サムキン攻略記事
更新日:03/23 14:28

奥義解説~攻撃編 スキル支援&SP支援

合戦を有利にすすめるためには、状況にあわせて奥義を使いこなすことが大切です。

スキル攻撃の効果をアップしたり、SP使用を補助する奥義を使うことで、より多くの武功を稼ぐことが可能になります。

ここでは、そういった攻撃時に使う奥義を紹介しましょう!

→奥義解説~防御編 スキル妨害&奥義妨害

→奥義解説~特殊状況編 開幕時&劣勢時

→奥義の基本的な解説はこちら

→奥義の一覧はこちら

奥義を利用した攻撃方法

合戦で有効な攻撃方法は攻撃の効果を上昇させる奥義を発動し、奥義発動タイミングにあわせて軍団員全員でコンボをつなぐことです。

こうすることで、一気に敵軍の前衛プレイヤーを気絶へと追い込み、攻城戦へ移行しやすくなります。敵城を落城する回数を増やせば、合戦での勝利は目前といえます。

攻撃時に有効な奥義には、大きく分けてスキル攻撃の効果を上昇させるものより多くのSPを使えるようにするものの2種類があります。以下でそれぞれの奥義を見てみましょう。

▲"奥義準備中"の表示が出ている際には、おみくじ回収を行なって一斉攻撃の準備をしておきましょう。

スキル支援奥義

"前衛攻撃"や"後衛攻撃"よりも効率よくダメージが狙える"スキル攻撃"は、合戦での重要なダメージ源。スキル攻撃の効果を上昇させる奥義は、攻撃の際にとても有効です。

スキル支援奥義一覧
奥義名解説
憑依装着・紅蓮魂
憑依装着・氷結魂
憑依装着・風雷魂
各属性のスキル攻撃の効果を高める奥義です。前衛の部隊編成によって、どれを発動するかよく吟味しましょう。前衛が属性に特化した部隊を編成していれば、より効果が上がります。
氷煙の陣発動後5分間、水属性のスキル効果を増加させ、火属性のスキル効果を減少させる奥義です。"憑依装着・氷結魂"の発動直前に発動しておけば、より強力な攻撃を行えます。"氷結魂"を使いたいときには、ぜひ使いましょう。
心力解放自動スキルの発動率をアップさせる奥義です。"檄"や"魂"などの発動率が上がれば与えるダメージが増え、スキルの使えない攻城戦モードでも有効です。また、"心"や"雫"などの発動率も上がるため、後衛の支援や回復が必要になる守りの場面でも有効です。
烈閃乱武・殿
桜花乱舞・姫
"殿"は男性武将、"姫"は女性武将のスキル効果を上げる奥義です。どちらか片方しか使えないので、前もって軍団員と相談しておきましょう。
天将の覇道支援系スキルの効果を増加させる奥義です。所属する軍団にバフ特化プレイヤーがそろっていれば、攻撃時・防御時ともに有効です。

いずれも合戦でよく使われる奥義です。合戦直後"蒼炎流・金剛飛翔陣"を発動し、攻撃に移る際に使用するとよいでしょう。

先に狙っていきたいのは、各種"憑依装着"と"烈閃乱武・殿"、"桜花乱舞・姫"の3種。

防御力上昇も狙える"心力解放"、"天将の覇道"は、攻めだけでなく守りを固めるためにも活用できます。状況によって使い分けられるよう、合戦の序盤では温存しておくのがよいでしょう。

▲攻めにも守りにも使える便利な奥義"心力解放"は、兵種・犬神使いと人狼兵で修得可能。こちらもおすすめの奥義です。

奥義に合わせた部隊編成を!

各種"憑依装着"や"烈閃乱武・殿"、"桜花乱舞・姫"などは、効果を得られる武将の属性性別が制限されます。どの属性のスキル効果を上昇させるのかを、合戦の前に軍団員で相談し、ひとつの属性に特化した部隊を編成しておけばより一層効果的です。

また、指揮官Lv.180になると部隊チェンジを行なうことができます。部隊チェンジとは、合戦開始前の3分間、合戦残り時間30分~15分の間、残り時間14分59秒~終了までの3回、スキルスロットを使いきった後に使用部隊を変更するという機能です。部隊チェンジを行なえば、奥義の種類に合わせて使用部隊を変更するという戦法も可能です。

▲"部隊編成"画面で、属性や武将の性別に偏りを持たせた部隊を編成しておきましょう。

SP支援奥義

強力なスキルほど、基本的に多くのSPを消費します。合戦で使えるSPは200SPと限られています。奥義を発動することで、SPの消費量を抑えたり、最大値を上昇させることができます。SPを多く使えればそれだけ有利になるので、うまく活用しましょう。

SP支援奥義一覧
奥義名解説
獄炎ノ理
氷結ノ理
風雷ノ理
三大元素ノ理
各属性のスキルの消費SPを抑える奥義です。三大元素ノ理は、全属性のスキル攻撃のSP消費を抑えることができます。
戦意熱狂発動後5分間、SPの上限値が上昇します。発動後に"憑依装着"などを準備し、"合戦SPおみくじ券"を蓄えておくという連携が有効です。
陣頭活気味方全員のおみくじ券の運がよくなる奥義です。攻撃時以外、敵軍の攻撃に後衛が備えるときにも有用です。

とくに有効なのは、全属性の"スキル攻撃"のSP消費を抑える"三大元素ノ理"。各種"憑依装着"の発動後は、その属性のスキルが少なくなって、残り2種類の属性のスキルが残っています。そのタイミングで"三大元素ノ理"を発動すれば、残りのスキルも効率よく使うことができます。

SP最大値を上昇させる"戦意熱狂"は、スキルを支援する奥義の前に発動しておきましょう。

▲"三大元素ノ理"は、兵種・鉄砲兵、精鋭鉄砲兵、双牙銃兵などで習得できます。

その他の有効な奥義

スキル攻撃やSPの支援以外にも、攻撃の際に活用できる奥義があります。

その他の奥義一覧
奥義名解説
滅の裂魂攻撃のクリティカルヒット率を上げる奥義です。属性などがそろっていなくても軍団の攻撃力を高めることができます。
苛烈攻陣攻撃力を上昇させる奥義です。所属する軍団にバフが少ない場合に活用しましょう。
破邪の聖典相手の防御力を減少させる奥義です。軍団にデバフが少ない場合に活用しましょう。
軍勢回帰部隊チェンジ回数をリセットする奥義です。
拡散追撃波敵前衛に直接ダメージを与える奥義。前衛メンバーのおみくじ券回収タイミングなどに発動すればよいでしょう。

"苛烈攻陣"と"破邪の聖典"は、軍団に優秀なバフ・デバフ要員がそろっていれば、発動しなくても問題ありません。ほかの攻撃用奥義を優先したほうがよいでしょう。

部隊チェンジは合戦開始前、前半15分、後半15分の3回行なえますが、途中で軍勢回帰を発動すれば計4回部隊チェンジを行なえます。"憑依装着"を発動するたびに、属性に合わせて部隊チェンジを行なうような上位軍団になってくると必要になる奥義です。

▲"滅の裂魂"は、初心者ログインボーナスなどで入手可能な紅蓮の嵐・真田幸村を最終限界突破すると修得可能になります。

関連リンク

最新記事