陰陽師攻略記事
更新日:03/30 17:47

【陰陽師】山兎(やまうさぎ)の評価と御魂・パーティ編成

陰陽師のR式神である『山兎(やまうさぎ)』の解説記事です。山兎の評価やステータス、おすすめパーティなどを紹介しています。山兎についてはこちらの記事を参考にしてください。

山兎の基本情報

評価点8.5/10点
レア度 R
声優・CV豊崎 愛生

アイコン

覚醒前覚醒後

ステータス

覚醒後Lv40ステータス

最大攻撃力2894
最大HP10709
最大防御力432
最大素早さ115
会心率8%
会心ダメージ150%

Lv1ステータス

覚醒前覚醒後
攻撃力123137
HP9071003
防御力6674
素早さ105115
会心率8%8%
会心ダメージ150%150%

ステータス解説

山兎は、素早さのステータスが高く、他の式神よりも優先的に行動しやすい式神です。

山兎は味方の行動ゲージアップが可能など、サポート性能に長けているため、素早さを生かしやすいスキル構成と言えます。

覚醒の効果と必要な素材

素材名必要数
風転の札・小16
風転の札・中8
天雷の鼓・小16
天雷の鼓・中8
覚醒の効果
スキル:「兎の舞」習得

ダンジョン適正

探索×闘技
御魂狩り戦×
覚醒×陰界の門×
石距×異聞×

闘技における山兎は、スキル2「兎の舞」により消費鬼火2で味方全体の行動ゲージアップが可能な点が魅力です。

また、スキル3「輪投げ遊び」は高火力の単体攻撃かつ相手を変幻させる効果を持つため、「破勢」などで構成することでアタッカーとして運用することも可能です。

御魂ダンジョンでは、ミタマラ(御魂マラソン)をする際の行動ゲージアップ役として最適のため、適正が高い式神と言えます。

山兎の評価

強い点:味方全体の行動ゲージアップが可能

山兎は、スキル2「兎の舞」により、味方全体の行動ゲージを30%アップさせることができます。

また、行動ゲージアップと共に、2ターンの間味方全体の攻撃力を最大20%アップさせることが可能です。

同じ行動ゲージアップスキルの鎌鼬の「兄弟の絆」と比較すると、山兎の「兎の舞」は消費鬼火2で使用することができ、使用コストが低くなっている点で優秀です。

ただし、鎌鼬のように味方の効果抵抗アップはできないため、サポート性能は鎌鼬に軍配が上がります。

強い点:高火力単体攻撃スキルを持つ

山兎のスキル3「輪投げ遊び」は、相手単体に攻撃力の237%相当のダメージを与える効果を持ちます。

単体攻撃スキルの中でも高火力となっており、御魂の破勢と組み合わせることで、山兎をアタッカーとして運用することも可能です。

また、低確率ながら相手を紙人形に变化させることも可能なため、パッシブスキルが強力な相手にも有効です。

ただし、メインアタッカーとしての運用は難しいため、あくまでサブアタッカーとしての運用も可能程度に捉えておきましょう。

弱い点:素早さが高い相手に不利

山兎は、同じ行動ゲージアップを持つ鎌鼬や、即時行動スキルを持つ妖琴師などと比べると元々の素早さが劣るため、先手を取られやすくなってしまいます。

山兎をメインの行動ゲージアップ要員として運用する場合は、自身より素早さが高い相手に注意が必要です。

弱い点:狙って変幻をさせることは難しい

山兎の「輪投げ遊び」は、相手を紙人形に变化させることができますが、变化を付与する確率が10%と非常に低いため、狙ったタイミングで相手を变化させることが難しいスキルです。

そのため、山兎を变化付与目的で運用することは非常に難しいと言えるでしょう。

山兎のスキル

スキル1:悪い子ど〜こだ

悪い子ど〜こだは、山兎の通常攻撃スキルです。相手単体に攻撃力の100%相当のダメージを与える効果を持ちますが、追加効果はありません。

スキルレベルアップでダメージが強化されますが、基本的には使用する機会の少ないスキルと言えるでしょう。

消費鬼火0
効果敵単体に攻撃力の100%相当のダメージを与える。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+10%

スキル2:兎の舞

兎の舞は、味方全体の行動ゲージを30%アップさせることができるスキルです。

行動ゲージと同時に攻撃力も上昇させることができるため、味方のアタッカー式神と相性の良いスキルと言えます。

また、行動ゲージ上昇系スキルの中でも鬼火消費が2と少ない点も魅力です。

消費鬼火2
効果味方全体の行動ゲージを30%アップさせ、2ターンの間、攻撃力を10%アップさせる。

レベルアップ時の効果

Lv2攻撃力を15%にアップさせる
Lv3攻撃力を20%にアップさせる

スキル3:輪投げ遊び

輪投げ遊びは、相手単体に攻撃力の237%で攻撃を与え、さらに10%の確率で相手を紙人形に变化させることができるスキルです。

単体攻撃スキルの中でも比較的高火力となっているため、山兎をサブアタッカーとして運用することが可能です。

また、非常に低確率ながら相手を变化させることも可能なため、強力なスキルと言えます。

消費鬼火3
効果敵単体に攻撃力237%相当のダメージを与える。さらに10%(+本来の確率×効果命中)の確率で敵を紙人形に变化させ、パッシブスキルを封印する。効果はかき消すことができない。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+5%

スキル参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

山兎のおすすめ御魂

招き猫

招き猫は、自身のターン開始時に50%の確率で鬼火を2点獲得することができる御魂です。

山兎に招き猫を装着することで、招き猫の効果が発動した際に「兎の舞」で使用する鬼火を獲得することができます。

実質鬼火消費0で行動ゲージアップが可能になるため、相性が良い御魂と言えます。

御魂名セット2

招き猫
追加防御力30%
セット4
ターン開始時、50%の確率で鬼火を2点獲得。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
素早さ・追加HP・追加防御力
弐(左)素早さ
素早さ・追加HP・追加防御力
参(左下)防御力
素早さ・追加HP・追加防御力
肆(右下)追加HP
素早さ・追加HP・追加防御力
伍(右)HP
素早さ・追加HP・追加防御力
陸(右上)追加HP
素早さ・追加HP・追加防御力

破勢

破勢は、相手のHPが70%以上の時、与ダメージの40%の追加ダメージを与える効果を持ちます。

山兎をアタッカーとして運用する場合、破勢を装着することで、スキル3「輪投げ遊び」の与ダメージをさらに上昇させることができます。

山兎をサブアタッカーで運用させたい場合は、破勢を選択すると良いでしょう。

御魂名セット2

破勢
会心率15%
セット4
敵のHPが70%以上のとき、40%の追加ダメージを与える。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
会心率・会心DMG・追加攻撃力
弐(左)追加攻撃力
会心率・会心DMG・追加攻撃力
参(左下)防御力
会心率・会心DMG・追加攻撃力
肆(右下)追加攻撃力
会心率・会心DMG・追加攻撃力
伍(右)HP
会心率・会心DMG・追加攻撃力
陸(右上)会心率
会心率・会心DMG・追加攻撃力

山兎のおすすめパーティ

パーティの動かし方

リーダー(スキル)

安倍晴明(星、守)
式神(御魂)

鎌鼬(最速)

山兎(招き猫)

兵俑(返魂香)

座敷童子(火霊)

茨木童子(破勢)
-

上記パーティは、鎌鼬と山兎の2体で味方の行動ゲージを上昇させ、相手の割り込みを完全に阻止して戦うことを目的にしています。

味方の行動ゲージをアップさせることができる山兎と鎌鼬の2体を編成するパーティを、通称「ダブルゲージパーティ」と呼びます。

本パーティは、行動ゲージを2度上昇させ、相手の行動が来る前に兵俑の挑発で相手をコントロールし、茨木童子で確実に1体ずつ倒していくことを目的にしています。

パーティの立ち回り方

鎌鼬の立ち回り

鎌鼬は、相手式神よりも先に行動できるように、御魂効果よりも素早さを重視した編成にしておきます。

初回行動時に「兄弟の絆」を使用し、味方の行動ゲージと効果抵抗をアップさせ、後続の味方式神に繋げましょう。

山兎の立ち回り

山兎は鎌鼬と同様に、「兎の舞」を使用して行動ゲージをアップさせましょう。

鎌鼬と山兎のダブル行動ゲージアップが成功すると、相手の式神が1人行動する前に、味方の全ての式神が行動できるようになる場合があります。

山兎の御魂には「招き猫」を装着し、ターン獲得時に「兎の舞」で使用する鬼火を獲得できるようにしておきましょう。

兵俑の立ち回り

兵俑は、敵全体に挑発を付与し、スキルの使用と行動をコントロールします。

また、兵俑には「返魂香」を装着し、挑発で攻撃してきた相手をスタンさせられるようにしておきましょう。

挑発とスタンの両方を付与できると、最大で2ターンもの間相手の行動を封じることが可能です。

座敷童子の立ち回り

座敷童子は、「転禍為福」や「福運繁栄」により、パーティの鬼火供給役として運用します。

また、座敷童子の御魂には「火霊」を選択し、戦闘開始時に鬼火を獲得できるようにしておきましょう。

茨木童子の立ち回り

茨木童子は、敵アタッカーなどの耐久力が低い相手式神を狙い、スキル3「地獄の腕」により一撃で撃破することを狙います。

また、御魂には「破勢」を選択し、HPが高い相手を攻撃時にも追加ダメージを与えられるようにし、殲滅力を強化しておきましょう。

安倍晴明の立ち回り

安倍晴明は、初回行動時に「言霊・星」を使用して攻撃力バフを付与し、茨木童子の攻撃力を上昇させます。

2ターン目には「言霊・守」を使用してバリアを展開し、味方式神を守りつつ戦いましょう。

相性の良い式神

山兎/鎌鼬(味方)

山兎や鎌鼬が持つ行動ゲージアップスキルを2度使用することで、相手式神の割り込みを防ぎ、味方全体の行動を完全に繋ぎきることが可能になります。

割り込みを防ぐことでパーティのスキルのコンボを繋げやすくなるため、相性が良い式神と言えます。

相性の悪い式神

閻魔/妖琴師/鎌鼬(敵)

山兎は閻魔妖琴師鎌鼬に基礎素早さが劣っているため、先手を取られやすく、山兎の長所を生かす前に不利になってしまう可能性があります。

そのため、山兎と同じ行動ゲージアップや即時行動、沈黙などのデバフを持っているかつ、基礎素早さが高い相手式神には相性が悪いと言えます。

伝記

解放条件一覧

伝記一山兎が闘技に30回勝利する
伝記ニ陰陽寮で山兎の欠片祈念を15回行う
伝記三山兎を出陣させ、孟婆を出陣させた陰陽師と協力し、10回勝利する。

参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

現在、動画準備中です。

伝承での山兎

式神図鑑によると、山兎はウサギの妖しで、いつも一つ目のカエルの背中に乗って甘えている式神のようです。

時にいたずらをすることもあり、自分のかわいさに自覚があるのか、少々ワガママな性格をしています。

山兎のワガママに振り回されたとしても、かわいさに免じて許してあげましょう。

総合評価

山兎は、貴重な全体行動ゲージアップスキルを持った式神です。

また、単体高火力かつ変幻効果を持った「輪投げ遊び」により、御魂次第ではサブアタッカーとしての活躍が可能です。

ダンジョンでは、御魂ダンジョンの周回に最適となっており、御魂集めで非常に活躍する式神と言えます。

闘技では、鎌鼬や山兎と組んで行動を制圧する「ダブルゲージパーティ」が強力なため、おすすめパーティを参考に、見た目もかわいい山兎を活躍させてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

他の式神の評価

式神のランキング

御魂の各種情報

陰陽師の評価

このページのコメント
    メーカー公式Twitter