陰陽師攻略記事
更新日:03/30 15:59

【陰陽師】百目鬼(どうめき)の評価と御魂・パーティ編成

陰陽師のSR式神である『百目鬼(どうめき)』の解説記事です。百目鬼の評価やステータス、おすすめパーティなどを紹介しています。百目鬼についてはこちらの記事を参考にしてください。

百目鬼の基本情報

評価点8/10点
レア度 SR
声優・CV日高 里菜

アイコン

覚醒前覚醒後

ステータス

覚醒後Lv40ステータス

最大攻撃力2376
最大HP9456
最大防御力507
最大素早さ118
会心率3%
会心ダメージ150%

Lv1ステータス

覚醒前覚醒後
攻撃力118130
HP801886
防御力7786
素早さ108118
会心率3%3%
会心ダメージ150%150%

ステータス解説

百目鬼は、防御力と素早さのステータスが高く、相手式神よりも早く行動がしやすい式神です。

百目鬼は相手のスキル使用を抑止することができるため、素早さの高さと自身のスキルが噛み合っていると言えます。

覚醒の効果と必要な素材

素材名必要数
風転・中16
風転・大8
天雷・中16
天雷・大8
覚醒の効果
「呪いの目」強化:「邪光」使用時に鬼火を3点消費させる

ダンジョン適正

探索×闘技
御魂×狩り戦×
覚醒×陰界の門×
石距×異聞×
百鬼戦

百目鬼はスキル3の「呪いの目」により、闘技において相手のスキルを抑止することができるため、闘技で活躍できる式神です。

事前に用意された式神を選択して戦う「百鬼戦」では、相手のスキル使用抑止役として採用率が高く、強力な式神と言えます。

ただし、呪いの目の効果は相手が鬼火を使用するスキルを使用する際に限られるため、闘技や百鬼戦以外のダンジョンでは基本的に適正が少ないと言えるでしょう。

百目鬼の評価

強い点:相手のスキル使用を抑止させる

百目鬼のスキル3「呪いの目」は、敵全体にダメージを与えつつ敵全体を1ターン「凝視」状態にする効果があります。

凝視状態になった相手は、鬼火を消費するスキルが強制的に「邪光」に替わり、相手が邪光を使用した場合、大ダメージを与えることができます。

大ダメージを与えるためには相手がスキルを使用しなくてはなりませんが、結果的に相手のスキルの使用を抑止することができるため、相手式神の行動の阻害が可能になります。

また凝視された相手は、邪光を使用するまで凝視が解除されないため、ダメージを受けてスキルを復活させるか、鬼火消費なしのスキルを使用するかの苦渋の選択を強いられます。

強い点:相手の鬼火枯渇が可能

百目鬼が覚醒することで、スキル3「呪いの目」による「邪光」を使用した際に、相手の鬼火を3点も奪う効果が追加されます。

邪光使用によるダメージだけでなく、鬼火を強制的に消費させられてしまうため、百目鬼が覚醒することで、より相手式神の行動阻害が可能になります。

強い点:会心攻撃対策が可能

百目鬼は、相手行動時に会心が出た際に、確率で鬼目を1つ開眼する「鬼目」を習得します。

鬼目が合計5つ開眼した場合、鬼火消費なしでスキル3の「呪いの目」を発動することができます。

そのため、相手が「針女」などの会心に特化した御魂を装備している場合の牽制役としても活躍可能です。

弱い点:デバフ解除に弱い

百目鬼の呪いの目による「凝視」は、雨女などが持つデバフ解除スキルで解除することができます。

そのため、相手にデバフ解除役が存在する場合には凝視状態を持続させることが困難となり、百目鬼の強みを生かしづらくなります。

弱い点:スキル1が強力な式神にはほぼ無力

百目鬼の強みである邪光は、「鬼火を消費するスキル」に対して効果があるため、鬼火消費なしで使用できるスキル1でも火力を出すことができる式神に対しては、邪光によるスキル抑止が活躍しづらくなってしまいます。

百目鬼のスキル

スキル1:瞳炎

瞳炎は、百目鬼の通常攻撃スキルです。攻撃相手がスキル2またはスキル3の効果により「凝視」状態となっている場合には、凝視状態を1ターン延長する効果が追加されます。

凝視状態かつ、さらにスキルを抑止したい相手式神が存在する場合に活躍できるスキルです。

消費鬼火0
効果敵単体に攻撃力100%相当のダメージを与える。目標が凝視状態の場合、凝視状態を1ターン延長する。

レベルアップ時の効果

Lv2スキルの追加ダメージ+5%
Lv3スキルの追加ダメージ+5%
Lv4スキルの追加ダメージ+5%
Lv5スキルの追加ダメージ+5%

スキル2:鬼目

鬼目は、相手の行動時に「会心」が出た際、最大80%の確率で鬼目を1つ開眼できる効果を持ちます。

鬼目を5つ開眼することで、鬼火の消費なくスキル3を使用可能になるため、会心に特化させた相手アタッカーの牽制として活躍するスキルと言えます。

消費鬼火0
効果相手行動で会心が出た時、百目鬼は40%の確率で鬼目を1つ開眼する。鬼目が5つ開眼した時、鬼火消費無しに1度呪いの目を発動し、開眼した鬼目を閉じる。
(※全体複数回攻撃を受けたとしても、「鬼目」は1度しか発動できません)

レベルアップ時の効果

Lv2発生率が50%にアップする
Lv3発生率が60%にアップする
Lv4発生率が70%にアップする
Lv5発生率が80%にアップする

スキル3:呪いの目

呪いの目は、相手全体にダメージを与えつつ「凝視」を付与する効果を持ちます。

凝視を付与された相手は、鬼火を消費するスキルが「邪光」に替わり、邪光を使用することで大ダメージと鬼火を3点失ってしまいます。

そのため、相手のスキル使用を抑止し、行動を阻害することができる強力なスキルです。

消費鬼火2
効果百目鬼は鬼目で相手を凝視する。100%(+本来の確率×効果命中)の確率で敵全体を1ターン凝視状態にする。凝視状態にある敵の鬼火消費スキルが「邪光」に替わる。「邪光」は鬼火3を消費し、自身に百目鬼の攻撃力211%相当のダメージを受け、全体の凝視状態を解除する。

レベルアップ時の効果

Lv2邪光ダメージ5%アップ
Lv3邪光ダメージ5%アップ
Lv4邪光ダメージ5%アップ
Lv5スキル消費鬼火-1

スキル参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

百目鬼のおすすめ御魂

招き猫

招き猫は、ターン開始時に50%の確率で鬼火を2点獲得することができる御魂です。

百目鬼は妖琴師などで優先的に行動させることが多いため、行動回数が多いほど鬼火獲得の機会が増える招き猫と相性が良いと言えます。

御魂名セット2

招き猫
追加防御力30%
セット4
ターン開始時、50%の確率で鬼火を2点獲得。

返魂香

返魂香は、ダメージを受けた際に確率で攻撃者をスタンさせることができる御魂です。

百目鬼は比較的相手の攻撃対象になりやすいため、返魂香を装備しておくことで相手の攻撃を牽制することができます。

御魂名セット2

返魂香
効果抵抗15%
セット4
ダメージを受けた時、1ターンの間、25%(元の確率×効果命中)の確率で攻撃者をスタンさせる。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。複数回の攻撃でも発動は1回のみ。

地蔵の像

地蔵の像は、会心を受けた際にダメージを一定値吸収するバリアを張ることができます。

百目鬼の鬼目も会心により発動するため、地蔵の像を装着することで、相手から受けるダメージを軽減しつつ、鬼目を開眼させていくことが可能になります。

御魂名セット2

地蔵の像
追加HP15%
セット4
会心を受けた時、HPの10%分のダメージを吸収(バリア)。さらに30%の確率で味方も同時にかばう。挑発された敵に対する発生率が60%ダウン。
位置オプション(メイン/サブ)
壱(左上)攻撃力
効果命中・効果抵抗・追加HP
弐(左)素早さ
効果命中・効果抵抗・追加HP
参(左下)防御力
効果命中・効果抵抗・追加HP
肆(右下)効果抵抗
効果命中・効果抵抗・追加HP
伍(右)HP
効果命中・効果抵抗・追加HP
陸(右上)追加HP
効果命中・効果抵抗・追加HP

百目鬼のおすすめパーティ

パーティの動かし方

リーダー(スキル)

安倍晴明(守、縛)
式神(御魂)

妖琴師(招き猫)

百目鬼(招き猫)

シシオ(輪入道)

花鳥風月(針女)

かぐや姫(返魂香)
-

本パーティは、妖琴師で百目鬼を即時行動させ、百目鬼の「呪いの目」で相手のスキル使用を抑止していくパーティです。

また、シシオにより相手の行動ゲージを減少させ、凝視状態から抜け出しにくくしたり、より使用したいスキルを使わせないようにさせる狙いがあります。

また、安倍晴明で相手の主用アタッカーやデバフ役を封じるために「言霊・縛」を、相手の攻撃やデバフから味方を守るために「言霊・守」を選択しています。

パーティの立ち回り方

妖琴師の立ち回り

妖琴師は、御魂に招き猫を装着し、可能な限り素早さを上昇させておきましょう。

妖琴師で初めに百目鬼を即時行動させ、「呪いの目」により相手に凝視を付与し、スキルの使用を抑止します。

また、妖琴師と百目鬼の招き猫により鬼火を獲得していきます。

百目鬼の立ち回り

百目鬼は、妖琴師に即時行動をさせてもらい、「呪いの目」による凝視付与を基本行動にします。

百目鬼は凝視効果を持続させるために、妖琴師で優先的に行動させることが多いため、行動回数の多さを利用して、御魂には「招き猫」を選択して鬼火の獲得も狙いましょう。

シシオの立ち回り

シシオは、凝視状態の相手や主要な相手式神に「鹿角衝突」を使用し、行動ゲージ下げおよびスタンを付与していきます。

凝視状態の相手の行動ゲージを減少させることで、凝視効果から抜け出しにくくさせ、より使用したいスキルを使用しづらくさせることが可能です。

花鳥風月の立ち回り

花鳥風月は、味方式神のHP回復・デバフ解除を兼任しつつ、「針女」を装着してアタッカーとしてマルチに運用します。

花鳥風月のスキル1「帰鳥」は、最大4回攻撃になるため針女と相性が良く、会心攻撃を与えつつ味方のHPを回復することができます。

また、攻撃力を強化するために御魂を攻撃寄りのオプションで編成するのも良いでしょう。

かぐや姫の立ち回り

かぐや姫は、「火鼠の裘」と「龍の頸の玉」により鬼火を獲得しつつ、味方の効果抵抗を上昇させてデバフ対策を行います。

また、返魂香を装備して相手攻撃者にスタン付与を狙うことで、相手アタッカーの攻撃を牽制します。

安倍晴明の立ち回り

安倍晴明は、「言霊・縛」で相手の主要なデバフ役やアタッカーを封じ、非常時には「言霊・守」により相手の攻撃およびデバフから味方を守りましょう。

相性の良い式神

妖琴師(味方)

妖琴師は、百目鬼を即時行動させることができ、「呪いの目」の効果を持続させることが可能になります。

そのため、百目鬼の強みを生かしやすく相性の良い式神と言えます。

シシオ(味方)

シシオは、「鹿角衝突」の行動ゲージ下げおよびスタンにより、百目鬼の凝視効果の解除を遅らせることができます。

そのため、より長くスキルの使用を抑止することができるため、百目鬼と相性が良い式神です。

かぐや姫/椒図などのCTがある式神(敵)

かぐや姫の幻境や椒図のライフリンクなど、スキル効果を持続することで強力な効果を得る式神は、スキル解放のために邪光を使用して鬼火を消費させたり、スキル効果の継続を困難にさせることができます。

相性の悪い式神

吸血姫/以津真天/酒呑童子など

吸血姫以津真天酒呑童子などのスキル1でも高火力を出すことができる式神は、鬼火消費スキルを使用せずとも火力を出すことができるため、スキル使用を抑止しても効果が薄くなってしまいます。

そのため、スキル1が強力な式神は相性が悪いと言えるでしょう。

伝記

解放条件一覧

伝記一百目鬼を覚醒させる
伝記ニ百鬼夜行で百目鬼の欠片を30個獲得する
伝記三百目鬼が結界突破に30回参加する

参考動画

攻略班によるスキルの参考動画になります。

現在、動画の準備中です。

伝承での百目鬼

百目鬼は、鳥山石燕の「今昔画図続百鬼」に描かれている妖怪で、腕にいくつもの目がある女性の姿をした妖怪であるとされています。

また、栃木県宇都宮市には、藤原秀郷が百目鬼と呼ばれる鬼を退治したとする伝承があります。秀郷に致命傷を負わされた鬼が本願寺の智徳上人の引導によって成仏し、その最後の地を「百目鬼」よ呼ぶようになったという、地名にまつわる伝説もあります。

陰陽師に登場する百目鬼も伝承と同じ女性の姿をしており、目が描かれた衣装や目にまつわるスキルを持つことから、伝承を再現した式神であると推測されます。

総合評価

百目鬼は、相手全体に「凝視」を付与することで、相手の鬼火を消費するスキルを「邪光」に変化させ、スキルの使用を抑止することができます。

また、パッシブスキルで鬼目を開くことができ、会心攻撃を5回受けることで相手に「呪いの目」を使用することが可能なため、会心攻撃の抑止役としても活躍します。

味方の妖琴師シシオのスキルを活用することで、百目鬼の凝視効果をさらに生かすことが可能になるため、百目鬼を使用する場合には、パーティに編成することをおすすめします。

関連リンク

他の式神の評価

式神のランキング

御魂の各種情報

陰陽師の評価

このページのコメント
    メーカー公式Twitter