陰陽師攻略記事

【陰陽師】清姫(きよひめ)の評価と御魂・パーティ編成

陰陽師のSR式神である『清姫(きよひめ)』の解説記事です。清姫の評価やステータス、おすすめパーティなどを紹介しています。清姫についてはこちらの記事を参考にしてください。

清姫の基本情報

評価点7.5/10点
レア度 SR
声優・CV行城 とあ

アイコン

覚醒前覚醒後

ステータス

覚醒後Lv40ステータス

最大攻撃力2412
最大HP11849
最大防御力467
最大素早さ105
会心率5%
会心ダメージ150%

Lv1ステータス

覚醒前覚醒後
攻撃力102114
HP10031110
防御力7280
素早さ95105
会心率5%5%
会心ダメージ150%150%

ステータス解説

総合的なバランスは取れていますが、Sランクになる能力がないため、特別秀でたところもない能力となります。素早さ105は平均以下となり、先手でデバフ攻撃を決めたい清姫にとっては厳しい数値だと言えるでしょう。御魂のオプション効果で素早さを高めたり、味方式神の行動ゲージアップの効果などのフォローが必要です。

覚醒の効果と必要な素材

必要な覚醒素材は業火の輪と天雷の鼓です。覚醒をすることで、スキル2「毒塗り」の効果が増します。

素材名必要数
業火の輪・中16
業火の輪・大8
天雷の鼓・中16
天雷の鼓・大8
覚醒の効果
スキル「毒塗り」強化:防御力ダウン4%→8%

ダンジョン適正

全体攻撃で毒のデバフを付与でき、かつ付与した蛇毒は解除できないという強味を持っています。そのため、闘技では全体攻撃デバッファーとして有用です。

一方、清姫の攻撃は効果を発揮するのに火力の高さや周回効率に時間がかかるため、各種ダンジョンでの適正は低くなります。

探索闘技
御魂狩り戦
覚醒陰界の門
石距異聞

清姫の評価

強い点:毒を付与して継続ダメージ

清姫は通常攻撃や全体攻撃の「愛の焔」を使用することで、敵に「蛇毒」を付与できます。蛇毒を付与された敵は防御力低下の効果に加え、毎ターンダメージを受けます。

また、蛇毒は雨女のスキルなどで解除ができないという長所があり、デバフ状態の敵をスタンさせられる鳳凰火との相性は抜群です。

弱い点:総合的な火力が低い

毒のダメージを発揮させるにはターン数がかかり、また単体高火力スキルもないため、瞬間的な攻撃力には欠けます。火力役としてよりはデバッファーとして運用したほうがよいでしょう。

攻撃面のステータスが低め

清姫の攻撃力と会心率はアタッカーとして見るとやや低めの値となります。全体攻撃アタッカーでよく採用される針女などは清姫の場合だと活用しにくいです。

清姫のスキル

スキル1:蛇行撃

鬼火消費なしで撃てる、いわゆる通常攻撃です。清姫の場合、攻撃力の倍率は低くなっていますが、目標に「蛇毒」を付与して毎ターン敵にダメージを与えることができます。蛇毒の効果は、スキルマにすることでダメージアップが可能です。

蛇毒の付与効果を考えると、高性能なスキルだと言えるでしょう。

消費鬼火0
効果敵単体に攻撃力の86%相当のダメージを与える。さらにその後の2ターンの間、目標に「蛇毒」を付与し、毎ターン清姫の攻撃力の24%相当のダメージを与える。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+5%
Lv6「蛇毒」効果強化:ダメージが攻撃力の32%にアップする

スキル2:毒塗り

「蛇毒」1つごとに目標の防御力を下げるパッシブスキルです。蛇毒を重ねることで防御力ダウンの効果が増大します。鬼火消費なく防御力ダウンの効果が得られるため、その意味では高性能です。

消費鬼火0
効果【パッシブスキル】「蛇毒」は1重ごとに目標の防御力を4%ダウンさせる。
【覚醒後】目標の防御力ダウン4%→8%

レベルアップ時の効果

-このスキルはレベルアップできません
Lv3-
Lv4-
Lv5-

スキル3:愛の焔

敵全体を3回攻撃するスキルで総ダメージ倍率は108%(スキルマ時153%)になります。さらに「蛇毒」を付与することができ、継続ダメージを与えられます。スキルレベルを上げると追加ダメージが上昇し、スキルマにすることで毒によるダメージ量が増すので、早めにスキルマにしておくといいでしょう。

消費鬼火3
効果敵全体を3回攻撃する。毎回攻撃力の36%相当のダメージを与える。さらに50%(+本来の確率×効果命中)の確率で2ターンの間「蛇毒」を付与し、毎ターン清姫の攻撃力の24%相当のダメージを与える。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5「蛇毒」効果強化:ダメージが攻撃力の32%にアップする

スキル参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

清姫のおすすめ御魂

おすすめ御魂1:魅妖

清姫の場合、攻撃面のステータスがトップクラスというわけでもないため、火力アタッカーよりも全体攻撃デバッファーとして御魂を選択するのがおすすめです。その場合、混乱を付与できる魅妖がおすすめです。

清姫は素早さが低くデバッファーとして先手を打ちにくく、味方との連携もしにくいため、2番のメインオプションは素早さを選択。サブオプションも素早さを重視しましょう。デバフメインであることと、蛇毒による継続ダメージが得られることから、攻撃面を追求しすぎなくてOKです。

御魂名セット2

魅妖
追加防御力30%
セット4
ダメージを与えた時、25%(+元の確率×効果命中)の確率で敵を混乱状態にさせる。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
素早さ・追加攻撃力・会心率
弐(左)素早さ
素早さ・追加攻撃力・会心率
参(左下)防御力
素早さ・追加攻撃力・会心率
肆(右下)効果命中
素早さ・追加攻撃力・会心率
伍(右)HP
素早さ・追加攻撃力・会心率
陸(右上)追加攻撃力
素早さ・追加攻撃力・会心率

おすすめ御魂2:魍魎の匣

デバフ付与の御魂の候補として、魅妖のほかにランダムでデバフ効果を付与できる魍魎の匣も選択肢に入ります。

オプション効果は魅妖と同じで問題ありません。デバフが主体となるため攻撃を切り捨てて、HPや防御力を高めていく方法もアリです。

位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
素早さ・追加攻撃力・会心率
弐(左)素早さ
素早さ・追加攻撃力・会心率
参(左下)防御力
素早さ・追加攻撃力・会心率
肆(右下)効果命中
素早さ・追加攻撃力・会心率
伍(右)HP
素早さ・追加攻撃力・会心率
陸(右上)追加攻撃力
素早さ・追加攻撃力・会心率

清姫のおすすめパーティ

リーダー(スキル)

安倍晴明(言霊・縛、言霊・守)
式神(御魂)

鎌鼬(最速)

清姫(魍魎の匣)

鳳凰火(反魂香)

彼岸花(破勢)

かぐや姫(火霊)

清姫を使ったパーティの編成例です。鎌鼬で行動ゲージを高め、全体攻撃のデバフで戦局を有利に導くのが狙いとなります。

パーティの動かし方

理想的な行動順で解説します。

鎌鼬の立ち回り方

清姫の全体攻撃を素早く発動させるため、最速で行動し、味方の行動ゲージを高めます。御魂は素早さを最優先して装着しましょう。

清姫の立ち回り方

スキル3の全体攻撃でデバフ付与を行ないます。解除不可の毒で継続的にダメージを与えつつ、鳳凰火のスタン付与に繋げましょう。メインアタッカーは彼岸花となります。

鳳凰火の立ち回り方

清姫の攻撃で付与したデバフを利用し、敵をスタン状態にしていきます。敵の攻撃の的になりやすいため、返魂香を装着して対策します。

安倍晴明の立ち回り方

言霊・縛で椒図のライフリンクによる彼岸花のダメージが分散されることを警戒します。もしくは犬神など反撃系の式神に言霊・縛を放って動きを阻害するか、防御デバフを入れ早急に倒しきるのを目指します。

彼岸花

彼岸花は、このパーティでのメインアタッカーとなります。「花の海」の効果を使い、敵の行動順がくるたびにダメージを与えていきます。犬神など反撃系の式神がいる場合は反撃を受けることになるので、その点には注意しましょう。

かぐや姫

鬼火供給役として採用。このパーティでは戦闘開始から一連の連携攻撃を決めるのに鬼火が9個必要になるため、御魂は火霊を採用しています。

相性の良い味方式神

鳳凰火

鳳凰火はデバフ状態の敵に対しスタン付与の効果が発生し、かつ全体攻撃持ちです。そのため、清姫の蛇毒付与からスタンを狙う、という強力な連携攻撃が行なえます。鳳凰火との相性はバツグンです。

般若

般若はパッシブと御魂効果を封じるスキルを持っており、相手の行動を妨害することが得意です。魅妖を装着した清姫なら混乱効果にも期待できるため、般若のスキルとの相乗効果で相手の行動を大幅に妨害できます。

相性の悪い式神

吸血姫、犬神

全体攻撃でデバフを付与する場合、反撃系のスキルを持つ吸血姫犬神の攻撃を受けるため、注意する必要があります。清姫にとっ戦いにくい相手です。

白無常とどちらが強い?

素早さは白無常

継続ダメージの使い手として、清姫のほかに白無常が挙げられます。両者を比較した場合、まず大きな差として目につくのが素早さです。清姫105に対し、白無常は116あるため、白無常のほうが先手を取りやすくなります。

継続ダメージの付与確率は白無常のほうが上

清姫のスキル3による蛇毒の付与率は50%(+本来の確率×効果命中)なのに対し、白無常は60%(+本来の確率×効果命中)となるため、白無常のほうが継続ダメージを与えられる確率が高まります。

鬼火消費では清姫のほうが上

清姫は通常攻撃でも蛇毒を付与できるため、鬼火消費を節約しつつ蛇毒の付与が可能です。ただ、清姫の行動順が遅くなる傾向にあるため、この利点を活かすなら清姫の素早さをしっかり高める必要があります。

白無常のほうが優秀か

全体的なスペックで見ると、白無常のほうが清姫を上回っていると言えます。しかし、鬼火を節約して継続ダメージを与える能力や、白無常にはない防御力低下の効果もあるため、それらをフル活用できる環境があれば、清姫で十二分に戦うことが可能です。

伝記

解放条件一覧

伝記一清姫を覚醒させる
伝記ニ陰陽寮で清姫の欠片祈念を15回行う
伝記三清姫のスキルレベルを8回上げる

参考動画

しょーとくさんによる、清姫込みのパーティでの共同闘技動画です。

伝承での清姫

p:清姫は紀州道成寺にまつわる伝説「安珍・清姫伝説」に登場します。伝説では、清姫は美しい僧の安珍に思いを寄せますが、裏切られてしまい激怒のあまり蛇に変化します。そして、お寺ごと安珍を焼き殺してしまうという、かなり過激な内容となっています。

「安珍・清姫伝説」は後日談があるほか、後に様々な作品の題材として取り上げられており、女性の怨念の物語としての世界が展開されています。

本作では上半身は人間、下半身は蛇の姿で描かれています。伝承と同様に慕っていた恋人に裏切られて、妖かしになってもなお復讐しようとしたあげく、現在の状態になっているということです。

総合評価

解除できない「蛇毒」を持ち、全体攻撃スキルで蛇毒を付与できるのが清姫の持ち味です。魍魎の匣などの御魂でデバフの種類を増やすことで、デバッファーとして運用できます。デバフ状態の敵をスタンにできる鳳凰火との相性が良く、闘技ではセットで使うのを前提にすると良いでしょう。

課題となるのは、やはりトータルの火力の低さと速さ不足。特に行動順が遅いと敵に対策されてしまいやすいので、御魂効果や他の式神のスキルなどでフォローしてあげましょう。

総合的に見ると育成の優先度は低めですが、毒を使った新しい戦法が確率されれば評価がガラリと変わる可能性を秘めているので、入手したら育てておきましょう!

関連リンク

他の式神の評価

式神のランキング

御魂の各種情報

陰陽師の評価

このページのコメント
    メーカー公式Twitter