エアレジェ攻略記事
更新日:11/30 16:21

【エアレジェ】「ドロシー」の性能と立ち回り方

「エアリアルレジェンズ(エアレジェ)」のキャスター「ドロシー」の性能と立ち回り方をご紹介しています。ゲーム攻略完全図鑑が考える「ドロシー」の強い点、弱い点や具体的な動かし方なども紹介しているので、ドロシーの評価を参考にして、エアレジェを攻略してみてください。

「ドロシー」の特徴

基本情報

基本情報
クラス
ネーム
カンザスの希望アルカナ
タイプ魔導書性別女性
属性木の属性値100%クラスキャスター
絆スキル・マジックガード(木)
→木属性のダメージを減少させる

木属性のキャスター「ドロシー」は、通常攻撃で広範囲を捉えることが出来る点やアーツで多くの対象をとって攻撃できることから、複数の敵に対する攻撃性能が高いレジェンズと言えます。

強いところ

複数体の敵を狙える攻撃

敵が多く出現するステージでは、1体1体に対処していると敵の猛攻に押されてしまう場合があります。そういったとき、広範囲の攻撃が可能なドロシーは、複数の敵にダメージを与えるため有利に戦えます。

とくに試練クエスト「嵐樹の使い手」や木属性に弱い敵が多く出現するステージでは、ドロシーの通常攻撃やアーツが非常に有効です。

弱いところ

対空攻撃はアーツを活用しよう

ドロシーの通常攻撃は地面に魔法陣をしいて、複数の敵を攻撃できます。しかし、「エアギル」や「ゴース」といった空中に浮かぶ敵には当たらないので、対空攻撃が必要な相手にはアーツで対応しましょう。

アーツとアビリティ評価

敵を一網打尽にしよう

ドロシーのアーツ「カンザーン・ストルム」は、AE2と少ない消費で発動でき、最大で7体の対象をとって8倍のダメージ。さらに対空がついているため、空中の敵も網羅できる強さがあります。

「コツンパ」や「ゴース」といった一団の敵が現れても、アーツで素早く倒すことが可能です。

防御力UPで味方全体をサポート

アビリティ「ティーンズ・ロード」は、自身が戦場に出撃している間、味方全体の防御力が5%アップします。出撃しているだけで味方にバフを付与できるため、非常にお手軽で発揮しやすいアビリティです。

また、ドロシーはキャスターとして後衛にいることから、前線が崩れない限り撤退する可能性が低いです。そのため、アビリティの効果を長く維持しやすい点も魅力的でしょう。

アーツ
カンザーン・ストルム・最大7体に8倍のダメージ
アビリティ
ティーンズ・ロード・自身が出撃している間
→パーティ全員の防御力5%アップ

アーツ動画

上記の動画では、「ドロシー」のアーツをご紹介。レアリティごとのダメージ倍率の違いやアビリティによる防御力の違いなどお見せしているので、参考にしてみてください。

ドロシーの立ち回り方

範囲攻撃が強い

ドロシーを編成するときは、木属性に弱い敵が多く出現するステージが最も有効です。

また、通常攻撃を主体にしていく場合はドロシーに対空がついていないので、対空を持つシューターやキャスター、エアリアルの空中攻撃でカバーしていきましょう。

試練クエストで活躍

クエストカウンターにはGR3〜9帯まで「試練クエスト」と呼ばれる、1つの属性に合わせて多くの敵が出現するクエストがあります。最後のWAVEで大ボスが登場するクエストとは異なり、1つ1つのWAVEに登場する敵が非常に多いのが特徴です。

とくに木属性に弱い敵がピックアップされた「嵐樹の使い手」では、ドロシーの属性値の高い攻撃が活躍します。

出撃後の立ち位置について

ドロシーは出撃すると、シューターの前に立って魔導書を開きます。

基本的に前線のアタッカーやストッパーなどがいればダメージを受けることはありませんが、「グリミン(スリング)」や「ドーロネード」といった敵は後方優先の特性により、キャスターやシューターが狙われるので気をつけましょう。

星4で使うときのコツ

星4ドロシーは、星4補正のステータスアップ(HP・攻撃力・防御力15%UP)に加えて、アーツが強化されています。7体の対象が8体になり、ダメージ倍率も8倍から9.5倍にアップ。

より多くの対象をとれるため、敵の数を殲滅するスピードが上がります。

相性がいいレジェンズ一覧


ニック

トリスタン

アリス

シャオ

おてんば修道女
フォレン

ロソ・キアーノ

おすすめ①:「ドロシー」×「ニック」

このコンビの良いところはドロシーを編成していると、ニックのアビリティが発動するところです。ニックのアビリティは出血と毒状態に対して完全耐性を持ち、パーティにドロシーがいる場合、確定ふっ飛ばしが無効になる強さを持っています。

これにより、ボアードなどの確定ふっ飛ばしを防げるため、前線にニックを置いても吹き飛ばされることなく、攻撃をし続けることが可能です。

おすすめ②:「ドロシー」×「トリスタン」

シューターのトリスタンは、アーツで味方の攻撃速度を上げることが可能です。キャスターの弱点として攻撃速度が遅いところが挙げられますが、トリスタンのアーツで弱点をカバーすることができます。

また、星4のトリスタンであれば、攻撃速度アップの対象を3人までとれるため、後衛を多めに編成したパーティでも全体の火力アップに繋がるでしょう。

適正のクエストカウンター

夢のマイホーム:BOSSバッサム

GR9から受けられるクエスト「夢のマイホーム」では、木属性と光属性に弱いボス「バッサム」が登場します。防御力が低下する泡攻撃やハサミによる攻撃が危険ですが、何よりも大砲船への接近攻撃には注意。WEAKPOINTは口元にあるので、エアリアルで後退させるのがオススメです。

また、バトルでは攻撃力の高い「マーマン」や「ザギンハ」といったやっかいな敵も一緒に現れるため、ドロシーの通常攻撃やアーツを使って殲滅し、ボス以外の被ダメージを減らすようにしましょう。

総合評価とまとめ

キャスターのドロシーは、アーツが非常に使いやすく、お手軽に複数の敵に対して大ダメージを与えることが可能。なお、通常攻撃で地上にいる多くの敵を攻撃でき、アーツでは地上と空中の敵の両方を対象にすることができます。

また、SIDEティアの4章では、木属性がよく効く敵が多いため、攻略に役立ちます。ぜひドロシーを加えて、多くの敵を殲滅していきましょう!

この記事を読んだ人へのオススメ

キャラ評価

キャラクター

孫尚香

沖田総司

アトラス

フラン

ロソ・キアーノ

望月千代女

浅間コノハ

エメラルダ

ランキング記事

その他おすすめ記事

このページのコメント
    メーカー公式Twitter
    完全図鑑公式Twitter