陰陽師攻略記事

【陰陽師】桜の精(さくらのせい)の評価と御魂・パーティ編成

桜の精

陰陽師のSR式神である『桜の精(さくらのせい)』の解説記事です。桜の精の評価やステータス、おすすめパーティなどを紹介しています。桜の精についてはこちらの記事を参考にしてください。

桜の精の更新情報

更新内容
百花繚乱の内容変更味方単体が行動後、桜の精はその味方HP上限の5%を回復させる。さらに5%の確率で回復量が2倍になる。
各スキルレベル効果
Lv2回復量アップの確率が10%になる
Lv3回復量アップの確率が15%になる
Lv4回復量アップの確率が20%になる
Lv5基本回復量がHP上限の7%になる

2018年1月24日(水)のメンテ以降、桜の精のスキル2「百花繚乱」が変更されました。回復効果が大きく異なるので、桜の精を使う前に確認しておきましょう。

桜の精の基本情報

評価点8.5/10点
レア度 SR
声優・CV能登 麻美子

アイコン

覚醒前覚醒後

ステータス

覚醒後Lv40ステータス

最大攻撃力2385
最大HP13785
最大防御力397
最大素早さ99
会心率3%
会心ダメージ150%

Lv1ステータス

覚醒前覚醒後
攻撃力103113
HP11741291
防御力6168
素早さ9299
会心率3%3%
会心ダメージ150%150%

ステータス解説

桜の精は、自身の最大HPの値に応じて回復量が変化するスキルを習得するため、桜の精の高いHPを生かしやすくなっています。

ただし、防御力や素早さが低く、サポーターとしての運用方法がやや難しいため、御魂や味方によるサポートが必要でしょう。

覚醒の効果と必要な素材

素材名必要数
業火・中16
業火・大8
天雷・中16
天雷・大8
覚醒効果
スキル3「桜吹雪」強化:確定で敵のHP回復量を30%ダウンさせる。

ダンジョン適正

探索×闘技
御魂×狩り戦×
覚醒×陰界の門×
石距×異聞

闘技における桜の精は、HP回復量が多くパーティの回復役として優秀な性能を持ちます。また、相手の回復量を低減させることができるため、長期戦において強力です。

また、桜の精はパッシブスキルで鬼火を消費することなく回復が可能なため、異聞においても安定した鬼火運用が可能になり、活躍が期待できます。

ただし、回復量が2倍になる効果は確率になるため、安定感に欠けてしまう場合があります。

桜の精の評価

強い点:パッシブでHP回復が可能

パッシブで回復

桜の精はパッシブスキル「百花繚乱」により、味方の行動後、味方HPの上限5%を回復させます。さらに確率で回復量を2倍にすることが可能です。

回復系スキルは鬼火を消費して使用するものが多いですが、桜の精はパッシブスキルで回復が可能なため、鬼火を消費することなく使用できる点が強みです。

強い点:相手のHP回復量を下げられる

HP回復量を下げる

桜の精の「桜吹雪」は、2ターンの間相手のHP回復量を最大50%低下させることが可能です。また、スキルは全体攻撃のため、相手パーティ全体に効果が及びます。

さらに、HP回復量低下の効果は「かき消し不可」となるため、特に長期戦においては脅威となるスキルと言えます。

強い点:昏睡付与が可能

桜の精のスキル3「桜吹雪」は、攻撃時に相手の全てのバフをかき消し、バフをかき消した相手に確率で「昏睡」を付与することができます。

昏睡を付与できる確率は25%とそこまで高くありませんが、昏睡付与に成功すると1ターンの間相手の行動を阻害できるため、非常に強力です。

また、HP回復量低下効果と同じく昏睡も「かき消し不可」となるため、相手の雨女などデバフ解除要員対策として有用なスキルと言えるでしょう。

弱い点:回復スキルが確率発動

桜の精の回復スキルは、確実に発動するものの、回復量が2倍になる効果は確率になります。

味方式神のHP回復が必要な場面で確定で発動することができないため、安定感に不安を持つ場合があります。

行動回数が多い味方にとっては相性が良いスキルですが、行動回数が少ない味方にとってはデメリットになる場面が増えるでしょう。

弱い点:パッシブスキルの封印に弱い

桜の精の回復スキル「百花繚乱」はパッシブスキルのため、パッシブスキルを封印されてしまうとHP回復ができなくなってしまいます。

また、他の味方式神が行動を阻害された場合にも、HPの回復ができなくなります。

特に、般若八百比丘尼などのパッシブスキルを封じるスキルを持つ相手には注意が必要です。

桜の精のスキル

スキル1:散り桜

散り桜

単体の敵を攻撃する、いわゆる通常攻撃です。桜の精の場合、特別な効果はなく、標準的な性能になっています。桜の性はサポート寄りの性能ということもあり、ダメージは低めです。

消費鬼火0
効果・単体の目標を攻撃し、攻撃力100%相当のダメージを与える。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+10%

スキル2:百花繚乱

百花繚乱

味方行動後にHPを回復するスキルです。さらに確率で回復量が2倍になります。また、スキルレベルを上げることで回復量アップの確率と基礎回復量(5%が7%にUP!)が上昇。

鬼火を消費せずに回復できるため、その点において優秀です。

消費鬼火0
効果【パッシブスキル】味方単体が行動後、桜の精はその味方HP上限の5%を回復させる。さらに5%の確率で回復量が2倍になる。

レベルアップ時の効果

Lv2回復量アップの確率が10%になる
Lv3回復量アップの確率が15%になる
Lv4回復量アップの確率が20%になる
Lv5基本回復量がHP上限の7%になる

スキル3:桜吹雪

桜吹雪

全体攻撃+バフ消去+HP回復量デバフに加え、バフ消去時に昏睡のデバフを付与できます。相手パーティの構成にもよりますが、相手がバフを駆使して戦うパーティだった場合は、バフのかき消しによって戦況を有利に導けます。

消費鬼火3
効果・敵全体に攻撃力の76%相当のダメージを与え、すべてのバフをかき消す。
・さらに50%(+本来の確率×効果命中)の確率で2ターンの間、目標のHP回復量を30%ダウンさせる。
・1ターンの間、目標に掛かっているバフがかき消すと25%の確率でその目標を昏睡状態にさせる。
【覚醒後】回復ダウン効果が確実に発生するようになる。

レベルアップ時の効果

Lv2[衰退強化]HP回復量を40%ダウンさせる
Lv3スキルの追加ダメージ+10%
Lv4[衰退強化]HP回復量を50%ダウンさせる
Lv5[衰退]敵にかかっているデバフをかき消すことは出来ない

スキル参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。ただし、スキル2に関しては更新前の情報になりますので、ご注意ください。

桜の精のおすすめ御魂

地蔵の像

地蔵の像は、相手から会心を受けた際に一部ダメージを吸収するバリアを張ることができる御魂です。

地蔵の像を装着することで、特に相手の針女を装着したアタッカーに対する耐久性能を上昇させることが可能になります。

御魂名セット2

地蔵の像
追加HP15%
セット4
会心を受けた時、HPの10%分のダメージを吸収(バリア)。さらに30%の確率で味方も同時にかばう。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。

返魂香

返魂香は、相手からダメージを受けた際に、攻撃者を確率でスタンさせることができる御魂です。

比較的相手に狙われやすくなる桜の精に返魂香を装着することで、相手アタッカーの攻撃を牽制することが可能になります。

御魂名セット2

返魂香
効果抵抗15%
セット4
ダメージを受けた時、1ターンの間、25%(元の確率×効果命中)の確率で攻撃者をスタンさせる。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。複数回の攻撃でも発動は1回のみ。

薙魂

薙魂は、味方が攻撃を受けた際に被ダメージをカットし、さらに自身にダメージを分担する効果があります。

薙魂のセット効果でHPが上昇するうえ、味方を守ることができるため、味方式神の生存確率が上がります。

御魂名セット2

薙魂
追加HP15%
セット4
装着者は50%の確率で味方が単体攻撃を受けたとき、被ダメージ20%カットし、さらに残りのダメージ50%を分担する。

樹妖

樹妖は味方全体のHP回復量が増加する御魂です。

樹妖装着者だけでなく味方全体にHP回復量増加の効果が及ぶため、桜の精の回復効果を高めることができます。

御魂名セット2

樹妖
追加HP15%
セット4
味方全体のHP回復量が20%アップする。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
効果抵抗・追加HP・追加防御力
弐(左)追加HP
効果抵抗・追加HP・追加防御力
参(左下)防御力
効果抵抗・追加HP・追加防御力
肆(右下)効果抵抗 or 追加HP
効果抵抗・追加HP・追加防御力
伍(右)HP
効果抵抗・追加HP・追加防御力
陸(右上)追加HP
効果抵抗・追加HP・追加防御力

桜の精のおすすめパーティ

パーティの動かし方

リーダー(スキル)
安倍晴明
安倍晴明(守、縛)
式神(御魂)
鎌鼬
鎌鼬(招き猫)

桜の精(返魂香)
シシオ
シシオ(輪入道)
金魚姫
金魚姫(破勢)
6222198478995456
かぐや姫(玉樹)
-

上記パーティは、シシオの行動ゲージ下げとスタンで牽制しつつ、桜の精のHP回復量下げを使用して相手の自由を徐々に奪っていくことを目的にした、中・長期戦向けのパーティです。

相手の攻撃に対しては金魚姫の金魚や、桜の精の返魂香、かぐや姫の玉樹などで耐久性能を強化しています。

また、桜の精の回復スキルはデバフに弱いため、安倍晴明の「言霊・縛」で封じて戦いましょう。

パーティの立ち回り方

鎌鼬の立ち回り方

鎌鼬は、御魂に「招き猫」を装着しつつ素早さを優先して、相手式神よりも先に行動できるようにしておきます。

鎌鼬は主に「兄弟の絆」を使用して味方の行動ゲージを増加させ、同時に味方の効果抵抗を上昇させてデバフ耐性を強化しましょう。

桜の精の立ち回り方

桜の精は、味方がターン獲得する際に味方のHPを回復する役割を担います。

また、スキル3の全体攻撃で相手全体のHP回復量を減少させ、長期戦になるほどHP回復が追いつかない苦しい状況を押し付けます。

また、御魂には「返魂香」を装着し、相手アタッカーの攻撃を牽制しましょう。

シシオの立ち回り方

シシオは、御魂に「輪入道」を装着し、行動の機会を可能な限り増やします。

また、シシオのスキル3「鹿角衝突」により相手の行動ゲージを減少させつつ、ゲージを下げた相手にスタンを付与します。

シシオは基本的に行動回数を増加し、相手の行動ゲージを下げて行動を阻害する役割を担います。

金魚姫の立ち回り方

金魚姫は、ターン経過による全体攻撃と、金魚召喚により味方を守ることを主にして行動します。

金魚の味方をかばう効果は、御魂の「薙魂」と同様の役割を担うことができるため、味方式神の耐久性能が上昇します。

また、相手が8回行動した際に全体攻撃を与える「金魚・反撃」は、御魂の「破勢」の効果により追撃が可能になるため、相手のHPが高い序盤から、HP回復が追いつかなくさせた後半にかけて長く活躍できるスキルと言えます。

かぐや姫の立ち回り方

かぐや姫は、「火鼠の裘」と「龍の頸の玉」による鬼火獲得と効果抵抗アップのバフ要員として運用します。

また、比較的相手に狙われにくいかぐや姫は、御魂に「薙魂」を選択することもありますが、本パーティでは金魚姫の金魚が薙魂役を担います。

そのため、上記パーティではかぐや姫に「玉樹」を装着させ、相手の鬼火を奪って行動を阻害する役割で運用します。

安倍晴明の立ち回り方

安倍晴明は、「言霊・縛」により相手の主用アタッカーやデバフ要員を封じ、桜の精のパッシブスキルなどが封印されないようにします。

また、要所で「言霊・守」を使用して味方式神を相手の攻撃やデバフから守りましょう。

相性の良い式神

シシオ(味方)

シシオは御魂に「輪入道」を装着して運用することが多いため、行動時にHP回復が可能な桜の精と相性が良い式神です。

また、シシオは相手の行動ゲージを下げることが可能なため、より味方の行動回数を増やすことができます。

恵比寿などの回復系式神(敵)

桜の精は、全体攻撃により相手のHP回復量を減少させることができるため、恵比寿などの回復系式神の回復を妨害し、回復役としての立ち回りを阻害することが可能になります。

雨女(敵)

桜の精の「桜吹雪」は、相手にかかっているバフを解除し、確率で昏睡を付与することができます。

桜吹雪による昏睡効果は、スキルレベル最大時には解除することができなくなるため、雨女のデバフ解除スキルでも解除することができません。

また、雨女自身に昏睡を付与することができれば、相手のデバフ解除を封じることができるため、相性が良い敵式神と言えます。

相性の悪い式神

般若(敵)

般若のスキル「嫉妬の心」は、攻撃時に相手の御魂効果とパッシブスキルを封印する効果があります。

桜の精はパッシブスキルによりHP回復を行うため、パッシブスキルを封印されると味方のHP回復ができなくなってしまいます。

よって、般若などのパッシブスキルを封印することができる式神は相性が悪いと言えます。

八尾比丘尼(敵)

八尾比丘尼は陰陽師ですが、「星の呪い」により般若と同様に御魂効果とパッシブスキルを封印することができます。

そのため、桜の精のパッシブスキルを封印される可能性があり、相性が悪い陰陽師と言えるでしょう。

吸血姫(味方)

吸血姫は、自身のHPが減少するほど攻撃力が上昇するスキルを持つため、行動のたびにHPを回復できる桜の精のスキルが逆効果となり、本来の火力を出すことができなくなってしまいます。

そのため、吸血姫にとっては桜の精のスキルが相性が悪いと言えるでしょう。

伝記

解放条件一覧

伝記一結界育成で桜の精が経験値を50000獲得する
伝記ニ桜の精が結界突破に60回参加する
伝記三桜の精を出陣させ、桃の精を出陣させた陰陽師と協力し、10回勝利する

伝承での桜の精

桜の精そのものは伝承にはいませんが、桜そのものは日本文化に馴染みの深い植物であり、非常に有名です。

式神図鑑によると桜の森に住んでおり、「やさしくも強い女性」であると書かれています。桜の精にはかつて愛する男性がいたようですが、その男性を失ってしまったようです。そのような経験から、彼女の「強さ」は生まれたのかもしれません

桜の花は桜の精の衣装にも反映されています。桜の木に可愛い桜の精がいたらと想像すると、とてもわくわくしますね。

総合評価

桜の精

桜の精は、味方が行動後にHPを回復することができる式神です。HP回復スキルはパッシブスキルのため、鬼火を消費することなく使用できる点も強力です。

また、全体攻撃スキルも習得する上、攻撃と同時に相手のHP回復量減少やバフの解除、昏睡の付与など強力な追加効果も持ち併せています。

基本的には回復役としての運用が最適ですが、特に回復量減少付与が耐久パーティなど中・長期戦を前提にしたパーティで活躍します。

上記パーティを参考に、闘技などで桜の精を活用してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

他の式神の評価

式神のランキング

御魂の各種情報

陰陽師の評価

このページのコメント
    メーカー公式Twitter