより回復+サポート役として活躍できます。

強い点2:バリアを展開して身を守れる

童女はパッシブスキル「羽の衣」を使用できます。このスキルは敵の攻撃を吸収するバリアを展開し、攻撃を受けるたびに最大HP3%ぶんのダメージを吸収してくれます。また通常攻撃は自身の効果抵抗を高める効果があります。

バリア展開や効果抵抗バフにより、サポート役として粘り強く戦うことが可能です。

弱い点:HP管理に注意が必要

童女は味方を回復するたびに自身のHPが減少するため、HPが少ない状態で戦うことになりがちです。そのため、敵の集中攻撃を受けてしまうと倒されてしまいやすいという欠点があります。

童女のスキル

スキル1:羽刺

敵単体を攻撃する通常攻撃で、さらに1ターンの間、自身の効果抵抗をアップすることができます。攻撃倍率は標準的ですが、鬼火を消費せずに自身の効果抵抗を上げられるため、スキル単体で見ると高性能です。

消費鬼火0
効果敵単体に攻撃力の100%相当のダメージを与える。さらに1ターンの間、自身の効果抵抗を10%アップする。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+5%

スキル2:羽の衣

攻撃を受けるたびにダメージを吸収できる羽衣(バリア)を展開するパッシブスキルです。初期状態では被ダメージの40%まで吸収でき、スキルレベルを上げることで吸収量が増してスキルマにすることで最大で98%まで吸収できるようになります。

鬼火を消費することなく発動できることを考えると高性能なスキルだと言えます。

消費鬼火0
効果パッシブスキル。童女は攻撃を受けるたびに、羽衣が童女の最大HPの3%分のダメージを吸収する。最大で被ダメージの40%まで吸収できる。

レベルアップ時の効果

Lv2ダメージ吸収量+16%
Lv3ダメージ吸収量+16%
Lv4ダメージ吸収量+16%
Lv5ダメージ吸収量+16%

スキル3:命のきらめき

自身のHPと引き換えに、味方のHPを回復し、効果抵抗を高めるスキルです。鬼火消費が1と少ないため鬼火管理がしやすいというメリットがあります。スキルマにすることで追加HPの回復量が増加し、自身のHP量を減少できるようになるため、早めにスキルマにしましょう。

消費鬼火1
効果童女は現在HPの30%を捧げ、他の味方のHPを童女の最大HPの10%分回復させる。童女のHPが30%より低い時、回復効果は童女にも効く。
【覚醒後】覚味方全体の効果抵抗を20%アップさせる。

レベルアップ時の効果

Lv2追加HP回復量+50%
Lv3追加HP回復量+50%
Lv4捧げるHPが20%にダウンする

スキル参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

童女のおすすめ御魂

おすすめ御魂1:地蔵の像

童女は回復スキルの使用でHPが減少するため、その状態で大ダメージを受けると倒されるリスクが高まります。地蔵の像を装着することで、会心時のダメージを吸収できるようになるため、耐久力が増します。

オプション効果は基本的には防御面を重視しましょう。また、後手になりすぎるとサポートがしにくくなるため、2番は素早さを選択、4番と6番はHPを選択しましょう。サブオプションは効果抵抗、素早さ、HPといった防御面およびサポート面を強化できるステータスを伸ばすのがおすすめです。

御魂名セット2

地蔵の像
追加HP15%
セット4
会心を受けた時、HPの10%分のダメージを吸収(バリア)。さらに30%の確率で味方も同時にかばう。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
効果抵抗・素早さ・HP
弐(左)素早さ
効果抵抗・素早さ・HP
参(左下)防御力
効果抵抗・素早さ・HP
肆(右下)効果抵抗
効果抵抗・素早さ・HP
伍(右)HP
効果抵抗・素早さ・HP
陸(右上)HP
効果抵抗・素早さ・HP

おすすめ御魂2:樹妖

味方HPの回復が主な役割となる童女にとって、HPの回復量がアップする樹妖は相性の良い組み合わせだと言えます。オプション効果のセット構成は地蔵の像と同じで防御面やサポート面を補う形で問題ないでしょう。

御魂名セット2

樹妖
追加HP15%
セット4
味方全体のHP回復量が20%アップする。

おすすめ御魂3:招き猫

童女は自身が使う鬼火の消費量は少ないため、招き猫のような鬼火獲得効果のある御魂を装着することで、自身のスキル使用ぶんの鬼火獲得が容易になります。

状況によってはほかの式神のスキル使用に必要な鬼火を確保することもでき、戦局を有利に導けます。

御魂名セット2

招き猫
追加防御力30%
セット4
ターン開始時、50%の確率で鬼火を2点獲得。

おすすめ御魂4:返魂香

味方回復時に自身のHPが減少する童女は、敵から狙われやすい式神となります。御魂に返魂香を装着することで、敵からダメージを受けたとき際にその敵に確率でスタンを付与することができ、敵式神に童女を狙うことのリスクを高めることが可能です。

御魂名セット2

返魂香
効果抵抗15%
セット4
ダメージを受けた時、1ターンの間、25%(元の確率×効果命中)の確率で攻撃者をスタンさせる。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。複数回の攻撃でも発動は1回のみ。

おすすめ御魂5:鏡姫

鏡姫は返魂香と同じような使い方となりますが、返魂香は攻撃してきた相手にスタンを付与するのに対し、こちらは直接的にダメージを与えるのが特徴です。

童女の場合、通常攻撃で反撃した際にスキルの効果で自身の効果抵抗を高められるため、効果抵抗バフの付与手段として利用できるのがポイントです。現在の環境ではデバフへの抵抗能力は非常に重要なため、この効果は非常に役立つと言えます。

御魂名セット2

鏡姫
追加HP15%
セット4
ダメージを受けた時、30%の確率で被ダメージの100%を反射する。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。

童女のおすすめパーティ

リーダー(スキル)

陰陽師(スキル、スキル)
式神(御魂)

鎌鼬(招き猫)

シシオ(輪入道)

雪女(魍魎)

童女(返魂香)

かぐや姫(薙魂)

パーティの動かし方

童女を編成したパーティの解説です。

鎌鼬の立ち回り

御魂は高速+高抵抗で構成し、スキル3「兄弟の絆」で行動ゲージアップと効果抵抗を高めます。御魂は招き猫を選択し、鬼火供給能力を高めます。

シシオの立ち回り

敵のアタッカー系式神など、比較的鈍足な式神の行動ゲージをダウンさせてスタンさせ、味方式神が攻撃を受ける機会を減少させます。御魂は輪入道を選択し、行動の機会を増やします。

雪女の立ち回り

御魂のオプション効果は高抵抗+高命中で構成し、敵式神のデバフ攻撃に耐えつつ、逆に敵全体を凍結させて戦力を有利に導きます。御魂はランダムなデバフを1つ付与する魍魎の匣を選択します。

童女の立ち回り

味方式神の回復と抵抗バフ要員として動きます。回復でHPを失い狙われやすいので、返魂香のような反撃能力を持つ御魂やダメージを球種できる地蔵の像などを装着して対策しましょう。

かぐや姫の立ち回り

HPを失いながら戦う童女を守るために、味方のダメージを分担できる薙魂で構成。幻境を活用した鬼火獲得役+抵抗バフ要員として動きます。

安倍晴明の立ち回り

敵式神からデバフを受けないように、「言霊・守」でバリアを展開。そして「言霊・縛」で敵デバッファーなどを足止めしつつ優先的に撃破します。

相性の良い式神・悪い式神

童女の場合、特別に相性の良い式神、悪い式神はいません。

伝記

解放条件一覧

伝記一結界育成で童女が経験値を50000獲得する
伝記ニ童女を出陣させ、童男を出陣させた陰陽師と協力し、10回勝利する
伝記三陰陽寮で童女の欠片を15回寄付する

参考動画

現在、準備中です。

伝承での童女

童女とは幼い女の子供のことを示す言葉であり、妖怪を示す言葉ではないため、伝承はありません。

本作では少女の姿をした妖として登場。キレイな羽を持ちそれを自慢しているとのこと。兄の童男と同じく、かつては安倍晴明の式神として使えていました。

ワガママな一面もありますが、全体的には素直で可愛い妹として描かれています。

総合評価

童女はスキル3によるHP回復と抵抗バフ付与ができ、パッシブスキルでは自身にバリアを付与して被ダメージを減少できます。また、通常攻撃では自身の効果抵抗を増加させる効果もあります。

攻撃力能力は低いため、高速周回が求められる探索ダンジョンや御魂ダンジョンでは活躍しにくいものの、闘技では回復役+効果抵抗バッファーとして適正があり、活躍することが可能です。

回復役は童女のほかにも優秀な式神がいるため、若干使用される機会が少なめですが、手持ちの有力な回復役の式神がいない場合は、育成の候補になるでしょう。

R式神ということもあり育成もしやすいため、回復役が少ないときなど、手持ちの式神の状況次第では育成して損はありません。

関連リンク

他の式神の評価

式神のランキング

御魂の各種情報

陰陽師の評価

このページのコメント
    メーカー公式Twitter