サムキン攻略記事
更新日:05/16 12:37

合戦役割別解説【前衛部隊】

ここでは、合戦における花形である前衛部隊について解説を行なっていきましょう。

前衛の役割

前衛部隊の役割は、できるだけ多くの武功を稼ぐことです。

合戦の勝敗は武功数によって決まるため、合戦においての花形的な役割と言ってもいいでしょう。

武功を稼ぐために有効な手段は、敵軍前衛全員を気絶させ攻城戦に持ちこみ、落城させることです。落城すると、敵軍の武功数を奪えるため、効率的に落城を狙うことが重要です。

状況別の行動

  • 野戦モード

前衛スキルを使用して、敵軍の前衛を攻撃します。

しかし、敵軍としても当然落城はされたくないので、後衛部隊は前衛の支援や回復、こちらへの妨害を行なってきます。そのため、漫然と攻めているだけでは、なかなか攻城戦には持ちこめません。スピーディーな攻撃が必要です。

そこで必要になってくるのが一斉攻撃と呼ばれる行動です。

つまり、前衛が攻撃タイミングをあわせることで、敵軍に回復させる隙を与えず一気に攻城戦に持ちこむという戦法です。もっとも理想的なのは、敵前衛全員にダメージを与える前衛スキルを、こちらの前衛全員で連発という方法です。

大量にSPを消費するため、乱用はできません。事前に「奥義発動後何秒目から一斉攻撃」などのように、タイミングを打ち合わせておく必要があります。

▲できれば敵軍前衛全員を攻撃できる前衛スキル、なければ複数体を攻撃するスキルを連発し、一気に攻城戦へ持ちこみましょう。

  • 攻城戦

攻城戦中は、スキル攻撃は使用できず、攻撃手段は前衛攻撃/後衛攻撃のみとなります。

基本的に前衛の攻撃力が軍団ではもっとも高く、前衛攻撃のほうが後衛攻撃よりもダメージが大きいため、前衛メインで行動する時間帯です。

合戦序盤の攻城戦では攻撃力を上げておきたいので"爆炎魂"など攻撃時に攻撃力の上がる自動スキルを持った武将で積極的に攻撃しましょう。また、落城させると敵軍の武功数を奪えるため、劣勢の際は逆転のチャンス。蘇生されないうちにたたみかけましょう。

しかし、あえて攻撃を休むべき状況もあります。こちらが優勢の合戦終盤で、敵軍が逆転を狙ってきそうなときや、敵奥義の発動中などです。とくに攻城戦の際などギリギリで逆転されそうな武功数のときは、あえて攻城戦を長引かせ、逆転を阻止したほうがいいでしょう。その場合は、軍団員全員でおみくじ券回収を行ないます。

攻城戦でどう動くかは、武功数奥義の発動状況合戦残り時間などから総合的に判断するべきでしょう。軍師の腕の見せ所です。

▲序盤で攻城戦に持ちこめたら、武功数リードを広げるため積極的に攻めまくりましょう。

  • 奥義の発動中

奥義の種類にもよりますが、攻撃用奥義ならほかの軍団員とタイミングをあわせて攻撃し、防御用奥義ならSPがなくならないように気をつけて行動するのがよいでしょう。

攻撃用奥義、とくに"憑依装着"の際には属性特化部隊に部隊チェンジするのがベスト。あらかじめ自軍の前衛がそろえている武将の属性を確認し、どの属性を奥義で強化するのか戦略を立てておきましょう。

前衛の攻撃タイミングを合わせる後衛が一丸となってサポート状況に応じて適切な奥義を使用。この三つが攻城戦に持ちこむ三大要件といえるでしょう。

おみくじ券回収タイミング

前衛は、攻撃用奥義の発動時間中にスキル攻撃を行ないたいです。

そこで、奥義の発動準備中おみくじ券の回収を行ないましょう。

一斉攻撃のタイミング以外のときは、無駄にスキルを乱発せず、おみくじ券が少なくなりすぎないようにうまく調整しましょう。

指揮官LVが上がるとおみくじ回収の距離が短くなります

▲1分あれば少なくとも4~5枚は回収できるはず。発動準備の表示が出たらすぐさま回収に走り、発動前には復帰しましょう。

関連ページ